ここから本文です

スタッフ紹介

令和3年4月現在

センターでの役割センター長

氏名伊東 秀文(いとう ひでふみ)

役職脳神経内科 教授

「認知症の診療は、もうすぐ新しいお薬や法律ができて、新たな時代に入ります。」

センターでの役割副センター長

氏名塩路 有理(しおじ ゆり)

役職看護副部長

「本人を取り巻く人々や社会との関わりを続けることができるように、また人として受け入れられ尊重されていると実感できるように支援を進めていきます。」

センターでの役割専門外来(木曜日)

氏名西林 宏起(にしばやし ひろき)

役職脳神経外科 准教授

「一人で抱え込まずに、まずは相談にお越しください。みんなで考えていきましょう。」

センターでの役割専門外来(金曜日)

氏名山本 眞弘(やまもと まさひろ)

役職神経精神科 助教

「『笑顔』はこころのバロメーター。患者様や御家族が笑顔を取り戻す手助けが出来ればと。」

センターでの役割専門外来(火曜日)

氏名安井 昌彰(やすい まさあき)

役職脳神経内科 助教

「患者さんも、家族さんも気持ちが楽になるような時間を提供できるよう努力していきます。」

センターでの役割専門医療相談

氏名宇田 賢史(うだ さとし)

役職認知症看護認定看護師

「ご本人の家族などからお話を聞き、不安や負担の軽減につながるように支援させていだたきます。まずはお電話いただけたら相談に対応させていただきます。」

センターでの役割専門医療相談

氏名大谷 智香(おおたに ちか)

役職精神保健福祉士

「認知症かな?と思った時、また認知症と診断された時の生活の不安や心配事について、ご相談お受け致します。」

センターでの役割認知機能検査

氏名篠原 優衣奈(しのはら ゆいな)

役職臨床心理士

「当センターでは、最初に私がご本人とお会いします。正確な検査だけではなく、安心してその後受診できるような雰囲気作りを心がけています。」

スタッフ紹介写真

このページのトップに戻る