現在表示しているページ
ホーム > 和歌山県立医科大学 青洲基金
ここから本文です

和歌山県立医科大学 青洲基金

和歌山県立医科大学(「本学」という。)は、「医の心」のルーツを紀州が生んだ医聖・華岡青洲に求め、1945年設立の和歌山県立医学専門学校を前身として1948年に開学後、2004年の保健看護学部開設、2021年の薬学部開設により、医療系総合大学として一層の発展を目指しています。

和歌山県立医科大学青洲基金は、本学が「地域とともに世界に羽ばたく大学」へと更なる飛躍を図るため、教育、研究、診療に関する活動等の推進及び施設等の整備充実並びに学生の修学支援等に資することを目的として設置するものです。

皆様におかれましては、本基金の趣旨をご理解頂き、格段のご支援とご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

寄附の方法

1. 振込依頼書によるお申し込み

寄附申込書をタウンロードの上、下記の総務課基金担当あてにFAX・E-mail又は郵送にてお申し込みください。基金のパンフレットと払込依頼書を送付させていただきます。
 (通常、文書の送付まで2週間程度のお時間をいただいております。)
振込依頼書が届きましたら、所定事項をご記入の上、各金融機関窓口でお振り込みください。

2. インターネットによるお申し込み

インターネットからのお申し込みも受け付けています。詳しくは下記ページをご覧ください。

基金の使途

和歌山県立医科大学青洲基金は、本学の教育、研究、診療に関する活動等の推進及び施設等の整備充実並びに学生の修学支援等に資することを目的とし、次の事業に充当いたします。

  1. 教育研究の向上事業
    医・薬・看共同研究の推進、教育研究設備の充実、若手研究者の育成 など
  2. 附属病院の環境整備事業
    病院環境の整備、診療備品の充実、医療スタッフの育成、がん対策の充実 など
  3. 修学支援基金事業
    経済的理由により修学が困難な学生に対する授業料減免、奨学金貸与・支給 など
  4. その他基金の目的達成のために必要な事業

税の優遇措置

本学への寄附は、所得税法等の規定により、税の優遇措置の対象となります。詳しくは、税務署等にお問い合わせください。
(入金確認後、本学から手続きに必要な証明書(領収書)をお送り致します。)

個人の方

所得税

寄附金額(所得金額の40%が上限)のうち2千円を超える部分の額が、当該年の所得金額から控除されます。

住民税

お住まいの都道府県、市町村により取扱いが異なります。
各都道府県、市町村の税務担当課にお問い合わせください。

法人の方

法人税

寄附金額の全額を損金算入できます。

顕彰について

寄附いただいた方のご芳名を顕彰させていただきます。
なお、ホームページへの掲載を望まれない方については、掲載致しません。

基金の名称について ~華岡青洲のご紹介~

華岡青洲(1760~1835)は、現在の紀の川市の医師で、文化元年(1804年)に記録に残るものとしては世界で初めて全身麻酔下の手術を成功させました。
本学は、青洲が唱えた「活物窮理」の碑を紀三井寺キャンパスに設置し、また学章には、青洲が麻酔薬の原料とした「まんだらげ」の花に「医」の字を配したものを使用していること等から、基金の名称にも青洲の名を使用しています。

公立大学法人和歌山県立医科大学 総務課 基金担当
〒641-8509 和歌山市紀三井寺811番地1
TEL:073-441-0710  FAX:073-441-0713
E-mail:kikin@wakayama-med.ac.jp