現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 薬学部(設置構想中) > 学部長予定者挨拶
ここから本文です

学部長予定者挨拶

近畿で唯一の公立大学薬学部の誕生

薬学部長予定者

和歌山県立医科大学では、医学部・保健看護学部に次ぐ3番目の学部として、令和3年(2021年)4月、6年制の薬学部を開設する予定です。開設されますと、和歌山県ではもちろん近畿で唯一の公立大学薬学部の誕生となります。
和歌山県の人口10万人あたりの薬剤師数は全国平均をわずかに上回る状況ですが、県南部に従事者が少ないなど地域偏在が見受けられます。
新たな薬学部の誕生は、こうした地域偏在の解消に貢献できるだけでなく、高齢化が進む中、在宅医療や地域包括ケアシステムの担い手となるべき人材確保といった今日的課題の解決にも寄与できるものと思っています。

チーム医療の一員として

和歌山県立医科大学薬学部が目指す方向性の一つは、医療人としての総合的な知識・技能・態度を備えた、医療の現場で活躍できる薬剤師の養成です。
医療現場の第一線で活躍できる薬剤師になるためには、薬学に関する幅広い専門知識と高い実践能力はもちろん、チーム医療の一員として他の職種と協働・連携できる協調性や対話能力を身につける必要があります。
幸いにも和歌山県立医科大学には先行する医学部・保健看護学部があり、また高度先進医療で地域医療を支える附属病院が併設されています。
このような医療系総合大学としての特長を最大限に活かした多職種連携教育を推進することで、互いの専門性を理解し、協調的に職務を遂行できる薬剤師の養成に努めます。

ファーマシスト・サイエンティストの育成

新しい薬学部が目指すもう一つの方向性は、国際的に活躍できるファーマシスト・サイエンティストの育成です。
薬学が対象とする領域は、基礎薬学から臨床薬学まで広範にわたりますが、いずれの領域でも科学の視点から自ら問題を発見し、解決する能力が求められます。このような科学的思考力は、将来、研究者の道を歩む人のみならず、薬剤師として臨床現場で働く人にとっても極めて重要な能力の一つとなります。
新しい薬学部では、研究マインドを兼ね備えたファーマシスト・サイエンティストを育成するため、学生に基礎系科目から臨床系科目まで幅広い教育を徹底すること、卒業研究の質と量を確保することを基本としたカリキュラム編成を行います。
また、研究者としての視野を広げるためには、英語科学論文を読みこなしたり、国際学会を経験するなど、様々な場面で英語力が不可欠となってきます。そのため、低年次における基礎的な英語のみならず、高年次においても科学英語の学習や英語論文の輪読を行い、全学年において「読む、書く、聞く、話す」の英語4技能の向上に努めます。

医療系総合大学として研究力の向上

薬学部の主たるキャンパスは、和歌山城の北側に位置する旧伏虎中学校跡地に建設予定ですが、医学部と附属病院がある紀三井寺キャンパスにも、3学部の枠を越えた共同研究を行うための施設を建設します。
この共同研究施設を拠点として、学部間・病院が連携した創薬研究や治験を含む臨床研究の活性化を図るとともに、民間企業等と連携した共同研究講座・寄附講座の設置など、多様な英知を結集することで、医療系総合大学としての研究力の更なる向上を図っていきます。

和歌山に賑わいを

薬学部のキャンパスが建設される旧伏虎中学校跡地は、かつて大学本部が置かれていた場所に程近い和歌山市の中心部にあります。
和歌山市の中心部に再び多くの若者が集う大学キャンパスができることで、まちの賑わいの創出につながるほか、県内進学の選択肢が増えることで若者の県外流出に歯止めがかかることが期待されています。
このように、和歌山県の地域医療の発展のみならず、様々な側面からも地域に貢献できることを誇りに思い、地域の皆様の多大なるご期待に沿えますよう、開設に向け一層鋭意邁進してまいります。

令和元年7月

和歌山県立医科大学
薬学部長予定者
太田 茂