現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 内科
ここから本文です

内科

当院では総合診療の一部として、特定の臓器や疾患に限定することなく幅広い視野で患者さんを診察させていただきます。特に高齢化社会を迎え、周辺市町村の高齢化率(65歳以上の方の割合)は約4割にもおよびます。年齢が高くなればなるほどがん、動脈硬化性疾患(心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症)、認知症、フレイル(いわゆる弱り)、ロコモティブシンドローム(骨・軟骨・関節の病気)、サルコペニア(筋肉量の減少)などが増え、高齢の方々の日々の暮らしを脅かしていきます。

当院は「紀北病院」として地域の方々に親しまれてきた伝統を守り、高齢化地域の方々の健康に奉仕して参ります。

診療内容

生活習慣病

いわゆる生活習慣病、高血圧、糖尿病、脂質異常症などに対する診断、治療、指導を数多く行っております。

循環器疾患

高血圧、心筋梗塞、狭心症、心不全、不整脈、脳卒中などの疾患を診療しています(カテーテルを用いた検査や治療に関しては他院での治療をお願いしています)。

呼吸器疾患

肺気腫、気管支喘息、慢性気管支炎、間質性肺炎、肺がんなどの疾患を診療しています。

消化器肝臓疾患

胃腸、肝臓・胆嚢・膵臓などの病気の診断と治療に積極的に取り組んでいます。具体的には、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石、C型慢性肝炎、肝がん、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変などの疾患を診察しております。胃潰瘍や総胆管結石などの内視鏡的治療も行っております。

糖尿病疾患

多くの糖尿病患者さんの治療を行っています。糖尿病の合併症(腎、神経障害、動脈硬化症)の診断と治療にも力を入れております。

神経内科疾患

パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病、脳卒中、末梢神経障害などの疾患の診療の継続を行っています。専門医が2名おりますので、ふるえ、しびれ、頭痛、けいれんなどの症状があれば是非ご相談ください。

認知症疾患

認知症専門医がおり、アルツハイマー病、レビー小体型認知症などの鑑別診断や薬物治療を行っております。認知症を発症された方の介護保険の申請のお手伝いや薬の相談も行っていますので物忘れが気になる場合は是非受診してみてください。レビー小体型認知症のような専門的な対処が必要な認知症に関しても、経験豊かな医師が在籍しておりますのでご相談ください。

ボツリヌス治療

眼瞼痙攣や片側顔面痙攣など顔がひきつる病気に対して専門医がボツリヌス治療を行っております。またジストニアという首が自然にねじれてしまう病気や、脳卒中のあとの拘縮に対してもボツリヌス治療を行っています。

スタッフ紹介(2018年8月1日現在)

役職 氏名 専門分野 認定資格など
教授 廣西 昌也 神経内科 日本内科学会 認定内科医・指導医
日本神経学会 神経内科専門医・指導医
日本認知症学会 専門医・指導医
講師 猪野 靖 虚血性心疾患
血管疾患
循環器学会専門医
CVIT認定医・専門医
総合内科専門医
助教 中西 一郎 神経内科 日本内科学会 認定内科医
日本神経学会 神経内科専門医・指導医
助教 森田 修平 代謝・内分泌内科 日本内科学会 認定内科医
日本神経学会 神経内科専門医・指導医
助教 白井 聖一 消化器内科 日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
学内助教 杉本 武哉 呼吸器内科  
学内助教 小畑 裕史 血液内科 日本内科学会 認定内科医
JMECCインストラクター
ICLSインストラクター

このページのトップに戻る