HOME › 教室紹介 › 研究

研 究

研究内容

当教室においては、婦人科腫瘍、周産期、生殖内分泌3つの領域それぞれにおいて、日常臨床の現場における疑問点や解決できていない課題に着目し、そこから基礎研究・臨床研究のテーマを見いだして、その研究成果が将来の臨床における新たな診断や治療にフィードバックできるような研究を目指しています。婦人科領域では、卵巣癌の進展・腹膜播種のメカニズムにおける、腫瘍微小環境および局所腫瘍免疫機構の解明とそれに基づく新規治療法の開発を、産科領域では妊娠高血圧症候群(PIH)・胎児発育不全(FGR)に関する基礎的・臨床的解析と治療法の開発を、それぞれのメインテーマとしています。また生殖内分泌領域では、子宮内膜症の発生・進展の基礎的・臨床的研究や先天的な子宮・腟や卵巣の形成不全に関する基礎的・臨床的研究に取り組んでいます。
基礎研究では、学内の法医学教室・分子病理学教室・生化学教室に当科の大学院生が専属で所属して研究を行っています。また金沢大学がん進展制御研究所との共同研究もおこなっています。

主な研究テーマは以下のとおりです。

1)婦人科癌の腫瘍免疫システム、特に腫瘍免疫寛容誘導メカニズムの解明と新たな免疫療法・
分子標的治療の開発
2)卵巣癌の腫瘍微小環境におけるケモカインの機能解析と腹膜播種の分子機構の解明
3)卵巣漿液性腺癌の新規遺伝子異常の解析
4)胎盤トロホブラストにおけるストレス応答、分子シャペロンの機能解析。
5)胎児発育不全、妊娠高血圧症候群における血清分子マーカーの解析および胎盤の
免疫組織学的解析
6)妊娠高血圧症候群における酸化ストレス機構の解析
7)絨毛羊膜炎(CAM)と早産および児の予後に与える影響についての研究
8)子宮内膜症の進展メカニズムの基礎的研究
9)子宮・腟・卵巣の形成不全の分子遺伝学的解析および臨床的研究

その他、多くの単施設および他施設共同での臨床研究をおこなっている。



トップへ