研修について | 和歌山県立医科大学 整形外科学講座

  • 和歌山県立医科大学附属病院
  • 和歌山県立医科大学

研修について

  • HOME
  • 学生・研修医の方へ
  • 研修について

和医大整形外科学講座での研修概要

和歌山県立医科大学整形外科後期研修プログラムについて

和歌山県立医科大学整形外科(以下、当科)では、2年間のスーパーローテートを修了された方が、さらなる整形外科の研鑽を積んで整形外科専門医となるため、4年間の後期研修プログラムを用意しています(注1)。この4年間は原則として症例数豊富な当科関連施設(注2)を1年ごとにローテートして頂きます。4年間で骨折・外傷50例、人工関節手術20例、脊椎手術20例、関節鏡視下手術20例、小児整形外科疾患(側弯症、CDH、内反足、大腿骨頭すべり症など)10例、骨軟部腫瘍10例などを主治医として治療し、手術の執刀を行うことを到達目標とします。また、研修期間中に主発表者として3回以上の学会発表および1編以上の論文執筆を行うことを義務としています。症例に偏りが生じる場合や、到達目標に及ばない可能性がある場合には、各施設の指導医と相談の上、次年度の研修施設の選定に反映させています。

後期研修を修了された方には、さらに整形外科の中のsubspecialtyを研鑽する機会が与えられます。整形外科には骨折・外傷のほか、脊椎脊髄外科、関節外科、手の外科、骨・軟部腫瘍、小児整形、スポーツ医学など運動器全般に及ぶ亜専門分野があります。これらを学問として研究するための博士課程大学院への進学が可能であるほか、手術手技を含む治療技術を学ぶために各分野における国内トップクラスの施設に留学することが可能です。また、当科は海外の施設との交流も盛んですので、最近では米国Cleveland Clinic(オハイオ州)Dartmouth大学(ニューハンプシャー州)、Emory大学(ジョージア州)、カリフォルニア大学サンディエゴ校(カリフォルニア州)などに留学生を派遣し、それぞれの施設で優れた研究実績を残しています。

当科には現在、大学に日本脊椎脊髄病学会認定指導医8名が在籍しており、同学会からクリニカルフェローシップ(注3)とアドバンスコース(注4)の施設認定を受けています。特に最近低侵襲手術としてトピックスである脊椎後方内視鏡手術では国内トップクラスの診療実績を誇っています。関節外科手術も低侵襲手術法をいち早く取りいれ、患者様のQOL早期改善に貢献しています。また、和歌山県立医科大学救命救急センターに常勤スタッフを派遣して、外傷を中心とする救急疾患の診療を行っています。骨・軟部腫瘍、小児整形、スポーツ医学についても大学ならびに関連施設に専門医を配置しておりますので、希望に応じて各分野の研鑽が可能です。

  • 注1.
    日本整形外科学会専門医の受験資格は学会入会後6年間の整形外科研修(2年間の卒後臨床研修期間を含む)です。つまり卒後7年目(和歌山県立医科大学整形外科後期研修プログラムの終了翌年)で専門医試験を受験することができます。日本整形外科学会では、卒後臨床研修期間中の先生のために研修会員という制度(研修会員年会費5000円、正会員年会費14000円)を設けています。最初の2年間は研修会員となり、その後退会の申し出がない場合は正会員へと移行する制度です。
  • 注2.
    和歌山県立医科大学整形外科の主要関連施設は次のとおりです。

    和歌山県立医科大学附属病院、和歌山県立医科大学紀北分院、愛徳医療福祉センター、海南医療センター、紀南病院、済生会有田病院、済生会和歌山病院、新宮市立医療センター、那賀病院、野上厚生病院、橋本市民病院、日高総合病院、和歌山ろうさい病院、南和歌山医療センター、角谷整形外科病院

  • 注3.
    日本整形外科学会専門医で脊椎脊髄外科研修を志望するにもかかわらず、その臨床の機会の少ない先生に研修の機会を与えるために設立された制度です。
  • 注4.
    脊椎脊髄外科を研修希望の日本脊椎脊髄病学会会員が、基本的には手術を含む手技を学ぶためのコースです。

研修内容の詳細(PDF)

整形外科見学について

見学を希望される方は、下記にご連絡ください。

  • 整形外科医局長:岩崎 博
    住所: 〒641-8510 和歌山市紀三井寺811-1
    和歌山県立医科大学整形外科学講座
    E-mail: orthoped@wakayama-med.ac.jp

研修医の声

出口剛士 先生

進路について迷われている研修医の先生方も多いのではないでしょうか。

初期研修の1年目にはすでに整形外科の道に進もうと決めました。
整形外科は悪性疾患よりも怪我や痛みを主に扱うことが多く、臨床実習、卒後臨床研修にて受け持ちした患者さんの症状が改善され満足していただけたと実感しました。患者さんの仕事やスポーツ、趣味等個々に応じたゴールを設定でき、患者さんの期待も大きくやりがいの感じられる領域であり、また患者さんのQOLに直結する機能再建外科である点に魅力を感じたことが大きな理由です。

臨床研修・初期研修の3ヶ月間と短い期間ではありましたが、整形外科をローテートしている際はもちろんのこと、他科をローテートしている際も整形外科の領域の幅広さを実感しました。
大学病院では脊椎チーム、関節チーム、班を一ヶ月間ずつローテートしました。診療チームが変わる度に学生時代ではほとんど学ぶことがなかったこと学ぶことが多く、興味が尽きることはありませんでした。

整形外科に興味がある方は、ぜひ一度、見学に来て下さい。

曽根勝真弓先生(女医の声)

整形外科には元々、力が要る大工さんのような仕事、というイメージがあるためか、他科に比べ女性はまだまだ少ないという現状があります。しかしながら、確かに体力、気力も必要ですが、整形外科の領域はいくつも科を集めたくらいの幅広さがあり、これから女性が活躍できる場がたくさんあると思います。

女性である前に医師、医師である前に人間ですが、やはり女性の患者様も多く、自分が女性だからこそ打ち明けてくださることもあります。

一見ダイナミックに見える手術でも、数mm単位の術前計画を行っており繊細です。 当科では、大学でしか学ぶことのできない3次救急や高度な治療だけでなく、関連病院との連携も強く1次、2次の治療も勉強、経験することが可能です。

各々の医師が活躍できるように学会発表の場を与えてくださったり、研究の指導等、教育意識の高い先生方にも恵まれています。 是非一度、見学に来てみてはいかがでしょうか?