現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 医学部 > 医学部 各教室一覧 > 内科学第三講座
ここから本文です

内科学第三講座

教室概要

内科学第三講座は1971年に開講し、呼吸器、肝臓、腎臓、脂質を専門領域に診療と研究に携わってきましたが、近年の高まる専門性への要求から、現在は呼吸器に特化し、県下の診療の中心として、また医学教育、医学研究に貢献しています。

当講座は呼吸器学会、呼吸器内視鏡学会、アレルギー学会の指導医、専門医を揃え、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患 (COPD)、肺癌などを含む呼吸器疾患全般についての最新の診断や治療を行うだけではなく、呼吸器専門医教育、育成、研究にも力を注いでいます。呼吸器疾患の中でも有病率が高いCOPDや気管支喘息の診断や治療は特に精力的に行っており、外来に気道過敏性測定装置、精密呼吸機能測定装置、スパイログラムを設置し、スタッフが直接呼吸機能を評価する体制を整えています。また気管支喘息の重要な病態である気道炎症を患者に負担なく測定できる呼気一酸化窒素濃度測定装置も臨床応用しています。さらにCOPD患者のADLの向上を目的に、薬物療法のみならず運動耐容能の評価および呼吸リハビリテーションも積極的におこなっています。また肺癌は、呼吸器外科、放射線科と定期カンファレンスをもち、集学的な診断治療をおこなっており、進行がん患者に対しては、緩和ケア部と連携しながら疼痛や呼吸困難など様々な症状の緩和医療に携わっています。これまでの呼吸器疾患の総新患数は延べ6000人を超えており、内訳は気管支喘息1000例、COPD700例、間質性肺炎300例、肺癌600例などであり、気管支鏡検査は年間約200件実施しています。呼吸器疾患の疫学調査、各種研究会・講演会を通じた県民および県内医療従事者への啓蒙活動も積極的におこなっています。

教育概要 (前期臨床研修、後期臨床研修、大学院などについて)

前期臨床研修(卒後1~2年次)の場合、認定内科医の資格を取得するために経験が必要と思われる領域での研修ローテーションを行ないます。呼吸器の専門医を目指す場合には、関連領域での研修スケジュールについて相談することが可能です。指導医とともに入院患者様の主治医となり基本的な臨床技能を学ぶことが主たる研修の目的ですが、希望者については呼吸機能検査、気道過敏性検査、気管支鏡などの検査手技や呼吸器疾患の専門的な治療についても修得を開始することができます。後期臨床研修(卒後3~4年次)からは専門医を目指して研修することになります。原則として3年次は当科での臨床研修、4年次は当科または関連病院での臨床研修を行います。後期臨床研修では、内科認定医に加え、呼吸器学会、アレルギー学会、呼吸器内視鏡学会などの専門医、指導医の取得を目標にします。後期臨床研修からは入院患者様の主治医として診療を担当しますが、当科はチーム診療制をとっておりより多くの疾患に関わり、豊富な臨床経験ができるよう配慮されています。後期臨床研修では、呼吸機能検査、気管支鏡、気道過敏性検査、終夜ポリソムノグラフィーなどの検査手技やCT、レントゲンなどの画像診断能力を修得するだけではなく、気管支喘息、COPD、肺癌、呼吸器感染症、間質性肺炎などの診断や治療についても習熟し、実践していただくことが目標になります。

大学院生は入学後4年間で学位の取得が可能です。1年次は病棟臨床研修を兼務しながら研究分野を決定し、研究を開始します。2~4年次は学位取得のための基礎または臨床研究に専念し、学位作成を行なっています。通常は4年間の大学院過程ですが、良い研究業績があげられた場合には3年間での卒業も可能です。

スタッフ紹介(2017年5月現在)

役職 氏名 学会認定
教授 山本 信之  日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
病院教授
准教授
上田 弘樹 日本肝臓学会肝臓専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本臨床がん治療認定医機構がん治療認定医・教育医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本緩和医療学会SHARE-CST認定ファシリテーター
准教授 中西 正典 日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医
日本内科学会認定内科医
准教授 洪 泰浩  
講師 赤松 啓一郎 日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
日本禁煙科学会認定禁煙支援医
助教 徳留 なほみ 日本外科学会認定登録医
日本乳癌学会専門医(内科系)
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
Tumor Specific Professional Panel
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
マンモグラフィ読影資格 A
助教 赤松 弘朗 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
助教 早田 敦志 日本内科学会認定内科医
助教  金井 一修 日本内科学会認定内科医
学内助教 寺岡 俊輔 日本内科学会認定内科医
学内助教 杉本 武哉  
学内助教 村上 恵理子  
学内助教 奥田 有香  
学内助教 古田 勝之  
学内助教 村上 裕亮  
非常勤医師 下野 千草 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本核医学会PET核医学認定医
マンモグラフィ読影認定医(A)

研究概要と業績

臨床研究はCOPDと気管支喘息を中心に行なっています。COPDは従来、治療効果の乏しい疾患と認識されていましたが、現在は"防ぐことが可能で、治療しうる疾患"と考えられています。COPDに対しては薬物療法と呼吸リハビリテーションを組み合わせた積極的治療効果の検討や、呼吸機能低下の早い症例の病態解明、気道炎症や病態を反映するバイオマーカーの開発(気道の表面を覆う、気道被覆液の分析など)等の研究を行なっています。気管支喘息の基本病態で主たる治療標的となるのは気道過敏性と気道炎症ですが、これらの評価を非侵襲的に繰り返し行うことは困難でありました。気管支喘息に対しては、気道過敏性検査に代用できる過敏性の生理学的指標の検索や、呼気凝縮液(安静換気時の呼気を冷却凝縮し採取したもの)や呼気一酸化窒素濃度測定を用いた非侵襲的な方法で気道炎症を評価し、治療に応用する研究を日本で先駆けて行なっています。

基礎的研究としては、誘発喀痰、呼気凝縮液、気道被覆液、血清マーカーなど多彩な臨床検体を用いCOPDや喘息の病態解明のために炎症関連物質の測定、酸化・窒素化ストレスの定量評価、炎症の遷延や進展に関わる細胞内シグナル伝達機序の検討などを行なっています。特にCOPDや喘息の病態生理において、死亡や入院に結びつく増悪機序や難治化に繋がる気道リモデリングのメカニズムは明らかにされておらず、解明が必要な重要な課題であります。当科では気道上皮細胞や線維芽細胞などの培養細胞とウィルス感染刺激や酸化・窒素化ストレス刺激を組み合わせた基礎的検討を行なうことにより、これらの将来的課題に対しても検討を進めています。

最近の原著論文

  1. Tanaka A, Akamatsu H, Kawabata H, Ariyasu H, Nakamura Y, Yamamoto N: Peripheral pulmonary carcinoid tumor diagnosed by endobronchial ultrasound guided bronchoscopy. Respirol Case Rep 4(1): 10-12, 2016
  2. Chu D, Paoletti C, Gersch C, VanDenBerg D, Zabransky D, Cochran R, Wong HY, Valda Toro P, Cidado J, Croessmann S, Erlanger B, Cravero K, Kyker-Snowman K, Button B, Parsons H, Dalton WB, Gillani R, Medford A, Aung K, Tokudome N, Chinnaiyan A, Schott AF, Robinson DR, Jacks K, Lauring J, Hurley PJ, Hayes DF, Rae JM, Park BH: ESR1 mutations in circulating plasma tumor DNA from metastatic breast cancer patients. Clin Cancer Res 22(4): 993-999, 2016
  3. Imai H, Murakami H, Yoshino R, Mori K, Sumita K, Ono A, Akamatsu H, Taira T, Kenmotsu H, Harada H, Naito T, Kaira K, Tomizawa Y, Ohde Y, Matsuura M, Endo M, Saito R, Nakajima T, Takahashi T: Comparison of the efficacy of radiotherapy between postoperative mediastinal lymph node recurrence and stage Ⅲ disease in non-small cell lung cancer patients. J BUON 21(2): 333-340, 2016
  4. Takahama T, Sakai K, Takeda M, Azuma K, Hida T, Hirabayashi M, Oguri T, Tanaka H, Ebi N, Sawa T, Bessho A, Tachihara M, Akamatsu H, Bandoh S, Himeji D, Ohira T, Shimokawa M, Nakanishi Y, Nakagawa K, Nishio K: Detection of the T790M mutation of EGFR in plasma of advanced non-small cell lung cancer patients with acquired resistance to tyrosine kinase inhibitors (West Japan oncology group 8014LTR study).  Oncotarget 7(36): 58492-58499, 2016
  5. Hayata A, Minakata Y, Matsunaga K, Nakanishi M, Yamamoto N: Differences in physical activity according to mMRC grade in patients with COPD. Int J Chron Obstruct Pulmon Dis 11: 2203-2208, 2016
  6. Paoletti C, Larios JM, Muñiz MC, Aung K, Cannell EM, Darga EP, Kidwell KM, Thomas DG, Tokudome N, Brown ME, Connelly MC, Chianese DA, Schott AF, Henry NL, Rae JM, Hayes DF: Heterogeneous estrogen receptor expression in circulating tumor cells suggests diverse mechanisms of fulvestrant resistance. Mol Oncol 10(7):1078-1085, 2016
  7. Sawada T, Watanabe M, Fujimura Y, Yagishita S, Shimoyama T, Maeda Y, Kanda S, Yunokawa M, Tamura K, Tamura T, Minami H, Koh Y, Koizumi F: A sensitive cytometry based system for enumeration, capture and analysis of gene mutations of circulating tumor cells. Cancer Sci 107(3): 307-314, 2016
  8. Kawaguchi T, Koh Y, Ando M, Ito N, Takeo S, Adachi H, Tagawa T, Kakegawa S, Yamashita M, Kataoka K, Ichinose Y, Takeuchi Y, Serizawa M, Tamiya A, Shimizu S, Yoshimoto N, Kubo A, Isa S, Saka H, Matsumura A:  Prospective analysis on oncogenic driver mutations and environmental factors: Japan Molecular Epidemiology for lung cancer study (JME). J Clin Oncol 34(19): 2247-2257, 2016
  9. Kikuchi T, Akamatsu H, Mori K, Tanaka A, Kanai K, Hayata A, Tokudome N, Akamatsu K, Koh Y, Nakanishi M, Ueda H, Yamamoto N: Applicability of the Japanese equation for estimating glomerular filtration rate in patients with advanced-stage thoracic cancer. Respir Investig 54(6): 479-483, 2016
  10. Ono A, Murakami H, Serizawa M, Wakuda K, Kenmotsu H, Naito T, Taira T, Koh Y, Ohde Y, Nakajima T, Endo M, Takahashi T: Drastic initial response and subsequent response to two ALK inhibitors in a patient with a highly aggressive ALK-rearranged inflammatory myofibroblastic tumor arising in the pleural cavity. Lung Cancer 99: 151-154, 2016
  11. Ko R, Kenmotsu H, Serizawa M, Koh Y, Wakuda K, Ono A, Taira T, Naito T, Murakami H, Isaka M, Endo M, Nakajima T, Ohde Y, Yamamoto N, Takahashi K, Takahashi T: Frequency of EGFR T790M mutation and multimutational profiles of rebiopsy samples from non-small cell lung cancer developing acquired resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors in Japanese patients. BMC Cancer 16(1): 864, 2016
  12. Inoue A, Yoshida K, Morita S, Imamura F, Seto T, Okamoto I, Nakagawa K, Yamamoto N, Muto S, Fukuoka M: Characteristics and overall survival of EGFR mutation-positive non-small cell lung cancer treated with EGFR tyrosine kinase inhibitors: a retrospective analysis for 1660 Japanese patients. Jpn J Clin Oncol 46(5): 462-467, 2016
  13. Schuler M, Wu YL, Hirsh V, O’Byrne K, Yamamoto N, Mok T, Popat S, Sequist LV, Massey D, Zazulina V, Yang JC: First-Line Afatinib versus Chemotherapy in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer and Common Epidermal Growth Factor Receptor Gene Mutations and Brain Metastases. J Thorac Oncol 11(3):380-390 2016
  14. Sekine I, Sumi M, Satouchi M, Tsujino K, Nishio M, Kozuka T, Niho S, Nihei K, Yamamoto N, Harada H, Ishikura S, Tamura T: Feasibility study of chemoradiotherapy followed by amrubicin and cisplatin for limited-disease small cell lung cancer. Cancer Sci 107(3): 315-319, 2016
  15. Ryuge S, Masuda N, Yamamoto N, Takahashi T, Murakami H, Takeda H, Daga H, Yonesaka K, Tsukuda H, Nakagawa K, Tanaka K, Kiura K,  Takigawa N, Hida T, Seto T, Yokoba M, Kudoh S, Takagaki T, Shono K, Kitagawa H, Kurihara T, Fukuoka M: Phramacokinetics of amrubicin in cancer patients with inpaired hepatic function. Cancer Treatment and Research Communications 9: 81-87, 2016
  16. Azuma K, Hirashima T, Yamamoto N, Okamoto I, Takahashi T, Nishio M, Hirata T, Kubota K, Kasahara K, Hida T, Yoshioka H, Nakanishi K, Akinaga S, Nishio K, Mitsudomi T, Nakagawa K: Phase II study of erlotinib plus tivantinib (ARQ 197) in patients with locally advanced or metastatic EGFR mutation-positive non-small-cell lung cancer just after progression on EGFR-TKI, gefitinib or erlotinib. ESMO Open 1(4): e000063, 2016
  17. Nosaki K, Satouch M, Kurata T, Yoshida T, Okamoto I, Katakami N, Imamura F, Tanaka K, Yamane Y, Yamamoto N, Kato T, Kiura K, Saka H, Yoshioka H, Watanabe K, Mizuno K, Seto T: Re-biopsy status among non-small cell lung cancer patients in Japan: A retrospective study. Lung Cancer 101: 1-8, 2016
  18. Goto K, Endo M, Kusumoto M, Yamamoto N, Ohe Y, Shimizu A, Fukuoka M: Bevacizumab for non‐small‐cell lung cancer: A nested case control study of risk factors for hemoptysis. Cancer Sci 107(12): 1837-1842, 2016
  19. Yoh K, Hosomi Y, Kasahara K, Yamada K, Takahashi T, Yamamoto N, Nishio M, Ohe Y, Koue T, Nakamura T, Enatsu S, Lee P, Ferry D, Tamura T, Nakagawa K: A randomized, double-blind, phase II study of ramucirumab plus docetaxel vs placebo plus docetaxel in Japanese patients with stage IV non-small cell lung cancer after disease progression on platinum-based therapy. Lung Cancer 99: 186-193, 2016
  20. Atagi S​‌, Goto K​‌, Seto T​‌, Yamamoto N​‌, Tamura T​‌, Tajima K​‌, Inagaki N​‌: Erlotinib for Japanese patients with activating EGFR mutation-positive non-small-cell lung cancer: combined analyses from two Phase II studies. Future Oncol 12(18): 2117-2126, 2016

関連リンク