現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 医学部 > 医学部 各教室一覧 > 微生物学講座
ここから本文です

微生物学講座

大学院生(修士・博士)を募集しています

当教室では、私たちの研究テーマに興味を持ち、研究の成果を分かち合える若い仲間を大歓迎します。私たちと一緒に研究をしたいという方・興味のある方は、ぜひ一度下記までご連絡ください。

> 教室写真:
2015NSV学会Tシャツを着てポスターの前にて

お問い合わせ先
西尾(石原)真智子
和歌山県立医科大学医学部微生物学講座 住所:〒641-8509和歌山市紀三井寺811番地1
Tel: 073-447-2300(大学代表、内線5350教授室、内線5351教室)、073-441-0640(直通)
E-mail: mnishio@wakayama-med.ac.jp

教室概要

微生物学教室は初代加藤定吉教授の後、宮本博行教授、秋本茂教授が歴任しました。2011年9月から西尾真智子が当教室を担当しています。
微生物学教室では、感染症を引き起こす様々なマイナス鎖RNAウイルスに関して分子レベルでの解明を目標として、教育・研究を行っています。

教育概要

医学部教育としては、Ⅴ期、Ⅵ期の「生体と微生物」の講義および実習を担当しており、将来、感染症を学ぶ基盤となる微生物についての知識を身につける事を目標にしています。また、Ⅴ期とⅥ期の基礎配属も担当しています。
大学院(修士・博士)課程の講義では共通教育科目において「微生物学・ウイルス学概論」を担当しており、細菌・ウイルスで引き起こされる代表的な感染症について概説します。
大学院では以下の研究内容から個々の研究テーマを選び、研究を進めています。

研究概要

呼吸器感染症を起こすマイナス鎖のRNAウイルスであるパラミクソウイルス科、オルソミクソウイルス科の増殖機構・病原性発現機構を中心に研究しています。パラミクソウイルス科は非分節の一本鎖RNAウイルスであり、パラインフルエンザウイルス1〜4型、ムンプスウイルス、麻疹ウイルス、センダイウイルスなどが含まれています。また、極めて病原性の高い新興感染症のニパウイルスなども含まれています。我々はプロトタイプであるヒトパラインフルエンザウイルス2型やセンダイウイルスを使って、ウイルスが細胞に侵入し、増殖し、病気を起こすメカニズムを分子レベルで解明しようとしています。オルソミクソウイルス科のA型インフルエンザウイルスは同じ呼吸器感染症を起こしますが、ゲノムは8分節に分かれており、増殖機構にも様々な違いがあります。また、ダニによって媒介される3分節のブニヤウイルス目オルソナイロウイルス属のハザラウイルスの研究も開始しました。このウイルスは極めて病原性の高いクリミア・コンゴ出血熱ウイルスのモデルとして最適であり、安全に様々な研究を進める事が出来ます。この様に、様々なウイルスの相違点、共通点を詳細に研究する事によって、マイナス鎖RNAウイルス全般にわたる分子レベルでの解明を目標としています。

ウイルスは生きた細胞に感染し、細胞の持っている様々な能力を活用して子孫ウイルス粒子を産生します。細胞には、ウイルス感染に備えて極めて高度な抗ウイルス機構が備わっています。つまり、ウイルスが子孫を残すためには宿主細胞の持つ様々な防御機構を回避しながら、細胞の様々な機能を利用する必要があります。そこで、ウイルス構成蛋白と関連する宿主蛋白との相互作用を明らかにし、宿主細胞免疫機構への対抗機構やウイルス粒子形成のメカニズムの詳細な解明を目指しています。現在最も力を入れているのは、アクセサリー蛋白と呼ばれるV蛋白の機能の解析です。このウイルス蛋白は細胞の持つ様々な抗ウイルス活性を阻害する能力、ウイルスゲノムを調節する能力、宿主細胞のアポトーシスを抑制する能力など様々な機能を持つ事が解明されつつある、大変重要な蛋白です。我々は遺伝子操作により数種類のパラミクソウイルス科のリコンビナントウイルスを高効率に作製する事が出来ます。この技術により、自在にリコンビナントウイルスを作製し、様々な成果をあげています。また、Yeast-two hybrid法を用いる事によって、ウイルス蛋白と結合する幾つかの宿主細胞の蛋白を同定しています。その相互作用がウイルスの増殖・病原性に及ぼす影響について研究にも力を入れています。

スタッフ紹介(2018年4月1日現在)

教授 西尾(石原)真智子
(Machiko Nishio, Ph.D.)
mnishio@wakayama-med.ac.jp
助教 太田 圭介
(Keisuke Ohta, Ph.D.)
k-ooota@wakayama-med.ac.jp
助教 松本 祐介
(Yusuke Matsumoto, D.V.M., Ph.D.)
ymatsu@wakayama-med.ac.jp
研究補助員 中南 友里 y-nakami@wakayama-med.ac.jp
大学院生 湯峰 奈都子  
大学院
準備過程
野内 隆志  
博士研究員 金子 郁子  

研究業績

  • 研究業績(2013年~)
  • 国際学会報告(2013年~)

2018年

  • Ohta K, Matsumoto Y, Nishio M.
    Human parainfluenza virus type 2 V protein inhibits caspase-1.
    J Gen Virol. 99:501-511.
  • Ohta K, Matsumoto Y, Nishio M.
    Rab27a facilitates human parainfluenza virus type 2 growth by promoting cell surface transport of envelope proteins.
    Med Microbiol Immunol. 207:141-150.
  • Matsumoto Y, Ohta K, Kolakofsky D, Nishio M.
    The control of paramyxovirus genome hexamer length and mRNA editing.
    RNA. 24:461-467.
  • Matsumoto Y, Ohta K, Nishio M.
    Lethal infection of embryonated chicken eggs by Hazara virus, a model for Crimean-Congo hemorrhagic fever virus.
    Arch Virol. 163:219-222.
  • Tsurudome M, Ohtsuka J, Ito M, Nishio M, Nosaka T.
    The hemagglutinin-neuraminidase (HN) head domain and the fusion (F) protein stalk domain of the parainfluenza viruses affect the specificity of the HN-F interaction.
    Front Microbiol. 9:391.

2017年

  • Matsumoto Y, Ohta K, Nishio M.
    Human parainfluenza virus type 2 polymerase complex recognizes leader promoters of other species belonging to the genus Rubulavirus.
    Med Microbiol Immunol. 206:441-446.
  • Ohta K, Matsumoto Y, Ito M, Nishio M.
    Tetherin antagonism by V proteins is a common trait among the genus Rubulavirus.
    Med Microbiol Immunol. 206:319-326.
  • Ohta K, Matsumoto Y, Yumine N, Nishio M.
    Human parainfluenza virus type 2 V protein inhibits induction of tetherin.
    Med Microbiol Immunol. 206:311-318.
  • Matsumoto Y, Ohta K, Kolakofsky D, Nishio M.
    A point mutation in the RNA-binding domain of human parainfluenza virus type 2 nucleoprotein elicits abnormally enhanced polymerase activity.
    J Virol. 91: e02203-16. (spotlightに選出)

2016年

  • Ohta K, Goto H, Matsumoto Y, Yumine N, Tsurudome M, Nishio M.
    Graf1 controls the growth of human parainfluenza virus type 2 through inactivation of RhoA signaling.
    J Virol. 90:9394-9405.
  • Goto H, Ohta K, Matsumoto Y, Yumine N, Nishio M.
    Evidence that receptor destruction by the Sendai virus hemagglutinin-neuraminidase protein is responsible for homologous interference.
    J Virol. 90:7640-7646.
  • Matsumoto Y, Ohta K, Goto H, Nishio M.
    Parainfluenza virus chimeric mini-replicons indicate a novel regulatory element in the leader promoter.
    J Gen Virol. 97:1520-1530.
  • Ohta K, Goto H, Yumine N, Nishio M.
    Human parainfluenza virus type 2 V protein inhibits and antagonizes tetherin.
    J Gen Virol. 97:561-570.
  • Goto H, Ihira H, Morishita K, Tsuchiya M, Ohta K, Yumine N, Tsurudome M, Nishio M.
    Enhanced growth of influenza A virus by coinfection with human parainfluenza virus type 2.
    Med Microbiol Immunol. 205:209-218.
  • Honda T, Yamamoto Y, Daito T, Matsumoto Y, Makino A, Tomonaga K.
    Long-term expression of miRNA for RNA interference using a novel vector system based on a negative-strand RNA virus.
    Sci Rep. 18:26154.
  • 太田圭介
    ヒトパラインフルエンザウイルス2型V蛋白による新規のTetherin抑制機構
    和歌山医学 67:130-133

2015年

  • Tsurudome M, Ito M, Ohtsuka J, Hara K, Komada H, Nishio M, Nosaka T.
    The fusion protein specificity of the parainfluenza virus hemagglutinin-neuraminidase protein is not solely defined by the primary structure of its stalk domain.
    J Viol. 89:12374-12387.
  • Matsumoto Y, Ohta K, Yumine N, Goto H, Nishio M.
    Identification of two essential aspartates for polymerase activity in parainfluenza virus L protein by a minireplicon system expressing secretory luciferase.
    Microbiol Immunol. 59:676-683.
  • Ito M, Kubota H, Takeuchi T, Qiao S, Tsurudome M, Tsumura H, Matsuda A, Nishio M, Ito Y.
    Pathogenesis of the influenza virus in diabetes model mice.
    BMRJ 9:1-7.
  • 月城紗希子、池田敬子、西出充徳、山崎尚、桑原知巳、小山一、西尾真智子
    亜塩素酸のウイルス活性化作用についての解析
    和歌山医学 66:40-46

2014年

  • Kojima S, Honda T, Matsumoto Y, Tomonaga K.
    Heat stress is a potent stimulus for enhancing rescue efficiency of recombinant Borna disease virus.
    Microbiol Immunol. 58:636-642.
  • Ohtsuka J, Fukumura M, Tsurudome M, Hara K, Nishio M, Kawano M, Nosaka T.
    Vero/BC-F: an efficient packaging cell line stably expressing F protein to generate single round-infectious human parainfluenza virus type 2 vector.
    Gene Ther. 21:775-784.

2013年

  • Tsurudome M, Nakahashi M, Matsushima Y, Ito M, Nishio M, Kawano M, Komada H, Nosaka T.
    Full conversion of the hemagglutinin-neuraminidase specificity of the parainfluenza virus 5 fusion protein by replacement of 21 amino acids in its head region with those of the simian virus 41 fusion protein.
    J Virol. 87:8342-8350.
  • Kitagawa Y, Yamaguchi M, Zhou M, Nishio M, Itoh M, Gotoh B.
    Human parainfluenza virus type 2 V protein inhibits TRAF6-mediated ubiquitination of IRF7 to prevent TLR7- and TLR9-dependent interferon induction.
    J Virol. 87:7966-7976.
  • Goto H, Muramoto Y, Noda T, Kawaoka Y.
    The genome-packaging signal of the influenza A virus genome comprises a genome incorporation signal and a genome-bundling signal.
    J Virol. 87:11316-11322.

国際学会、シンポジウム等

2015年

  • Ohta K, Goto H, Matsumoto Y, Yumine N, Tsurudome M, Nishio M.
    Involvement of Gral1/ARHGAP26 and Rho family GTPases in the growth of human parainfluenza virus type 2.
    16th International conference on Negative Strand Viruses. Siena (Italy).
  • Matsumoto Y, Ohta K, Yumine N, Goto H, Nishio M.
    Parainfluenza virus type 2 and 5 “chimeric” minireplicons reveal regulatory signals for viral gene expression in the leader sequence.
    16th International conference on Negative Strand Viruses. Siena (Italy).
  • Tsurudome M, Ito M, Nishio M, Nosaka T.
    The specificity of the parainfluenza virus HN is not defined solely by the primary structure of the HN stalk domain.
    16th International conference on Negative Strand Viruses. Siena (Italy).

2013年

  • Ohta K, Goto H, Yumine N, Nishio M.
    Interaction between human parainfluenza virus type 2 V protein and tetherin, an antiviral host factor.
    15th International conference on Negative Strand Viruses. Granada (Spain).
  • Nishio M, Ohta K, Tsurudome M, Kolakofsky D.
    Human parainfluenza virus type 2 V protein inhibits activity of caspase-1.
    15th International conference on Negative Strand Viruses. Granada (Spain).
  • Tsurudome M, Ito M, Nishio M, Nosaka T.
    Conversion of the parainfluenza virus 5F proteins to a simian virus 41 HN-specific protein by amino acid substitutions.
    15th International conference on Negative Strand Viruses. Granada (Spain).