現在表示しているページ
ホーム > 部署の紹介 > 2階・1階
部署の紹介

2階外来患者支援センター中央放射線部・中央内視鏡部
1階救急外来

2階

外来

私たち外来に所属する看護師は、各病棟の看護師たちと協働し、外来と病棟を繋ぎ、患者さんにとって必要なケアを、適切な場所で受けることができるように、専門的な看護への取り組みをおこなっています。

ご来院のごく限られた時間の中で、患者さんやご家族の方との信頼関係を大切にし、患者さんが安心・安全に医療を受けられるように配慮しています。
また、地域医療との連携をおこない、患者さんやご家族の方が退院後も日々必要とするケアが受けられるよう、お手伝いをしています。

トップに戻る

患者支援センター

患者支援センターは、患者さんの入院から退院までの総合的な支援、および相談に対応することを目的として平成28年4月に開設されました。
患者さんの療養生活や社会生活にまつわる、医療・保健・福祉などの不安や悩みの相談窓口として、また患者さんが安心して療養生活を継続できるように、退院支援・在宅移行支援などの支援活動をおこなっています。

さらに、地域医療機関と連携をおこない、患者さんやご家族の方はもちろん、地域の開業医の先生や医療機関・医療施設、事業所の方々など、様々な方からのご相談やご依頼をお受けし、支援する活動をおこなっています。

トップに戻る

中央放射線部・中央内視鏡部

中央放射線部・中央内視鏡部

中央放射線部は、各医学を駆使した検査診断部門と治験部門に分けられます。双方の看護師は、放射線に関する専門的な知識を習得し、看護の実践を行っています。
また、中央内視鏡部では、主に消化器・呼吸器系の内視鏡検査・内視鏡治療を行っています。

従来では、切開による手術が必要であった病変部も、放射線技術・内視鏡技術の進歩により、患者さんの体への負担を大きく軽減して、根治を目指すことができるようになりました。
私たちは、患者さんが不安を抱えることなく、安心して検査や治療が受けられるように、医師や他職種の方々と連携・協働し、「安全・安心・安楽」を信念に持ち、日々看護に努めています。

トップに戻る

1階

救急外来

救急外来では、全ての救急の患者さんに対し、症状や重症度にかかわらず24時間体制での対応をおこなっています。

救急外来で受診される患者さんの年齢は幅広く、中には生命の危機に瀕した患者さんに直面することもあります。救急の患者さんの容体は刻々と変化するため、看護師は限られた情報の中から患者さんの状態を把握し、予測する必要があり、迅速かつ適切な判断力、コミュニケーション能力、高度な実践能力が求められます。

救急外来は、こうした緊迫した場面で自分たちの持てる看護の力を最大限に発揮できる場であるとともに、医師や医療スタッフとの連携を最も感じられる、とてもやりがいのある職場です。

トップに戻る