現在表示しているページ
ホーム > 診療科・中央部門のご案内 > 腫瘍センター > 薬物療法部門
ここから本文です

診療科・中央部門のご案内

腫瘍センター 薬物療法部門


腫瘍センター 薬物療法部門

和歌山県立医科大学附属病院では、腫瘍センターが臓器横断的かつ職種横断的なチーム医療を基本とした先進的・集学的ながん診療の充実を図るとともに、県内のがん専門医等の育成に務めることを目的として2009年10月に新設されました。腫瘍センターにおいては各専門部門がそれぞれ高度な専門性をもって診療・教育等にあたっていますが、なかでも薬物療法部門(外来薬物療法センター)はがん薬物治療を専門とする部門であり、科学的根拠(エビデンス)に基づいた標準的薬物療法を実践し、それらの普及と進歩に貢献することを理念とし、最高水準の薬物療法を提供できるがん薬物療法専門医をはじめとした医療スタッフの育成や、がん薬物療法の研究や治験・臨床試験を進め発展・普及させることなどを基本方針としています。外来薬物療法センターでは、がん薬物療法専門医である専任医師ならびに担当医師、がん薬物療法専門薬剤師、がん化学療法看護認定看護師を含む専任薬剤師、専任看護師が、確実・安全に通院治療を実施するために配置され、各臓器を専門とする診療科との緊密な連携体制のもと、全てのがんを対象とした治療を行っています。

更に、当院ではがん新規治療開発のために、最新のFirst-in-Human Phase 1治験を含めた複数の各開発相新薬開発治験を各診療科で実施しており、当センターではがん患者さんに安心して標準治療および新薬の治験などを受けていただける環境を維持しながら運営しています。

腫瘍センター 薬物療法部門長
内科学第三講座(腫瘍内科担当)病院教授
清水 俊雄