現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > リハビリテーション科
ここから本文です

リハビリテーション科

診療内容

リハビリテーション医学は疾病の治療はもちろんのこと、患者さんの能力と生活の改善に取り組む総合的な医学として普及してきました。高齢化が進む現代社会では疾病や障害を予防するための取り組みとしても重要視されています。

私たちは、あらゆる疾病や障害を持つ患者さんに対して、ひとりひとり十分な時間をかけて丁寧に取り組むリハビリテーション医療を心掛けています。

対象としては脊椎疾患の患者さんが最も多い現状ではありますが、手足の疾病や外傷はもとより、脳・神経の疾病や心臓・肺の疾病の回復にも積極的に取り組んでいます。その他、いかなる疾病においても治療中に体力が消耗してしまいがちで、特にお年の方々ではこの傾向が強くなりますが、このような体力消耗状態を予防することや回復させることもリハビリテーションの大きな務めです。

治療内容の特徴としては、十分な時間をかけて全身運動を行っていただくことによりできる限りフィットネスを高め、脊椎疾患を手術せずに改善するよう努めていることや、専門職種がチームを組んで連携しながら糖尿病・高血圧・心疾患・肺疾患などに対するリハビリテーションに取り組んでいる点にあります。

治療の対象としている脊椎疾患の代表は背骨の変形や腰部脊柱管狭窄症であり、治療体操・筋力トレーニング・ストレッチング・トレッドミル歩行・自転車エルゴメーターなどの運動プログラムを作成し、患者さん自らが自宅でも継続していけるように指導して運動の効果を高めています。内科系の疾患では有酸素運動を基本としつつ、病状に応じて手足の筋力トレーニングを加えたり呼吸法の習得や日常生活動作の訓練を組み合わせています。

また、患者さんの状態によっては緩和ケアの一環として手足の運動から寝起きの動作などに至る愛護的なリハビリテーション治療を行って安らかに終末期を迎えられるような支援も行っています。

当院リハビリテーション科の魅力は何といっても、ひとりひとりのセラピストが患者さんを少しでも良くしようという努力を惜しまない情熱を持っていることと、リハビリテーション専門医が「全身を診る」という視点に立って身体機能の改善、日常生活能力の改善、社会復帰の支援、障害に対するプライマリケア、全身の医学管理を実践している点にあります。

紀北地域には、高血圧や糖尿病といった慢性的な内科疾患などと、背骨や手足の疾患を合わせもっている人々が非常に多くおられます。こうした人々の健康を支えるためには臓器や疾患の枠を越えた総合的な医療が求められます。リハビリテーション科の第二の魅力は、このような診療科と診療科の隙間を埋めるような「コンビニ」的役割を担っているという点にあります。

2013年4月からはスタッフ増員や施設認定の更新を行い、これまでの脊椎疾患を含めてあらゆる疾患を対象としたリハビリテーション医療を展開していく予定です。紀北地域の保健・医療・福祉や行政と連携し、総合的な医療の軸となって地域住民の健康増進に貢献することは、リハビリテーション科の大きな役割として位置づけられます。山村地域に密着した大学病院のリハビリテーション科として、総合的医療サービスを提供することを通じてリハビリテーション医学を探求し、地域医療に貢献できる医療人の育成にも力を注いで行く所存です。

研究活動、教育活動、社会貢献など

研究活動では、主に脊椎疾患関係の研究項目に対してBIODEX(筋力測定装置)を用いた筋力評価や、腰痛体操を中心とした一貫したプロトコールの実施による効果判定などを実施しています。

教育活動としては、多くの養成校からの臨床実習生を受け入れています。実習生に対しては、患者様中心主義の理念を理解して患者様と向き合う事を、実際の訓練場面を通して学んでもらえるよう、職員一同で指導にあたっております。また、秋には和歌山県立高等看護学院の学生に対する講義も行っています。   

地域医療を目指す医学生や研修医の臨床教育にも力を入れて取り組んでいます。
そして社会貢献としては、紀北健康講座に参加し、入院患者様やそのご家族、地域住民の方々に対してスライドを用いた講演や実技指導等を行っています。

専門分野

  • リハビリテーション医学全般
  • 脊髄損傷のリハビリテーション
  • 四肢切断者のリハビリテーション
  • 脳卒中片麻痺患者の下肢装具療法
  • 嚥下障害のリハビリテーション
  • 呼吸リハビリテーション
  • 心臓リハビリテーション

スタッフ紹介(2016年4月現在)

役職 氏名 専門分野 認定資格など
准教授 隅谷 政 リハビリテーション医療全般
(特に脳卒中後片麻痺の下肢装具療法、嚥下障害の診断と治療、心臓リハビリテーション)
日本リハビリテーション医学会専門医
日本リハビリテーション医学会臨床医
日本リハビリテーション医学会指導責任者

このページのトップに戻る