現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 助産学専攻科
ここから本文です

助産学専攻科

教育理念

幅広い教養と豊かな人間性を育み、助産及び母子保健全般に関する高度な知識と優れた技術を教授研究し、保健医療の向上に寄与することのできる人材を育成し、もって地域の母子保健の発展向上に寄与することを目的とする。

教育目標

カリキュラム・ポリシー(教育課程方針)
 教育課程は「基礎領域」「実践領域」「関連領域」の 3領域で構成しています。

  1. 基礎領域では、助産師の役割や助産業務の遂行に必要な生命倫理、子どもの健やかな成長発達支援のための理論や支援方法に基づいた教育
  2. 実践領域では、助産診断・技術学を中心に講義や演習によって妊産褥婦・新生児の健康状態を診断しケアを計画し実践できる教育、また助産師による地域母子支援及び関係機関との連携する力を獲得できる教育
  3. 関連領域では、助産学研究や助産学に対する課題解決力や医療職として生涯にわたって自己研鑽力を身につける教育、及び母子保健を国際的な視点でとらえ、幅広く活動できる人材を育成する教育

ディプロマ・ポリシー(修了証書授与方針)
 和歌山県立医科大学助産学専攻科は所定の単位を修得し、以下の能力を獲得した者に修了証書を授与します。

  1. 助産師として高い倫理観を基盤として、対象を理解し尊重することができる
  2. 妊娠・分娩・産褥経過および新生児期において診断できる能力を備え、正常からの逸脱を判断し異常を予測したケアを提供することができる
  3. 女性の一生における性と生殖に関する健康課題に対して、支援するための基礎的能力として知識・技術・コミュニケーション力を有している
  4. 国際的視野を持ち、保健・医療・福祉・行政との連携を図り、協働して地域社会に貢献することができる
  5. 知的好奇心を持ち生涯を通じて自己研鑽することができる

授業科目・年間スケジュール

学生募集

教員紹介