本文へスキップ

″医学は厳しく、医療は暖かく″をモットーに和歌山県の小児医療に取り組んでいます。

ようこそ、和歌山県立医科大学小児科学教室のホームページへ。



この度、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方とご家族・関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の終息と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

和歌山県立医科大学小児科学教室は、和歌山県の小児の専門医療を担っています。超未熟児などを治療する新生児グループ、川崎病、先天性心疾患を治療する心臓グループ、白血病や固形腫瘍に対して、骨髄移植を含めた治療を行う血液グループ、各種腎疾患の診断治療と、研究を行う腎臓グループ、難治性てんかんから摂食障害などの思春期治療まで幅広く診療を行う神経グループの5つの専門グループに分かれ、それぞれ専門医が治療にあたっています。

informationお知らせ

  • 第187回日本小児科学会和歌山地方会のお知らせ【Web開催(Zoom使用)】

    日時:2021年2月20日(土)14:00〜

    特別講演を視聴の場合は、日本小児科学会専門医更新単位( ii 専門医共通講習:医療倫理講習会)を取得できます。

    特別講演「日本での出生前検査の歴史と現状」
     山中 美智子 先生(聖路加国際病院 女性総合診療部/遺伝診療部)

    特別講演をご視聴いただくだけでは、単位の認定対象にはなりません。事後に行われる確認テストを受講いただきます。当日の流れの説明及び接続環境等について詳細は、2月上旬にお知らせいたします。(2021年2月1日)
  • 記者発表のお知らせ

    発表日時:2019年3月29日 14:00〜14:30
    場所:和歌山県立医科大学 生涯研修センター研修室(図書館棟3階)
    発表者:和歌山県立医科大学医学部小児科学講座 教授 鈴木 啓之
                           講師 武内 崇
                           助教 末永 智弘
                           助教 垣本 信幸
    小児後天性心臓病の最大原因である川崎病の新たな治療法を開発!
    〜ゲノム医学研究の結果から着想、小児に負担が少なくより効果的な治療が可能に〜

    (2019年3月29日)
  • 新専門医制度研修プログラムのお知らせ

    日本専門医機構理事会で、二次審査の結果を待たずに来年度の専門研修プログラムの内容等を公表することが承認されましたので、2019年度から開始予定の新専門医制度研プログラムを公表しました。 公表されている専門研修プログラムは学会による一次審査を通過したものであり、機構による二次審査の結果、修正・変更がありうることをご承知おきください。 (2018年6月20日)
  • ホームページリニューアルのお知らせ

    和歌山県立医科大学小児科学教室のホームページをリニューアルしました。(2017年5月1日)

和歌山県立医科大学
小児科学教室
和歌山県立医科大学小児科学教室

〒641-8509
和歌山市紀三井寺811-1
TEL 073-447-2300(代表)