現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 内科
ここから本文です

内科

総合診療内科では、特定の臓器や疾患に限定することなく幅広い視野で患者さんを診察します。慢性疾患や心理的な問題を抱えた患者さんや継続的なケアを必要としている患者さんに対応致します。
生活の質(QOL)を視野に入れた医療と包括的なケアを実践します。総合診療内科では、専門性を持ちながらも臓器に偏らずに診断、治療が出来る経験を持ち合わせた医師が診療致します。
地域の特徴として高齢の方が多く、臓器別の診療でなく、全人的・総合的に診療します。

また、紀北分院内科は、循環器グループ(心臓の病気を担当)、呼吸器グループ(肺の病気を担当)、消化器肝臓グループ(おなかの病気を担当)、糖尿病グループ、神経内科グループに分かれています。各々の医師が、専門分野を極めると同時に、総合診療内科として、お互いに協力しながら、専門外の病気にも積極的に診療にあたっています。

診療内容

実際の外来診療で最も多いのは、いわゆる生活習慣病で、高血圧、糖尿病、脂質異常症などです。その他、以下に述べるような様々な病気の患者さんに対応しています。

循環器グループ

高血圧、心筋梗塞、狭心症、心不全、不整脈、脳卒中などの疾患を診療しています。
※(現在常勤医はおりませんので、入院診療はできない場合があります。)

呼吸器グループ

肺気腫、気管支喘息、慢性気管支炎、間質性肺炎、肺がんなどの疾患を診療しています。

消化器肝臓グループ

胃腸、肝臓・胆嚢・膵臓などの病気の診断と治療に積極的に取り組んでいます。具体的には、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石、C型慢性肝炎、肝がん、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変などの疾患を診察しております。胃潰瘍や総胆管結石などの内視鏡的治療も行っております。

糖尿病グループ

糖尿病(1型、2型を問わず)の専門的な治療を行っています。糖尿病の合併症(腎、神経障害、動脈硬化症)の診断と治療にも力を入れており、1日で済む糖尿病合併症チェックアップ外来もはじめました。

神経内科グループ

現在常勤の専門医が一時的に不在になっておりますので原則的に、新患診療は受け付けておりません。
なお、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病、脳卒中、末梢神経障害などの疾患の診療の継続を行っています。

専門分野

循環器疾患・高血圧・肝臓病・呼吸器疾患・感染症・神経内科・糖尿病

スタッフ紹介(2017年10月現在)

役職 氏名 専門分野 認定資格など
教授 佐々木 秀行 糖尿病学 
内分泌代謝学
内科
日本内科学会認定内科医・指導医 
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医・指導医
日本病態栄養学会病態栄養専門医
日本肥満学会肥満症専門医
日本医師会認定産業医
日本プライマリ・ケア学会認定医
医学博士
講師 田中 寛人 肝臓病
消化器病
内科
日本内科学会認定内科医
日本消化器学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本プライマリ・ケア学会認定医
医学博士
講師 上谷 光作 内科
呼吸器疾患
感染症
 
助教 栗栖 清悟 糖尿病
一般内科
 
助教 中西 一郎 神経内科 日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医
学内助教 山根木 美香 一般内科 日本内科学会認定内科医
学内助教 岸本 祥平 糖尿病
内科
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
日本糖尿病学会専門医
学内助教 岩下 裕 腎臓内科学
血液浄化医学
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医

このページのトップに戻る