現在表示しているページ
ホーム > 診療科・中央部門のご案内 > 薬剤部
ここから本文です

診療科・中央部門のご案内

薬剤部

写真:薬剤部

部門紹介

薬剤部は、個々の患者さんに適切で安全な薬物療法を提供できるように、各診療科および他の部門の医療スタッフと連携しながら、よりよい薬物療法の推進に努めています。 医薬品の調剤や管理だけでなく、薬剤管理指導業務やレジメン管理に基づいた抗がん剤の調製なども行っています。
また、感染制御、緩和ケア、褥瘡対策や栄養サポート(NST)など医療チームの一員としても活動しています。
さらに、薬学部教育5年次の実務実習受け入れ病院として、各大学より学生の受け入れを行っています。

業務内容

調剤業務

調剤室では、外来および入院患者さんのお薬を調剤し、お薬の効能や注意事項などについての情報を患者さんに提供しています。
医師が処方した内容をコンピューターシステムで、お薬の量や相互作用、重複処方がないかなどのチェックをするとともに必要に応じて医師に確認を行い調剤しています。

注射剤調剤業務

オーダーされた注射処方に基づいて、外来および入院患者さんの注射薬を取りそろえ、個人別セットを行っています。
無菌調製室では当日分の入院患者さんのTPN(高カロリー輸液)や血液内科の移植患者さんの注射薬の調製を行っています。
ICUや一部の病棟では注射薬の調製を行っています。

化学療法センター業務

化学療法センターでは、医師、看護師等のスタッフと連携を取りながら、各々の専門性を生かし、安全で質の高いチーム医療を患者さんに提供できるよう日々努めています。
抗がん剤治療の手順や計画(レジメン)は、レジメン審査委員会で審査・承認のうえ使用されます。そのレジメンに沿って、医師の処方内容の確認や無菌調製などを行い、抗がん剤治療のスケジュールや副作用等について説明を行っています。

薬剤管理指導業務

入院患者さんの血液検査データの確認や副作用モニターなどを通して、処方された薬剤や用法・用量が適正であるか、相互作用がないかなどの薬学的管理を行っています。その上で、お薬や使用方法の説明を行っています。

製剤業務

先端的な治療に使用される市販されていない特殊な薬剤の調製を行っています。また、医師より依頼された製剤品については、安全性・有効性および製剤方法など参考文献を十分に調査した後に調製しています。
診療科で使用される消毒薬や処置用の医薬品の払い出しを行っています。
調剤業務の効率を図るため、よく使用される医薬品を予め調製(予製)しておく作業も行っています。

医薬品情報管理業務

医薬品について、治療上有用な情報を収集・整理し、病院内および病院外の医師、看護師、薬剤師など医療スタッフに向けて、医薬品情報を提供しています。
院内医薬品集の作成や病院内での副作用情報の収集なども行っています。
医薬品の適正な使用、購入及び管理を図るため、薬事委員会の運営など事務部門も担当しています。

麻薬業務

麻薬の管理と払い出しを行っています。
毒薬及び向精神薬の管理を行っています。

医薬品管理業務

病院内で使用されている医薬品の購入と供給・在庫管理を行っています。
各診療科診察室・病棟等の定数配置医薬品、処置用医薬品の払い出しや管理を行っています。
中央手術部では、手術中に使用した麻薬・向精神薬・毒薬・その他医薬品の確認及び補充などの医薬品管理を行っています。
特定生物由来製品(血漿分画製剤)のロット管理も行っています。