現在表示しているページ
ホーム > 入試・入学案内 > 新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生についての経済的支援
ここから本文です

新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生についての経済的支援

日本学生支援機構奨学金(在学採用)の申込期限延長等について

新型コロナウィルス感染症の国内経済や社会全体への影響等が日々深刻化している状況を受け、日本学生支援機構奨学金在学採用の申請期限が延長されましたので、追加募集します。
また、新型コロナウィルスの影響により家計が急変した方の採用については下記のとおりです。

1. 奨学金制度概要

高等教育の修学支援新制度【非課税世帯及びそれに準ずる世帯の方】

授業料・入学金の免除/減額 + 給付型奨学金の支給

※大学院生、助産学専攻科生、研究生、多浪生(3浪以上)、留学生、留年経験者は対象外です。

日本学生支援機構の貸与型奨学金【幅広い世帯の方】

第一種(無利子)奨学金及び第二種(有利子)奨学金による支援

第一種 月額2~5.1万円から選択
第二種 月額2~12万円から選択
※留学生、留年中の方は対象外です。

【在学採用の申込期限延長(①及び②)】

募集案内は下記リンクよりご覧ください。

同意書等の提出  6月5日(金)まで延長
スカラネット入力  6月19日(金)まで延長
(初回振込は8月を予定)

2. 家計急変世帯への対応

新型コロナウイルス感染症により影響を受けた世帯の方について、随時受け付けています。(①及び②)
家計急変後の所得見込で審査されます。申請を希望される方は、下記担当あてメールでご連絡ください。必要提出書類等についてご案内します。

高等教育の修学支援新制度(家計急変) ※事由発生日から3か月以内に申込要

  • 令和2年6月末までに申込のあった者については、申込日の属する月から支援が開始されます。
  • 「事由発生日」について、収入が減少した月の末日に加え、収入が減少した月の前月の末日とすることも可能となりました。
  • 入学前(進級前)の事由発生者について、申込期限が5月末から6月末に延長されました。

日本学生支援機構の貸与型奨学金(家計急変)

※対象となりそうかどうかは、進学資金シミュレーターで確認することができます。

3. 日本学生支援機構の問合先(奨学金制度全般)

日本学生支援機構奨学金相談センター 0570-666-301

前期授業料の減免制度(新制度外) ※本学独自制度

新型コロナウィルス感染症の影響により、募集期間を延長します。
詳しくは下記リンクよりご覧ください。

その他

新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて前期授業料の納付が困難な場合、出来る限り弾力的に対応しますのでご相談ください。

メール送付先

【医学部】

ogawa712#wakayama-med.ac.jp(#を@に変換してお送りください)
※送信の際は、必ず学内メールアドレス(d学籍番号@wakayama-med.ac.jp)を使用し、件名に用件を記載してください。

【保険看護学部】

rima#wakayama-med.ac.jp(#を@に変換してお送りください)
※送信の際は、必ず学内メールアドレス(n学籍番号@wakayama-med.ac.jp)を使用し、件名に用件を記載してください。