ここから本文です

歯科医師研修プログラム

本院の歯科医師臨床研修の目標は、歯科医師としての人格の涵養に努めるとともに、患者中心の全人的医療を理解し、すべての歯科医師に求められる基本的な診療能力(態度、技能及び知識)を身につけ、頻度の高い疾患や病態およびプライマリ・ケアに対応できる歯科医師を育成するための初期研修を行い、生涯研修の第一歩とすることである。
研修歯科医は当院卒後臨床研修センターに所属し、本プログラムに沿った研修を行う。個々の歯科医師が患者の立場に立った歯科医療を実践できるようになるために、「基本習熟コース」を自らが実践することで、基本的な歯科医療に必要な臨床能力を身に付ける。地域歯科医療、社会保険診療の取り扱いついても学習する。
さらに。生涯にわたる研修を行うために「基本習得コース」を頻度高く臨床経験することで、より広範囲の歯科医療、口腔外科治療について知識、態度、技能を習得し「基本習得コース」をさらに修練する、和歌山県には唯一存在する当医科大学附属病院にて地域医療に不可欠な高頻度の疾患を中心に全身管理に必要な医学的知識の習得に努める。

卒後臨床研修管理委員会および卒後臨床研修センターと指導歯科医がプログラムの管理・運営を行い、定期的に研修の進捗状況を確認する。