ここから本文です

本学の卒後臨床研修プログラムは2年間の研修によって、研修医が医師としての人格を涵養し、患者を全般的に診ることができる基本的な診療能力として必要な基礎知識・技能・考え方を修得することを目的とする。

卒後臨床研修プログラム

本学での卒後臨床研修は、従来から研修医は非入局制で病院長直属の身分とし、内科系、外科系および救急を必修科目としたローテート方式により実施してきたところであり、新たな卒後臨床研修制度に対しても十分な経験と成果を持っている。

今回、従来からの方式をより発展させ、内科系、救急及び地域医療を必修とし、プライマリ・ケアの修得を質・量ともに充実させるとともに、専門分野の早期習得を図るため、個々の研修医が希望に応じ、研修科目を自由に選択できる余地を最大限残すよう配慮した。
1次から3次まで受け入れている高度救急救命センターや協力病院を研修できるため、common diseaseに接する機会も極めて多い。このため経験すべき症状・病態・疾患を短期間でマスターすることができ、選択期間の充実を図れるプログラムである。

本学のプログラムは、本学附属病院を管理型病院とし、研修医の希望を取り入れ、関連する公的病院等にも協力病院に加わってもらっている。

プログラムの概要

1年次研修プログラム

内科(6ヶ月間)

内科の研修は、原則として3ヶ月間を一つの単位として、当初の3ヶ月間では、医師として備えるべき基本的なことがらと内科の基礎的知識の修得に努め、次の3ヶ月間は、別の指導医のもとで幅広くプライマリ・ケアを研修する。経験する症例については、研修内容が偏ることのないよう、指導医が到達目標を勘案し調整する。
また、協力型病院での研修を行うことも可能である。

救急(3ヶ月間)

救急・集中治療部(救命救急センター)では、一次救急から三次救急までの多数の症例が経験できる。
研修医は希望によりドクターヘリ搭乗勤務も可能である。
HCU1ヶ月半・ICU1ヶ月半(うち2週間ER)を研修し入院した患者へのトータルな診療も経験できる。

2年次研修プログラム

地域医療(1ヶ月間)

地域医療については、基本的には地域病院で研修を行う。

必修科目

外科、麻酔科、神経精神科、小児科、産科婦人科のうち2科を選択する。期間については、最短1か月の研修とする。なお、この期間に麻酔科における気管内挿管の手技を習得することが望ましい。外科、小児科、産科においては協力型病院での研修を行うことも可能である。

自由選択科目

必修科目の研修期間の残りの期間は、研修医が自由に選択できる期間とし、診療科、期間については、センター長及び指導医が各研修医の希望、相談に応じる。ただし、到達目標に達することが出来ていないと判断される場合には、センター長の指示によりこの期間で診療科を指定し、必要期間研修させることがある。
また、地域保健医療として県内保健所や老健施設での研修も可能である。

小児科重点プログラム

本学での卒後臨床研修では、大学病院であるとともに総合周産期母子医療センターを設置し、和歌山県のこども病院の機能も備えており、心臓外科、腹部外科、脳神経外科等の小児外科疾患の手術症例も豊富である。また、一次から三次の小児救急患者も随時受け入れており、小児のプライマリ・ケアから高度先端医療までのすべてを満たした研修を行うことが可能である。

また、研修医は非入局制で病院長直属の身分とし、内科系、救急及び地域医療を必修科目としたローテート方式により実施しており、本学附属病院を管理型病院とし、研修医の希望を取り入れ、関連する公的病院等にも協力病院に加わっているため、プライマリ・ケアの修得を質・量ともに充実させるとともに、専門の小児科医として必要な基礎を十分学べる研修プログラムとしている。

プログラムの概要

1年次研修プログラム

小児科(3ヶ月間)

小児科の研修は、4月から6月の3ヶ月間、医師としてこどもに触れることで小児の特性、小児診療及び小児疾患の特性を学ぶ事を目的に一般診療に加え新生児・乳幼児検診への参加、問診聴取の経験の蓄積をはかる。

内科(6ヶ月間)

内科の研修は、原則として3ヶ月間を一つの単位として、当初の3ヶ月間では、医師として備えるべき基本的なことがらと内科の基礎的知識の修得に努め、次の3ヶ月間は、別の指導医のもとで幅広くプライマリ・ケアを研修する。経験する症例については、研修内容が偏ることのないよう、指導医が到達目標を勘案し調整する。
また、協力型病院での研修を行うことも可能である。

救急(3ヶ月間)

高度救命救急センターでは、一次救急から三次救急までの多数の症例が経験できる。研修医は希望によりドクターヘリ搭乗勤務も可能である。
HCU1ヶ月半・ICU1ヶ月半(うち2週間ER)を研修し入院した患者へのトータルな診療も経験できる。

2年次研修プログラム

小児科(7ヶ月間)

4月から6月の3ヶ月間、総合周産期母子医療センターNICUにおいて新生児の診療を行う。
また、9月から12月までの4ヶ月間は、大学病院・協力病院より研修医が選択し、地域における小児診療をおこない幅広い症例と接することで、診療・検査手技の修得及び代表的疾患の診断、治療法を修得する。

産科(1ヶ月間)

総合周産期母子医療センター産科において、分娩及び周産期の診断治療に対する基礎知識と手技の修得を目的とする。
研修医は外来、病棟、手術室に勤務し、基礎的診察法、診断法、治療法について指導医のもと研修を行う。産科特有の患者及びコメディカル・スタッフとのコミュニケーションに配慮し、その立場を理解し信頼関係を形成する。

地域医療(1ヶ月間)

地域医療については、基本的には地域病院で研修を行う。

選択科(3ヶ月間)

外科、麻酔科、神経精神科、小児科、産科婦人科などから選択する。期間については、最短1か月の研修とする。なお、この期間に麻酔科における気管内挿管の手技を習得することが望ましい。また、いずれの科を選択した場合でも協力型病院での研修が可能である。

産婦人科重点プログラム

本学産婦人科では、大学病院であるとともに総合周産期母子医療センターが設置されており、重症妊産婦の母体搬送や新生児搬送を常時受け入れている。一方、婦人科分野では県がん診療連携拠点病院として婦人科悪性腫瘍の手術症例も豊富である。また地域の拠点病院としての役割も大きく、一般妊婦健診や正常分娩も多数扱っており、婦人科良性疾患の手術件数も多い。従って産科・婦人科両分野においてプライマリ・ケアから高度先端医療までのすべてを満たした研修を行うことが可能である。

また、研修医は非入局制で病院長直属の身分とし、内科系、救急及び地域医療を必修科目としたローテート方式を実施している。本学附属病院を管理型病院とし、関連する公的病院等も協力病院に加わっているため、研修医の希望を取り入れながら、プライマリ・ケアの習得を質・量ともに充実させることができる。さらに専門の産婦人科医として必要な基礎を十分学べる研修プログラムとしている。

プログラムの概要

1年次研修プログラム

産婦人科(3ヶ月間)

初年度の産婦人科の研修は、3ヶ月間、産婦人科の基本診療及び産婦人科疾患の特性を学ぶ事を目的に、一般診療に加え、内診や経腟超音波検査などを含む産婦人科の基本的な診察法を学び、妊婦健診にも参加する。外来では問診聴取の経験の蓄積をはかる。正常分娩や帝王切開術、婦人科手術にも助手として参加し、広く産科・婦人科領域における知識を深め、診療経験を積むことができる。

内科(6ヶ月間)

内科の研修は、原則として3ヶ月間を一つの単位として、当初の3ヶ月間では、医師として備えるべき基本的なことがらと内科の基礎的知識の修得に努め、次の3ヶ月間は、別の指導医のもとで幅広くプライマリ・ケアを研修する。経験する症例については、研修内容が偏ることのないよう、指導医が到達目標を勘案し調整する。
また、協力型病院での研修を行うことも可能である。

救急(3ヶ月間)

高度救命救急センターでは、一次救急から三次救急までの多数の症例が経験できる。研修医は希望によりドクターヘリ搭乗勤務も可能である。
HCU1ヶ月半・ICU1ヶ月半(うち2週間ER)を研修し入院した患者へのトータルな診療も経験できる。

2年次研修プログラム

小児科(NICU)(2ヶ月間)

2ヶ月間、総合周産期母子医療センターのNICUにおいて新生児科の医師の指導のもとで、新生児の診療を行う。

麻酔科(3ヶ月間)

産婦人科は外科系の診療科であり、手術における麻酔法、麻酔管理を学ぶことが必要である。この期間に麻酔科医師の指導のもと、気管内挿管、全身麻酔、脊椎麻酔等の手技を習得する。手術麻酔に置ける術前評価や術後管理についても習得する。

地域医療(1ヶ月間)

地域医療については、基本的には地域病院で研修を行う。

産婦人科(4ヶ月間)

前半2ヶ月間は総合周産期母子医療センター産科において、分娩及び周産期の診断治療に対する基礎知識と手技の修得を目的とする。後半2ヶ月は婦人科病棟をメインに婦人科良性および悪性腫瘍の診断治療に対する基礎知識と手術手技、化学療法や放射線療法について習得することを目的とする。また生殖•内分泌疾患における診断治療についても学ぶ。
研修医は外来、病棟、手術室に勤務し、基礎的診察法、診断法、治療法について指導医のもと研修を行う。産科婦人科特有の患者及びコメディカル・スタッフとのコミュ二ケーションに配慮し、その立場を理解し信頼関係を形成する。

選択科(2ヶ月間)

外科、麻酔科、神経精神科、小児科、産科婦人科などから選択する。いずれの科を選択した場合でも協力型病院での研修が可能である。

プログラムの管理及び運営組織

プログラムの管理組織

プログラムの全体的な管理から研修終了後の進路に至るまでの支援を行うため、病院長を委員長とするプログラム管理委員会を設置する。
プログラム管理委員会は、病院長、診療科長(教授)、卒後研修センター長などで構成し、研修医の希望を最大限取り入れて研修が円滑に実施されるよう研修プログラムを管理する。

プログラムの運営組織

卒後臨床研修を運営するため、院内に卒後研修センターを設置する。卒後研修センターは、センター長と内科6科、外科2科、救急・集中治療部などの診療各科より選出された指導医により構成される。

平成29年度卒後臨床研修センター体制表

役職名 氏名 所属
センター長 園木 孝志 血液内科
参与 上野 雅巳 地域医療支援センター
副センター長 山野 貴司 地域医療支援センター
龍田 浩一 腎臓内科(人工透析)
藤田 浩二 救急科
中川 幸洋 整形外科
宮坂 美和子 心臓血管外科・呼吸器外科・乳腺外科
代表指導医 古田 浩人 糖尿病・内分泌・代謝内科
前北 隆雄 消化器内科
中西 正典 呼吸器内科・腫瘍内科
久保 隆史 循環器内科
山本 眞弘 神経精神科
田村 彰 小児科
小倉 光博 脳神経外科
宮坂 美和子 心臓血管外科・呼吸器外科・乳腺外科
中森 幹人 消化器・内分泌・小児外科
中川 幸洋 整形外科
池田 高治 皮膚科
射場 昭典 泌尿器科
田中 才一 眼科
保富 宗城 耳鼻咽喉科
中井 資貴 放射線科
八木 重孝 産科・婦人科
東條 格 歯科口腔外科
川股 知之 麻酔科
古田 眞智 臨床検査医学
髙 真守 神経内科
上條 義一郎 リハビリテーション科
園木 孝志 血液内科
大矢 昌樹 腎臓内科
宮本 恭兵 救急科
村田 晋一 病理診断科
朝村 真一 形成外科
藤井 隆夫 リウマチ・膠原病科

勉強会等の実施

診療のほか、各診療科の協力を得て、研修医、指導医が参加する勉強会を開催する。(以下の内容を含む。)

  • 症例検討、CPC、新しい疾患、診断法、検査法、EBMなどの講義
  • 基礎的手技(CPR、注射、点滴、輸血、導尿、呼吸管理など)の解説・実習
  • 接遇、チーム医療、医療の安全、医の倫理、医療関係の法律などの講義

研修の評価

研修終了時に、2年間の研修内容をプログラム管理委員会で確認し、病院長から研修修了証を交付する。

身分・処遇、研修後の進路など

身分・処遇

身分 公立大学法人和歌山県立医科大学の準職員で、所属は病院長直属とする。
処遇 国立大学附属病院に準じて支給する(月額 30万円)
社会保険 政府管掌健康保険、厚生年金、雇用保険に加入する
その他 労災保険適用、白衣貸与

研修後の進路

3年目以降の進路としては、以下のものがあげられる。

  1. 大学院生(臨床医学、基礎医学、社会医学)
  2. 本学附属病院において後期研修を行う。(学内助教、有給)
  3. 本学附属病院と連携する病院に勤務。
  4. より専門性の高い医療機関での研修に参加する。

いずれの場合にも、本学附属病院ならびに紀北分院での研修修了者を優先的に採用する。