和歌山県立医科大学脳神経外科教室和歌山県立医科大学脳神経外科教室

  • gaikan
  • ct

    脳神経外科

    昭和20年に創設された和歌山医学専門学校の荒瀬進教授による外科学教室をその前身とします。
    濱光治教授の後を受けた竹林弘教授により
    1955年和歌山で最初の脳腫瘍手術が行われました。

  • shugou

    当教室について

    本学の中でも最も伝統ある教室の一つであり、その伝統を生かし中尾直之教授のもと、さらなる飛躍へと医局員一同、努力邁進を続けております。

  • スタッフ・同門会(賛助会)

    現在の医局員は教授1名、保健看護学部教授1名、准教授1名、講師4名、助教5名、学内助教3名、大学院生1名、研究生20名、博士研究員11名で、脳神経外科同門会員は賛助会員を含め約150名に及びます。

■ お知らせ

平成28年 7月
臨床研究に関するお知らせ
和歌山医大附属病院脳神経外科に頭蓋内胚細胞腫で通院歴のある患者さんへ
平成28年 6月 7日
機能的脳神経外科 痙縮ページを追加しました。
平成28年 4月 7日
スタッフ紹介を更新しました。
平成26年12月
当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
平成26年 2月17日
 
市民公開講座が開催されます。(第67回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会)
平成26年4月6日14:00~(受付開始13:00) 和歌山県立医科大学講堂
事前申し込みは不要です。直接会場までお越し下さい。
 
 
  • 同門会
  • 関連施設
  • リンク集

PAGE TOP