現在表示しているページ
ホーム > 診療科・中央部門のご案内 > 脳神経外科
ここから本文です

診療科・中央部門のご案内

脳神経外科

診療スケジュール・担当医

診療内容

概略

和歌山県立医科大学 脳神経外科学教室は昭和20年に創設された和歌山医学専門学校の荒瀬 進 教授による外科学教室をその前身とします。濱 光治 教授の後を受けた竹林 弘 教授により1955年和歌山で最初の脳腫瘍手術が行なわれました。40年以上にわたる長い歴史をもつ脳神経外科教室です。正式には昭和45年より脳神経外科学教室となり現在に至っています。その間、昭和41年より岡益 尚 教授、昭和52年より駒井則彦 教授、平成6年より板倉 徹 教授が教室を主宰したのち平成23年、中尾 直之が教授に就任しました。

診療科紹介

対象疾患が増加し技術的にも高度化・細分化されつつある脳神経外科領域ではありますが、現在の教室の方針は医局員全員がそれぞれの専門研究領域においてトップレベルを維持しながら、日常患者管理・手術・外来診察においては脳神経外科疾患の全領域をカバーできることを基本姿勢としております。そのため症例検討会や種々の勉強会も教室内で定期的に行って、教室員全体のレベルアップを図っております。外来診察においては、いずれの領域の疾患でも、どの曜日のどの担当者の外来を受診して頂いても対応できる体制をとっており、必要に応じて専門外来へ受診して頂いております。手術件数は年間400~500例で大学病院の脳神経外科としては全国的に見ても有数の件数を誇っております。

専門分野

脳腫瘍、頭蓋底腫瘍、下垂体腫瘍、脳血管障害(くも膜下出血・脳出血・脳梗塞)、機能的脳神経外科(パーキンソン病、三叉神経痛、顔面痙攣)、頭部外傷、脊椎・脊髄外科、小児脳神経外科(水頭症、二分脊椎)血管内治療

関連リンク

スタッフ紹介(2016年4月現在)

役職 氏名 専門分野 学会認定
教授 中尾 直之 脳腫瘍の外科、頭蓋底腫瘍、間脳・下垂体腫瘍、脳卒中の外科、神経内視鏡手術 日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
准教授 小倉 光博 機能的脳神経外科
パーキンソン病の外科治療
日本脳神経外科学会専門医
日本定位機能神経外科学会技術認定医
講師 増尾 修 脳血管内治療
脳血管障害
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳血管内治療学会指導医
講師 西岡 和哉 脊椎・脊髄外科
頭蓋底外科
日本脳神経外科学会専門医
日本脊髄外科学会認定医
講師 藤田 浩二 脳腫瘍の集学的治療
脳神経外科救急
日本脳神経外科学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
講師 西林 宏起 機能的脳神経外科
てんかん外科治療
日本脳神経外科学会専門医
日本てんかん学会専門医
日本定位機能神経外科学会技術認定医
講師 深井 順也 悪性脳腫瘍治療
脳腫瘍の基礎研究
日本脳神経外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
講師 八子 理恵 脳血管内治療 
脳血管障害
日本脳神経外科学会専門医
日本脳血管内治療学会専門医
助教 井澤 大輔 脳血管障害、脳血管内治療 日本脳神経外科専門医
日本脳血管内治療学会専門医
助教 川口 匠 脳血管障害、脳血管内治療、脊椎脊髄外科 日本脳神経外科専門医
保健看護学部
教授 上松 右二 脳腫瘍の集学的治療、
脳腫瘍の病理診断
日本脳神経外科学会専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
地域医療支援センター長
教授 上野 雅巳 脳卒中、重症脳障害 日本脳神経外科学会専門医
日本救急医学会専門医
日本脳卒中学会専門医

このページのトップに戻る

診療の特色、得意とする治療

1)脳腫瘍

脳神経外科疾患に対する最先端の治療を行っています。ニューロナビゲーション、覚醒手術、術中神経モニタリング装置、術中CT、神経内視鏡などを駆使して脳腫瘍などの病変を周辺の正常な脳・神経のダメージを最小限に留めながら正確に摘出しています。脳深部や頭蓋底の病変に対する難易度の高い手術では、ニューロナビゲーションや神経内視鏡を積極的に導入することによりできるだけ低侵襲で行えるようになっています。また、下垂体腫瘍に対しては原則として経鼻的内視鏡手術のみで摘出を行っています。

2)脳卒中

脳血管障害領域では、開頭手術治療のみならず積極的に脳血管内手術治療を取り入れています。内頚動脈に対するstent留置術(CAS)、血管内超音波診断、脳動脈瘤や脳動静脈奇形に対する血管内治療、あるいは血流が豊富な脳腫瘍術前処置としての塞栓術等は、安全で確実なものとなるべく改良を重ねています。

3)脊髄疾患

脊髄脊椎外科領域では、脊椎椎間板ヘルニアや脊椎狭窄症、脊髄腫瘍などに対して年間約150例の手術を施行し、手術手技や術法について臨床的検討がなされています。また、圧迫骨折に対する椎体形成術や椎体減圧術、脊椎インスツルメントなど最新の治療を積極的に取り入れています。

4)機能的脳神経外科

機能的脳神経外科とは、脳の機能障害を回復させるために行われる外科的治療です。 対象となる疾患は手足が震えたり、体をうまく動かせなくなったりするパーキンソン病や本態性振戦、自分の意思とは別に体が勝手に動いてしまうジストニアや頚性斜頚などの不随意運動症です。さらには脳や脊髄の障害が原因で耐え難い痛みが起こる難治性疼痛や、薬では十分にコントロールできない難治性てんかんなども外科治療の適応となります。片側の顔面の筋肉がピクピクと痙攣を起こす半側顔面けいれんや、片側の顔面に耐えがたい痛みが起こる三叉神経痛も手術で治すことができます。これらの機能的脳神経疾患に対して脳神経外科では多くの手術が行われています 。

患者受入体制

教室としては地域救急医療に大きく関わる脳神経外科診療の訓練のためにも、脳神経外科緊急疾患には24時間対応できる体制をとっており、現在年間250例を越える脳神経外科関連の緊急手術を行っております。脳神経外科の病床数は47床と決して多くはありませんが、重症頭部外傷や脳血管障害など緊急手術が必要な場合は救急部門のHCU/ICUでの受け入れが24時間体制で可能です。

主催学会

当教室は専門領域のものを含めて、多くの研究会を主催・共催しています。和歌山脳神経外科集談会、和歌山脳卒中研究会、神経画像研究会などは和歌山県下で開催され一般医家の先生方にもご参加頂いております。

教室のモットー

効果的な日常診療、研究活動のためには有効なrelaxation、re-creationが必要であるという考えから、当教室は伝統的に「よく学び、よく遊び」をモットーとしています。特に野球では全日本脳神経外科 野球大会にて、平成6年度:優勝、7年度:準優勝、8年度:優勝、9年度:準優勝と好成績を残しました。