現在表示しているページ
ホーム > 診療科・中央部門のご案内 > 放射線科
ここから本文です

放射線科

診療スケジュール・担当医

診療内容

当院の放射線診療は、画像診断、画像下治療(IVR; Interventional Radiology)、放射線治療の3つの柱から成り立っています。

1. 画像診断

X線単純撮影、CT、MRI、RI、マンモグラフィなどの画像診断を行っています。320列CTの導入により、心臓の冠動脈の評価や大腸の仮想内視鏡などが可能になりました。迅速で正確な画像診断は治療方針の決定や治療効果の判定などに役立ちます。

2. 画像下治療(IVR)

画像下診断(IVR)とは、X線(レントゲン)、CT、超音波などの画像と細い医療器具(カテーテルや針)を用いた体に優しい治療です。肝細胞癌に対する肝動脈塞栓術(TACE)、活動性出血に対する動脈塞栓術、胃静脈瘤や肝性脳症に対するバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)、大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術(EVAR、TEVAR)、CVポート留置術、膿瘍に対する経皮的ドレナージ術、組織診断のための経皮的生検術、副腎静脈サンプリング、運動器カテーテル治療(TAME)などを行っています。

画像下治療(IVR)の主な対象疾患
肝腫瘍 肝細胞癌
転移性肝癌
その他の肝腫瘍
肝硬変に伴う病態 胃静脈瘤、その他の消化管静脈瘤 
肝性脳症
動脈性病変 胸部・腹部大動脈瘤 
内臓動脈瘤 
下肢動脈閉塞、狭窄 
腎動脈狭窄症
上腸間膜動脈狭窄症
静脈性病変 深部静脈血栓症
上大静脈症候群
下大静脈閉塞症Budd-Chiari症候群
門脈血栓症、透析シャントトラブル
骨軟部病変 生検
肺病変 肺動静脈奇形
喀血、血痰(肺癌、陳旧性肺結核、気管支拡張症)
肺血栓塞栓症
泌尿器科病変 腎癌
腎動静脈奇形
膀胱癌、前立腺癌
精索静脈瘤
婦人科病変 子宮、卵巣の悪性腫瘍、子宮筋腫
出血 外傷、動脈瘤や腫瘍の破裂、産科的出血、消化管出血、難治性鼻出血
運動器
(TAME)
五十肩、肩こり
肩、膝、股関節などあらゆる関節の様々な関節炎
※ 自由診療、臨床試験となります。詳しくはお問い合わせ下さい.

このページのトップに戻る

3. 放射線治療

リニアックを用いた肺癌、乳癌、食道癌、喉頭癌、骨転移などの治療、トモセラピーを用いた頭頚部癌、脳腫瘍の強度変調放射線治療(IMRT)、イリジウム線源を用いた前立腺癌、子宮頸癌の組織内・腔内照射などを行っています。また肺腫瘍や肝腫瘍に対するアブチェスを用いた体幹部定位放射線治療も実施しております。

放射線治療の主な対象疾患
トモセラピー照射
(IMRT)
脳腫瘍 
上咽頭癌 
中咽頭癌 
下咽頭癌
上顎癌
肺癌
前立腺癌
子宮癌
小線源治療 前立腺癌 
舌癌 
子宮癌 
局所再発腫瘍
リニアック 喉頭癌
食道癌 
肺癌 
縦隔腫瘍 
肝細胞癌 
悪性リンパ腫 
腹部リンパ節転移
術後乳癌
甲状腺眼症
転移性骨腫瘍
電子線照射 皮膚癌
表在リンパ節転移

 

このページのトップに戻る

スタッフ紹介(2020年9月現在)

役職 氏名 専門分野 学会認定
教授
中央放射線部部長
医学博士
園村 哲郎 IVR
画像診断
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
准教授
中央放射線部次長
医学博士
武内 泰造 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会PET核医学認定医
准教授
医学博士
中井 資貴 IVR
画像診断
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
胸部・腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医・実施医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医
日本核医学会PET核医学専門医
日本核医学会日本核医学専門医
第一種放射線取扱主任者
講師
医学博士
生駒 顕 IVR
画像診断
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
腹部大動脈ステント指導医・実施医
肺癌CT検診読影認定医
日本核医学会PET核医学認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本脈管学会専門医
助教
放射線治療部門長
野田 泰孝 放射線治療 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会放射線治療専門医
助教 千葉 尭弘 放射線治療 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会放射線治療専門医
助教 佐藤 大樹 IVR
画像診断
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
日本核医学会PET核医学認定医
助教 小山 貴生 IVR
画像診断
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
日本核医学会PET核医学認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
助教 上硲 敦文 IVR
画像診断
日本医学放射線学会放射線診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
助教 阿南 慎平 放射線治療 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会放射線治療専門医
助教 田中 涼大 IVR
画像診断
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会PET核医学認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
学内助教 稲垣 貴也 放射線治療 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会放射線治療専門医
学内助教 東野 信行 IVR
画像診断
日本医学放射線学会放射線科専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
学内助教 小池 将隆 画像診断 日本医学放射線学会放射線科専門医
学内助教 粟屋 梓 放射線治療 日本医学放射線学会放射線科専門医
学内助教 福田 耕大    
学内助教 熊本 亮彦    
学内助教 風呂谷 拓希    
非常勤医師 石井 清午 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 尾田 英之 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 河合 信行 IVR 日本IVR学会専門医
非常勤医師 小嶋 章裕 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 佐原 伸也 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 澤 宗久 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 三田 裕記 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 白井 信太郎 放射線治療 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会放射線治療専門医
非常勤医師 谷畑 博彦 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 中田 耕平 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 堀畑 浩史 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 増田 光則 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 三谷 康幸 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師 榁木 得郎 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
医局秘書 山東 円香    
医局秘書 藤田 真由    

このページのトップに戻る

医療設備

MRI3台、CT5台、SPECT2台、血管造影装置3台(1台アンギオCT)、リニアック2台、小線源(イリジウム)治療装置

関連病院、常勤医師派遣病院

IGTクリニック 出嶋育朗
いぶきの病院 溝端敏晴、堀畑浩史
イメージングネット ネットワーク診断部 北 敬介
オリオノ病院 吉川明輝、光實 淳
海南医療センター 尾田英之
葛城病院 吉川幹子
岸和田徳洲会病院 谷畑博彦、小嶋章裕、植田昇太、奥平隆太
北出病院 田中貴美
紀和病院 西口 孝
黒田医院 黒田尚成
済生会有田病院 佐原伸也
済生会和歌山病院 野村尚三
城山病院 高坂 功、三田裕記
洲本伊月病院 増田光則
那賀病院 榁木得郎、川口美和
ねごろクリニック 根来佳則
橋本市民病院 角井一之、大西佐江子
阪南市民病院 佐藤守男
日高総合病院 竹内 希
藤井病院 木村誠志
府中病院 北 美保、石井清午、坂本秀登、澤 宗久、笹垣美明
ぶらくり丁放射線科クリニック 川端 衞
北海道大野記念病院 岸 和史
水間病院 中谷和郎
南和歌山医療センター 辻  孝、田中文浩、槙谷彩乃、居平浩延
耳原総合病院 岩本卓也、槙谷和紘
りんくう総合医療センター 中田耕平
和歌山市医師会成人病センター 浜地順子
和歌山病院 諏訪 和宏
和歌山南放射線科クリニック 寺田正樹、大河内美里、山中麻美子、糸永公仁子、竹内比奈子、前部屋祐子
和歌山ろうさい病院 三谷康幸、塩谷 健
渡辺病院 河合信行

 

非常勤医師派遣病院

有田市立病院 泉佐野優人会病院
OCATクリニック 海南医療センター
葛城病院 金岡中央病院
河崎内科病院 岸和田徳州会病院
北出病院 済生会有田病院
城山病院 永山病院
橋本市民病院 阪南市民病院
日高総合病院 藤井病院
府中病院 水間病院
南和歌山医療センター 耳原総合病院
和歌山遠隔画像診断センター 和歌山県立医科大学附属紀北分院
和歌山市医師会成人病センター 和歌山病院
和歌山南放射線科クリニック 和歌山ろうさい病院
渡辺病院

このページのトップに戻る

臨床研究のお知らせ(オプトアウト)

  • 和歌山県立医科大学付属病院放射線科に、通院歴のある患者さんへ
    日本インターベンショナルラジオロジー学会における症例報告データベース事業
  • 和歌山県立医科大学付属病院放射線科に、腹部大動脈瘤で通院歴のある患者さんへ
    腹部大動脈瘤に対するN-butyl-2-cyanoacrylate-Lipiodol-Ethanol (NLE)を用いた瘤内塞栓術併用EVARの中期成績に関する後方視的臨床研究
  • 和歌山県立医科大学附属病院放射線科で、放射線治療を2回以上受けたことのある患者さんへ
    我が国における再照射の現状実態調査
  • 和歌山県立医科大学附属病院放射線科に、悪性神経膠腫で通院歴のある患者さんへ
    悪性神経膠腫に対する放射線治療成績及び予後予測因子に関する観察研究
  • このページのトップに戻る