現在表示しているページ
ホーム > 特定行為研修
ここから本文です

特定行為研修

和歌山県立医科大学は看護師の特定行為研修指定研修機関です

2017年4月より、看護師特定行為研修を開始しました

2021年2月16日
令和2年度看護師特定行為研修フォーラムをオンデマンド方式で開催します
2020年8月20日
特定行為研修の指導者講習会のお知らせと申込について
2020年8月6日
【特定行為研修オンラインオープンキャンパスの開催】
令和2年9月25日(金)に、本学の看護師特定行為研修のオープンキャンパスを、オンラインで実施します。受講をお考えの方はぜひご参加ください。
詳細はこちら
2019年12月5日
【重要:特定行為研修第5期生の募集について】
令和元年12月9日(月)~12日(金)の期間で、特定行為研修第5期受講生の2次募集を開始します。
詳細・募集要項はこちら
2019年9月18日
令和元年度看護師特定行為研修フォーラムを開催します。今年度は計3回のフォーラム開催を予定しております。
第1回の内容はこちらをご確認ください。
2018年11月27日
【2次募集を開始します】2019年4月開講の2次募集を開始しました。こちらからご確認いただけます
2018年10月9日
【第1回フォーラム】本学特定行為研修の第1回フォーラムを11月27日(火)17時~開催します
案内はこちらからご確認ください
2018年10月9日
【2019年4月開講】次期開講の募集要項を公開ました。こちらからご確認いただけます

研修概要

特定行為研修の目的

特定行為に関する専門的な知識と技能を修得し、患者にとってより安全で質の高い医療を医療現場で提供するための看護師を養成する。

特定行為研修の教育目標

特定行為を施行する際に基礎となる知識を習得するとともに、実践に基づいた技能の修得を行い、患者の安全に根ざした質の高い医療を実践するための能力を育成する。

研修内容

本学で研修を実施している特定行為区分・行為

呼吸器(気道確保に係るもの)関連
経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整
呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
気管カニューレの交換
栄養に係るカテーテル管理(中心静脈カテーテル管理)関連
中心静脈カテーテルの抜去
栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連
末梢留置型中心静脈注射用カテーテルの挿入
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
脱水症状に対する輸液による補正
血糖コントロールに係る薬剤投与関連
インスリン投与量の調整
創傷管理関連
褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去
創傷に対する陰圧閉鎖療法

領域別パッケージ

在宅・慢性期領域
気管カニューレの交換
胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテル又は胃ろうボタンの交換
褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去
脱水症状に対する輸液による補正

特定行為区分「ろう孔管理関連」については開講していません。
在宅・慢性期領域パッケージを受講される場合に限り、行為「胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテル又は胃ろうボタンの交換」が受講可能です。

2020年度の募集要項はこちら

研修の進み方

放送大学のオンライン授業を利用した自宅学習と、和歌山県立医科大学での授業を組み合わせ、コースを進めていきます。

STEP.1 共通科目の受講

(放送大学での講義・演習)、(和歌山県立医大での実習)

STEP.2 共通科目の単位認定

(小テスト・最終テスト60点以上)、(観察評価60点以上)

STEP.3 区分別科目の受講

(和歌山県立医大での講義・演習・実習)

STEP.4 各区分別科目の単位認定

(筆記試験・観察評価・実技試験実習が60点以上)

STEP.5 修了認定

(特定行為研修管理委員会における最終判定)

本学の特定行為研修の特色

共通科目は放送大学のオンライン授業で
医科大学ならではの設備が充実
受講生に合わせた実習日程
受講中の相談も当センターに気軽にできる
メーリングリストの利用で受講生同士の情報交換がスムーズに

受講者の声