現在表示しているページ
ホーム > 診療科・中央部門のご案内 > 膵がんセンター
ここから本文です

診療科・中央部門のご案内

膵がんセンター

部門紹介

 膵がんは進行性のものが多く、他のがんに比べて特に難治といわれており、県内での死亡率が特に高いがん種の一つです。

 当院では2019年9月1日から膵がんセンターを開設して対策に取り組んでいます。

 膵がんセンターでは関係各部門が連携し、組織力を結集して治療や研究に当たるとともに、患者さんやその家族、他の医療機関に対するワンストップの相談窓口として迅速な対応を実現します。

膵がんセンターの役割

  1. 膵がんの診断及び治療の実践
  2. 膵がんの診断及び治療に関する教育
  3. 膵がんの研究
  4. 膵がんに関する相談窓口・情報提供
  5. 膵がんに関する他の医療機関との連携
  6. 膵がん以外の膵疾患・胆道疾患に関すること
  7. その他膵がん医療に関すること

膵がんセンターの体制

センター長 山上 裕機(病院長、消化器外科教授)
副センター長 北野 雅之(消化器内科教授)

各診療科との連携図
膵がん治療に関する相談対応ホットライン 073-441-0905     膵がん治療に関するワンストップの相談窓口です。お気軽にご連絡ください。