夏の公開講座 2018

講演概要

1日目 8月4日(土曜日)

13:00 英詩を読もう英語教室 廣田麻子

13:00 英詩を読もう
 英語教室 廣田麻子

 みなさんとご一緒に読むシェイクスピアは、劇作家として有名ですが、詩人でもありました。『ソネット集』という恋愛詩集を書いています。とくに彼は比喩の名人でありました。比喩というのは、女性を花にたとえるように、物事の説明に、これと類似したものを借りて表現する修辞のことです。きょうはシェイクスピアの『ソネット集』から18番のソネットを読もうと思います。シェイクスピアは、愛する美しい人を何にたとえたと思いますか?

14:45 京大における原子核物理学研究の源泉 ~荒勝研究室の時代~物理学教室 牧野誠司

14:45 京大における原子核物理学研究の源泉 ~荒勝研究室の時代~
 物理学教室 牧野誠司

 京大における原子核物理学研究の源泉を、荒勝文策の足跡を 中心に辿ります。特に、荒勝グループによる太平洋戦争下での 研究と広島原爆調査、戦後のGHQによるサイクロトロン廃棄な どをもとに、科学と戦争・軍との関係について考えます。

2日目 8月5日(日曜日)

13:00 好みと価値の行動分析学心理学教室 石井拓

13:00 好みと価値の行動分析学
 心理学教室 石井拓

 人や動物の行動を研究する心理学は,動物が物事に対して感じる好みや価値を測り,それらが従う法則を徐々に明らかにしてきました.この講演では行動経済学の研究成果や,消費者行動を考える際の応用について紹介します.

14:45 粘菌から見える世界生物学教室 森田強

14:45 粘菌から見える世界
 生物学教室 森田強

 “粘菌”という生き物をご存知でしょうか? 和歌山出身の南方熊楠が精力的に研究したことでも有名ですが、動物でも植物でもないとてもユニークで魅力的な生き物です。今回は、粘菌がどのような生き物なのか、また粘菌の研究がとのように人の役に立っているのかをご紹介します。