現在表示しているページ
ホーム > 充実の教育制度 > キャリアラダー > 新人教育
充実の教育制度

新人教育

  • 入職から1年間、新人看護職員臨床研修を行います。
  • 看護技術の習得に向け、集合研修と各部署でのOJTに加え、定期的にシミュレーターを用いた看護技術習得支援を開催し、自己学習を支援しています。
  • 年間を通して、各部署で必要な知識や技術習得のために学習会を実施しています。

研修のねらい

社会人としての働き方を学び、組織の中で役割を果たすとともに、看護専門職としての基礎的知識・技術・態度を習得できるよう支援します。1年間の学びを通して、クリニカルラダーレベルⅠに示されている基本的な看護実践の習得を目指します。

新人看護職員への支援体制

当院ではチューター制を導入しています。入職から1年間、チューターを中心に、サポーター、部署スタッフ、看護師長、副看護師長と部署全員で新人看護職員を支援します。

チューター

新人看護職員の決まった相談相手となり、仕事の仕方や学習方法など仕事面のサポートに加え、悩みごとなど精神的のフォロー、生活面への助言等、広範囲に和医大わたり相談や支援をおこないます。

サポーター

新人看護職員にとって身近な2~3年目の先輩を複数人配置し、より気軽に相談できる相手としてフォローをおこないます。

支援体制図

新人看護職員研修の年間スケジュール

研修スケジュール

集合研修について

新人看護職員研修の集合研修の一場面

看護技術研修

「静脈血採血」および「輸液ポンプ/シリンジポンプの操作方法」について、現場で実際に使用している物品を用いて実践的に学ぶ研修です。ポンプの操作では臨床工学技士とTERUMOの協力のもと、より専門的な知識を獲得すことができます。

  • 口腔内吸引
  • マスク換気
スタートアップ研修

大学病院の一員としてかつ看護専門職として働く上での自覚と責任について意識を高め、自分の目標を設定していく研修です。丸一日かけて院外で実施する研修で、新人看護職員同士の交流を図るとともに、自分のなりたい看護師像について言語化します。

  • 口腔内吸引
  • マスク換気
AHA-BLSプロバイダーコース

看護専門職として、一次救命処置に必要な判断能力と技術を習得するために、実践的なトレーニングをおこない、院内での急変に対応できる能力を養うための研修です。研修を受講し、技術・知識試験に合格するとAHA-BLSプロバイダー資格を取得することができます。

  • 口腔内吸引
  • マスク換気

ステップアッププログラムについて

当院部署内教育のステップアッププログラム

その他のサポート体制

  • 自己学習を支援する目的として、スキルスラボにて時間外に技術習得支援を実施しています。
  • 教育担当者による面談を行い、仕事の不安等に対しケアを行っています。
  • メンタルヘルスケアチームを中心に、集合研修やこころの健康調査、および個人面談を実施し、新人看護職員のメンタルヘルスケアを行っています。