現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 医学部 > 医学部 各教室一覧 > 公衆衛生学講座
ここから本文です

公衆衛生学講座

教室概要

公衆衛生学教室は、1974年に岩田弘敏先生が教授として着任され、振動障害をはじめとして幅広く健康問題の調査研究が行われました。

その後1985年より橋本勉教授(現名誉教授)が着任され、和歌山県内の地域コホートにおける循環器疾患や骨粗鬆症などの発症要因の疫学研究に取り組んで来られました。2002年に竹下達也が教授として着任し、地域および職域における生活習慣病の遺伝・環境要因の解析研究、および予防・健康増進、に取り組んでいます。

教育概要

医学部教育としては、医学科4年生の衛生学・公衆衛生学、衛生学・公衆衛生学実習、3年生の基礎配属、1年生の医学入門の一部を担当しています。衛生学・公衆衛生学の中では、衛生学教室と分担して、とくに疫学、成人・老人保健、地域保健、感染症予防、医療保険・医療制度などを担当しています。
また大学院教育としては、社会・予防医学概論、および医科学研究方法論の一部を担当しています。

スタッフ紹介

役職 氏名 専門分野
教授 竹下 達也 生活習慣病発症における遺伝・環境要因交互作用の解析、職域・地域集団の健康管理と健康増進
准教授 牟礼 佳苗 分子予防医学(遺伝子多型・発現解析、培養細胞を用いた作用機序解明、バイオマーカー開発)
講師 西尾 信宏 エネルギー摂取と老化、医療職の健康
助教 島袋 美絵 遺伝子多型解析
非常勤講師 坂田 清美(岩手医科大学医学部教授)
戸田 雅裕(ノートルダム清心女子大学教授)
野尻 孝子(和歌山県福祉保健部健康局長)
松浦 英夫(和歌山市健康局健康推進部総務企画課長)
森岡 聖次(博愛茨木病院内科医長)
吉村 典子(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター特任准教授)
博士研究員 杉田 潔、松本富夫
主査 桑原 優子

大学院生(修士課程・博士課程)を募集しています。

ご遠慮なく、お問い合わせください。
連絡先:竹下 (ttakeshi@wakayama-med.ac.jp)、 牟礼(kana@wakayama-med.ac.jp)

研究概要・業績

  • 研究概要
  • 業績

当教室では、生活習慣病の予防、健康増進に向けて、様々な健康指標、疾病発症に関わる要因の解析を行っています。現教授の竹下は、職域や地域の対象者のご協力を得て、アルコール代謝酵素であるアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)およびアルコール脱水素酵素(ADH1B)の遺伝素因、飲酒行動と、アルコール関連健康指標との関連性を明らかにしてきました。引き続き、この遺伝子型の健康増進における活用についても検討を行っています。

また、「個別化予防法の開発」を目的に、下記の研究を行っています。

  1. 生活習慣病関連健康指標に関わる遺伝・環境要因の解析
    保健看護学部の研究チームとともに、和歌山県のいくつかの町村の住民を対象として、動脈硬化や軽度認知障害などの生活習慣病に関わる遺伝・環境要因に関する解析を行っています。現在までに、およそ3500人の住民のデータが蓄積してきています。遺伝要因としては、ADH1B、ALDH2や、肥満・メタボリックシンドローム・動脈硬化に関連する多くの遺伝子多型について解析を行っています。これらの遺伝子多型と健康指標との関連の解析をもとに、リスクの高い個人を抽出して詳細に関連する要因について解析し、さらに培養細胞を用いて詳細な機構解明を行うことで、新規バイオマーカーおよび個別化予防法の開発を目指しています。
  2. 健康と栄養の関連についての分子レベルでの解析
    近年、特定の栄養素・食品由来物質が、がんや心疾患等の疾患に対して予防効果があることが注目されています。栄養素の効果が遺伝子多型により異なる「ニュートリジェネティクス」と、遺伝子発現が栄養素により影響を受ける「ニュートリジェノミクス」の2つの概念に着目し、個別化予防法に応用することを目指しています。
  3. 大腸腫瘍患者へのアスピリンによる発がん予防大規模臨床試験 (J-CAPP StudyII)
    京都府立医科大学分子標的癌予防医学講座特任教授の石川秀樹先生を研究代表者とする 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)革新的がん医療実用化研究事業の「がん化学予防薬の実用化をめざした大規模臨床研究」研究班(2014年~)において、アスピリンによる大腸腫瘍発症予防に関与する遺伝子の解析を担当しています。

主要な業績

  1. Mure K, Yoshimura N, Hashimoto M, Muraki S, Oka H, Tanaka S, Kawaguchi H, Nakamura K, Akune T, and Takeshita T. Urinary 8-iso-prostaglandin F2a as a marker of metabolic risks in the general Japanese population: The ROAD study. Obesity 23:1517-1524, 2015. doi:10.1002/oby.21130
  2. Yoshimasu K, Mure K, Hashimoto M, Takemura S, Tsuno K, Hayashida M, Kinoshita K, Takeshita T, and Miyashita K. Genetic Alcohol Sensitivity regulated by ALDH2 and ADH1B Polymorphisms as Indicator of Mental Disorders in Japanese Employees. Alcohol Alcohol 50:39-45, 2015.
  3. Yoshimasu K, Mure K, Hashimoto M, Takemura S, Tsuno K, Hayashida M, Kinoshita K, Takeshita T, and Miyashita K. Genetic alcohol sensitivity regulated by ALDH2 and ADH1B polymorphisms is strongly associated with depression and anxiety in Japanese employees Drug Alcohol Depend 147:130-136, 2015.
  4. Takahashi M, Miyai N, Nagano S, Utsumi M, Oka M, Yamamoto M, Shiba M, Uematsu Y, Nishimura Y, Takeshita T, and Arita M. Orthostatic blood pressure changes and subclinical markers of atherosclerosis. Am J Hypertension 28:1134-1140, 2015.
  5. Shiotani A, Ishikawa H, Mutoh M, Takeshita T, Nakamura T, Morimoto K, Sakai T, Wakabayashi K, Matsuura N. Genetic Polymorphisms in ADH1B and ALDH2 are Associated with Colorectal Tumors in Japan: A Case-control Study. JCT 6:1054-1062, 2015.
  6. Maeda S, Mure K, Mugitani K, Watanabe Y, Iwane M, Mohara O, Takeshita T. Roles of the ALDH2 and ADH1B genotypes on the association between alcohol intake and serum adiponectin levels among Japanese male workers. Alcohol Clin Exp Res 38: 1559-1566, 2014.
  7. Takemura S, Yoshimasu K, Fukumoto J, Mure K, Nishio N, Kishida K, Yano F, Mitani T, Takeshita T, Miyashita K. Safety and adherence of Umezu polyphenols in the Japanese plum (Prunus mume) in a 12-week double-blind randomized placebo-controlled pilot trial to evaluate antihypertensive effects.Environ Health Prev Med 19:444–451, 2014.
  8. Mure K, Maeda S, Mukoubayashi C, Mugitani K, Iwane M, Kinoshita F, Mohara O, Takeshita T. Habitual coffee consumption inversely associated with metabolic syndrome-related biomarkers involving adiponectin. Nutrition 29: 982–987, 2013.
  9. Matsuura H, Mure K, Nishio N, Kitano N, Nagai N and Takeshita T. Relationship between coffee consumption and prevalence of metabolic syndrome among Japanese civil servants. J Epidemiol 22:160-166, 2012.
  10. 牟礼佳苗,竹下達也:植物由来物質による紫外線誘発細胞障害抑制効果について.EICA 15(2-3): 9-12, 2010
  11. 牟礼佳苗,竹下達也,森岡郁晴,有田幹雄:柿酢飲用による血中抗酸化能および尿中イソプロスタンレベルの変化. 日本衛生学雑誌 62:32-38, 2007
  12. King AA, Shaughnessy DT, Mure K, Ward WO, Umbach DM, Zongli X, Ducharme D, Taylor JA, DeMarini DM, Klein CB: Antimutagenicity and global gene expression of cinnamaldehyde and vanillin in human cells: Possible role of DNA damage and repair, Mutation Res 616:60-69, 2007.
  13. Yamada K, Takeshita T, Hirano K, Sakata K. Status of suicidal thoughts and related factors in workers. Wakayama Med Rep 47:7-14, 2007.
  14. 牟礼佳苗,竹下達也:動物およびヒト由来株化細胞を使った天然有機物質の突然変異抑制作用の評価.環境システム計測制御学会誌.10:61-65, 2005
  15. Nishida N, Tanaka M, Hayashi N, Nagata H, Takeshita T, Nakayama K, Morimoto K, Shizukuishi S: Association of ALDH2 genotypes and alcohol consumption with periodontitis. J Dent Res 83:161-5, 2004.
  16. Mure K, Uddin AN, Lopez, LC, Styblo, M, Rossman TG: Arsenite induces delayed mutagenesis and transformation in human osteosarcoma cells at extremely low concentrations. Environ Mol Mutagenesis 41:322-31, 2003.
  17. Narita M, Kitagawa K, Nagai Y, Hougaku H, Hashimoto H, Sakaguchi M, Yang X, Takeshita T, Morimoto K, Matsumoto M, Hori M: Effects of aldehyde dehydrogenase genotypes on carotid atherosclerosis. Ultrasound Med Biol 29:1415-9, 2003.
  18. Sobue, I., Takeshita, T., Maruyama, S., and Morimoto, K.: The effects of low Km aldehyde dehydrogenase (ALDH2) phenotype on drinking behavior in Japanese university students. J Stud Alcohol 63:527-30, 2002.