現在表示しているページ
ホーム > 産官学連携 > 組織体制 > 知的財産権管理センター > ラボノート活用の推奨 > よくある質問
ここから本文です

知的財産権管理センター

よくある質問

Q1. ラボノートの意義を教えてください

A1. ラボノートには、以下のような意義があります。また、ラボノートには研究過程で生じるノウハウが記載されていますので、ラボノート自体も知的財産であると言えます。

  •  研究結果の記録
  •  アイデアの整理
  •  研究のプライオリティ(優先性)の証明
  •  研究成果の帰属や寄与度の証明
  •  発明者の特定
  •  研究成果の捏造や改ざんの防止

Q2. どのような形式のラボノートを使用すれば良いですか?

A2. 研究活動から生じる知的財産を有効に保護するためには、ラボノートが適切に作成・管理されたものであることを証明する必要がありますので、以下の条件を満たすラボノートの使用が推奨されます。

  • ページの通し番号がふられて差し替えができないもの
  • 記入者による署名・日付欄があるもの
  • 長期間の保存に耐える材質のもの

Q3. ラボノートの記載方法を教えてください

A3. ラボノートの証拠能力を確保するため、ラボノートの記載は以下の要領で行ってください。本学で配布しているラボノートには、表紙裏の見開きページ等に具体的な記載例が示されていますので、そちらも参照してください。

  • 記載には、ボールペン等の内容の改変が難しく、長期保存に適したものを使用する
  • 記録は研究・実験等を行った当日に行う
  • ラボノートはページ番号順に使用し、余白部分には斜線を引く
  • 第三者が追試できる程度に明確に記載し、略語や特別な単語には第三者がわかるような説明を記載する
  • 誤記は取り消し線を引き、修正日・署名を記載する
  • 後日訂正が必要な場合は、以前の記載を直接修正するのではなく、修正日のページに記載する
  • 他者との議論の内容や他者から提供されたアイデアについても、事実とは分けて記載する

Q4. ラボノートの管理方法を教えてください

A4. ラボノートの証拠能力を高めるためには、適切な管理が重要です。本学では、各教室の所属長にラボノートの管理を委任していますが、以下の要領を参照して、適切な管理を行ってください。

  • 保管期間は、特許等の出願があるものはその存続期間中(実用新案権は10年、特許権は20~30年)、それ以外は10年程度で廃棄が可能である
  • ラボノートはノウハウ等が記載された秘密情報であるため、秘密保持の観点から、各教室の施錠された所定の場所で保管することが望ましい
  • 教職員が異動する際も、秘密保持の観点から、ラボノートを教室に返還することが望ましい。この場合、異動する教職員はそのコピーを保持することが可能である