がん診療連携協議会とは

Home > 和歌山県がん診療連携協議会について

和歌山県がん診療連携協議会について

和歌山県がん診療連携協議会は、当院を含む和歌山県内の11の医療機関、和歌山県医師会、和歌山県病院協会、和歌山県などで構成されています。

協議会では、次のことを審議しています。

  1. 県内のがん診療の連携協力体制及び相談支援の提供体制その他のがん医療に関する情報交換に関すること。
  2. 県内の院内がん登録のデータの分析・評価等に関すること。
  3. 県内のがん診療連携拠点病院等への診療支援を行う医師の派遣調整に関すること。
  4. 県内のがん診療連携拠点病院等が作成している地域連携クリティカルパスの一覧の作成・共有に関すること。
  5. がんの種類ごとに県内のセカンドオピニオンを提示する体制を有するがん診療連携拠点病院を含む医療機関の一覧の作成・共有及び広報に関すること。
  6. 県内のがん診療連携拠点病院等が実施するがん医療に携わる医師及び医師以外の医療従事者を対象とした緩和ケアに関する研修その他各種研修の計画作成に関すること。
  7. その他、がん診療連携に関すること。

また、上記審議事項について詳細な検討を行うため、地域連携・相談支援部会、がん登録部会、緩和ケア・研修教育部会、化学療法部会を設置し、地域連携クリティカルパスの作成や各種研修会などを開催しています。
これらの活動により、和歌山県内のがん診療連携体制の強化と、がん医療の均てん化を図ることを目標としています。