現在表示しているページ
ホーム > 部署の紹介 > 8階・7階
部署の紹介

8階8階東病棟8階西病棟7階7階東病棟CCU7階西病棟

8階 病棟

8階東病棟

8階東病棟

8階東病棟は、耳鼻咽喉科と救急科の混合病棟です。耳鼻咽喉科では、慢性中耳炎や慢性副鼻腔炎などの良性疾患の患者さんや、喉頭癌、上顎洞癌のような悪性疾患の患者さんが入院されています。
また、救急科では交通外傷、脳血管疾患、消化器疾患などさまざまな疾患の患者さんが入院されます。そのため、幅広い知識と技術が要求される現場になります。

私たちは、患者さんが安心して治療を受け、笑顔で自宅へ帰ることができるように、日々専門知識の習得や看護技術の向上に励んでいます。

トップに戻る

8階西病棟

8階西病棟

8階西病棟は整形外科、リハビリテーション科の病棟です。整形外科では脊椎疾患、関節疾患、手指疾患などの手術前後の看護をおこなっています。リハビリテーション科は、手術直後から社会復帰までのADL(※3)の自立に向けた看護をおこなっています。

また、整形外科やリハビリテーション科のカンファレンスに参加し、医師と問題の共有や解決に取り組んでいます。四肢麻痺の障害で日常生活援助を必要とされている患者さんに、関わりをもちながら、精神的ケアや指導をおこなっています。患者さんが笑顔で退院される姿を見るのが私達の喜びです。

(※3)ADL(Activities of Daily Living):食事・更衣・移動・排泄等の生活を営む上で不可欠な日常生活の基本動作・基本行動のこと。

トップに戻る

7階 病棟

7階東病棟

7階東病棟

7階東病棟は、心臓血管外科・呼吸器外科・乳腺外科、腎臓内科などの混合病棟です。心臓血管外科・呼吸器外科・乳腺外科では、手術を受けられる患者さんが多く、容体の変化に対し、緻密な観察・適切な対応に努め、早期回復に向けた援助を行っています。
また、慢性疾患やがんの患者さんなど様々な患者さんがいる中で、ひとりひとりに最適で細やかな看護ケアの提供ができるように、日々努力しています。チーム全体で患者さんの療養生活を支え、QOL(※1)の維持・向上を目標に各専門職が協力して取り組んでいます。

(※1)QOL(Quality of Life):患者が自分らしい生活を行い、人生に幸福を見出せているかを尺度として見る概念のこと。生活の質とも呼ぶ。

トップに戻る

CCU

CCU

CCU(※2)では、24時間体制で突発発症の伴う緊急の冠動脈疾患の患者さんの受け入れ、治療を行っています。重症で突然の入院となった患者さんや、ご家族の方の身体的・精神的負担を可能な限り軽減できるように、日々看護に努めています。
命にかかわる緊迫した現場であるだけに、医師・スタッフとのチームワークを最大限発揮し、互いを支え合い、尊重する雰囲気作りを心がけています。

(※2)CCU(Coronary Care Unit):心臓血管疾患、急性冠動脈疾患など重篤性の高い患者に対し、集中的に治療を行う施設のこと。

トップに戻る

7階西病棟

7階西病棟

7階西病棟は、循環器内科の病棟です。循環器内科では、心筋梗塞や狭心症、不整脈、心不全等の循環器にともなう様々な疾患をもつ患者さんが、治療のために入院しています。
私たちは、患者さんが安心して治療を受けられる環境づくりに加え、退院後も患者さん自身で適切な自己管理をおこない、継続して病と向き合うことができるように、親身になって患者さんの指導に取り組んでいます。

トップに戻る