現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 眼科
ここから本文です

眼科

診療内容

白内障を中心に、緑内障、糖尿病網膜症、ドライアイ、斜視・弱視、黄斑変性症など眼科疾患全般を診療しています。病状に応じて瞳孔を広げる目薬を使うことがあるため、ご自身の運転でのご来院はなるべく避けていただきたく存じます。

当科の特色

1. 総合的診療について

糖尿病、高血圧、脳卒中といった全身疾患が目に合併症を引き起こす場合があります。当院では内科をはじめ複数の診療科が協力し合うことで、目の疾患のみならず全身疾患に伴う目の合併症についても総合的に診察および治療をすることが可能となっています。

2. 専門外来について

当科には、斜視・弱視および黄斑変性症に代表される網膜硝子体疾患を専門分野としている医師が在籍しており、それぞれ専門外来を設けて患者さんの治療にあたっています。
下記が当科で行っている専門外来です。

こども外来

お子さんに多い、斜視・弱視・屈折異常などを診療しています。斜視については大人も診療しています。斜視の手術は子供から大人まで行っており、局所麻酔だけでなく全身麻酔での手術も対応可能です。

黄斑外来

黄斑変性症・糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症などの網膜硝子体疾患を診療しています。適応のある患者さんには、血管新生をおさえる薬剤の硝子体注射やレーザー治療等を行っています。また、疾患によっては造影剤を使用した眼底検査が必要となる場合があります。患者さんの体質によっては稀にアレルギー症状が出る場合がありますが、その際にも内科と連携しての対応が当院では可能であり、安心して検査を受けていただくことができます。

3. 白内障手術について

白内障手術は近年、日帰りで手術を行う病院が増えています。当院には入院施設がありますので患者さんのご希望に応じて、日帰りでも入院でもどちらでも手術を受けていただくことができます。また、通常の単焦点眼内レンズに加え、多焦点眼内レンズを選択していただくこともできます。

当院は、厚生労働省が定める「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の先進医療認定を受けている和歌山県内で数少ない施設のうちの1つです。先進医療とは、厚生労働大臣が保険適用外の先端的な医療技術と保険診療との併用を一定の条件を満たした施設にのみ認める医療制度です。
認定を受けていることで、白内障手術で多焦点眼内レンズを選択された場合にも術前術後の診察などに保険が適応されます。また、民間の生命保険の「先進医療特約」の対象にもなり先進医療に係る費用が給付されることもあり、患者さんの経済的負担が軽くなります。

昨年1年間の当科での白内障手術件数
891件(うち多焦点眼内レンズを使用した手術は96件)

スタッフ紹介(2018年4月1日現在)

役職 氏名 専門分野 認定資格など
講師 泉谷 愛 眼科全般 
小児眼科
日本眼科学会専門医
日本眼科学会指導医  
PDT認定医  
医学博士
講師 石川 伸之 眼科全般
網膜硝子体疾患
日本眼科学会専門医
PDT認定医
医学博士
助教 溝口 晋 眼科全般
網膜硝子体疾患
日本眼科学会専門医
PDT認定医
医学博士
ボトックス治療認定医
視覚障害者用補装具適合判断医師
学内助教 二出川 裕香 眼科全般 日本眼科学会専門医
PDT認定医

このページのトップに戻る