和歌山県立医科大学脳神経外科教室和歌山県立医科大学脳神経外科教室

教室について

■ 沿革


1966年    竹林 弘教授(第1外科)により和歌山で最初の脳腫瘍手術が行われる

1966年    岡 益尚教授就任(第1外科)

1970年    脳神経外科学講座開講

1978年    駒井則彦教授就任

1994年3月  板倉 徹教授就任

2011年10月 中尾直之教授就任




現在の医局員は、教授1名、保健看護学部外科病態学教授1名(兼任)、准教授1名、講師4名、助教5名、
学内助教3名、大学院生1名、研究生20名、博士研究員11名です。
脳神経外科同門会員は賛助会員を含め約150名に及びます。(平成25年9月現在 )

 

 

PAGE TOP