現在表示しているページ
ホーム > 診療科・中央部門のご案内 > 臨床工学センター
ここから本文です

診療科・中央部門のご案内

臨床工学センター

部門紹介

近年の医学の進歩、医療技術の発展にはめざましいものがあり、それに伴い手術室や集中治療室などにおいて、患者の生命に直接関わる高度な医療機器が数多く使用されています。
これら高度な医療機器の取り扱いを安全に操作するには専門的な知識や技術をもった人材が必要となり、昭和63年4月1日「臨床工学技士法」が医療国家資格として施行されました。
臨床工学技士は、一般的な医療機器はもちろん、生命維持管理装置と呼ばれる人工心肺装置、人工呼吸装置、血液浄化装置、高気圧酸素治療装置などの医療機器操作から保守、点検までを行う重要な役割を担っています。

業務内容

臨床工学技士は医師や看護士、その他コメディカルとともにチーム医療の一員として、生命維持管理装置の操作や病院内で使用されている医療機器(ME機器)の安全管理を行います。

人工心肺業務
手術室で開心術の際に、心臓と肺の役割を代行する人工心肺装置や各種周辺機器の操作を行う業務です。
血液浄化業務
人工透析室や集中治療室、入院病棟などで血液浄化療法(人工透析・血漿交換・血液吸着など)を行う業務です。
人工呼吸器管理業務
病院内及び在宅などで使用している人工呼吸器の操作・保守点検を行う業務です。
ME機器管理業務
病院内のシリンジポンプや輸液ポンプ、患者監視モニターなど各種医療機器を安全に使用するために保守点検を行い、また数多くの医療機器を効率的に運用するために集中管理なども行います。
ME機器管理業務
病院内のシリンジポンプや輸液ポンプ、患者監視モニターなど各種医療機器を安全に使用するために保守点検を行い、また数多くの医療機器を効率的に運用するために集中管理なども行います。
補助循環業務
手術室や集中治療室、心臓カテーテル検査室などで、IABP(大動脈バルーンパンピング)、PCPS(経皮的心肺補助)、ECMO(膜型肺による体外酸素加法)などの装置を操作する業務です。
ペースメーカー業務
体外式ペースメーカーの操作、植込式ペースメーカーの植え込み時の計測、ペースメーカー外来で計測・診療補助を行う業務です。
高気圧酸素療法業務
高気圧酸素治療装置を操作及び安全に使用するために保守点検を行う業務です。
その他の業務
今現在様々な機器がある中、専門的な技術者が操作していない機器も多からずあります。そこでそういった機器において、臨床工学技士ができるだけサポートするときが多々あります。

上記に述べた以外にも臨床工学技士の業務は数多くあります。施設の大きさや地域により行っている業務は様々です。また病院以外では、医療機器メーカーや臨床工学技士養成校で従事している人もいます。このように臨床工学技士の業務は多種多様であり、様々な現場で活躍しています。

当施設の臨床工学技士業務

中央手術部業務

人工心肺業務
  • 人工肺・回路等の物品管理
  • 人工心肺回路の準備・操作
  • 心筋保護注入装置の準備・操作
  • 人工心肺中における血行動態の管理
  • 自己血回収装置の準備・操作
  • 中央手術部における大動脈バルーンパンピング装置や除細動器、ペースメーカ等の操作
医療機器管理業務
  • CE室におけるMicrosoft Accessでの医療機器データベース管理
  • 中央手術部CE管理機器の日常・定期点検
  • 中央手術部CE管理機器における各種医療機器の消耗部品交換・修理
  • 各種医療機器に関するトラブル対応
  • 各種医療機器における消耗部品の在庫管理
施設管理業務
  • 電源管理
  • ガス配管管理

ICU業務

  • 輸液ポンプ保守管理
  • シリンジポンプ保守管理
  • 人工呼吸器保守管理

血液浄化業務

  • 通常血液透析業務

その他の業務

  • 医療スタッフへの医療機器に関する安全面からの使用説明

関連リンク