現在表示しているページ
ホーム > 診療科・部門のご案内 > リハビリテーション科
ここから本文です

リハビリテーション科

診療内容

リハビリテーション医学とはさまざまな病態、疾患、外傷などにより生じた機能障害を回復し、残存した障害を克服しながら人々の活動を育む医学分野です。このような医学に基づいて、当診療科ではあらゆる患者さんに対してひとりひとり十分な時間をかけて丁寧に取り組むリハビリテーション医療の提供を心掛けています。当診療科では、スタッフ全員が患者さんを少しでも良くしようという努力を惜しまず情熱を持って診療にあたっています。

あらゆる疾患や外傷を対象としており、数多くの脊椎疾患の患者さんをはじめとして手足の疾患や外傷、脳・神経の疾患、心臓・肺の疾患の治療に積極的に取り組んでいます。特に留意していることは、高齢の患者さんが入院治療を余儀なくされた場合に体力や認知機能を低下させないように努めることです。

当診療科の特徴は、専任医師の監督の下で十分な時間をかけて全身運動を行っていただくことによりできる限りフィットネスを高めて様々な症状の軽減をはかるよう努めている点にあります。治療体操・筋力トレーニング・ストレッチング・自転車エルゴメーターなどの運動を病状に応じて組み合わせることで体力と運動機能の向上を目指します。また、退院後の日常生活に備えた生活動作の訓練、安全に食事を食べるための嚥下訓練、言語や聴覚の訓練なども積極的に行っています。機能回復を目指すばかりではなく、病状によっては緩和ケアの一環として愛護的な治療を行うことにより安らかに終末期を迎えられるような支援もしています。

研究活動、教育活動、社会貢献など

研究活動としては、脊椎疾患に関するテーマで数多くの実績があるほか、言語障害や嚥下障害に関するテーマでも多くの発表を行っています。

教育活動としては、多くの養成校からの臨床実習生を受け入れており、患者さんを中心とした医療を念頭において患者さんと向き合う事を実際の診療場面を通して学んでもらえるようで指導しています。地域医療を目指す医学生や研修医の臨床教育にも力を入れて取り組んでいます。

社会貢献としては、紀北健康講座や出前講座などにおいて患者さん、ご家族、地域住民の方々を対象にスライドを用いた講演や実技指導等を行っています。

専門分野

  • 脊椎疾患のリハビリテーション
  • 嚥下障害のリハビリテーション

スタッフ紹介(2021年8月1日現在)

役職 氏名 専門分野 認定資格など
病院教授 隅谷 政 リハビリテーション医療全般(特に義肢装具療法、嚥下障害の診断と治療) 日本リハビリテーション医学会専門医
日本リハビリテーション医学会臨床医
日本リハビリテーション医学会指導責任者
学内助教 南方 美由希 リハビリテーション医療全般 Vodder式リンパ浮腫セラピスト