現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > 小児科
ここから本文です

小児科

診療内容

「地域に密着した病院の小児科として、こどもの内科系疾患のプライマリケアに対応しています。対象となる主な疾患は、感染症全般、アレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎等)、内分泌疾患(低身長、甲状腺疾患等)、神経系疾患(熱性けいれん、てんかん等)、腎疾患(検尿異常、尿路感染症、夜尿等)です。

午前中は一般外来で、受付は11時半までです。月曜と水曜の午後に予防接種を行っています。小児科常勤医師は1名であり入院加療が必要な場合は、橋本市民病院または公立那賀病院等に紹介させていただきます。また専門的な治療を要する場合は、各種の情報提供を行った上、和歌山県立医科大学附属病院等、適切な医療機関に紹介させていただきます。

また当院では臨床心理士が常勤しており、発達障害や療育に関する相談、箱庭などのセラピーやカウンセリング、各種発達検査を行っております。
毎週水曜の午後、予約制です。小児科外来まで、ご相談ください。

予防接種について

予防接種は基本的に、毎週月曜(15時~16時)と水曜(13時半~14時半)に予約制で行っています。
予約センターにて予約の申込みをお願い致します。
※予防接種当日は母子手帳を忘れずにお持ちください。

スタッフ紹介(2017年7月現在)

役職 氏名 専門分野 認定資格など
助教 戸川 寛子 小児科全般 日本小児科学会専門医
医学博士
インフェクションコントロールドクター(ICD)

このページのトップに戻る