現在表示しているページ
ホーム > 職員採用 > 教員公募 > 総合周産期医療支援講座担当教員(助教)候補者の募集について
ここから本文です

総合周産期医療支援講座担当教員(助教)候補者の募集について(公募延長)

令和4年度に和歌山県からの寄附講座として総合周産期医療支援講座を設置しました。
本学の総合周産期母子医療センターの機能向上、県内産科医療体制の充実を目的としています。
和歌山県外から産科婦人科医師を公募し、寄附講座内に寄附講座教授、准教授、講師、助教の教員を最大4名配置します。産科・婦人科学講座スタッフの一員として、総合周産期母子医療センターの業務を行うと共に、周産期医療に関する研究、若手医師や学生の教育を担い、県内公立病院の支援(外勤等)も行います。必要に応じて婦人科診療(内視鏡手術等を含む)も行えます。
本学の教員と同等の給与・手当以外に、研究費として使用可能な和歌山県の「産科研究資金貸与制度」により500万が貸与され、2年以上勤務した場合返還は免除されます。また、寄附講座研究費・事務費も使用できます。

応募資格

1. 大学院博士・修士課程における教育・研究指導もしくは補助が担当できること。
2. 若手医師育成や学生教育に熱心な者
3. 本学附属病院においてチームとしての診療に従事でき、円滑な教室運営に協力できること
4. 地域貢献活動等に寄与できること

提出書類 (1)履歴書 1部(別紙様式1)記載例
(2)業績目録 1部(別紙様式2)記載例
(3)主要論文別刷 2編以内、コピー可 1部
(4)上記論文の解説文 1部(別紙様式3)
(5)これまでの研究内容と方向性 1部(別紙様式4)
(6)今後の抱負 1部(別紙様式5)
提出書類はすべてA4版にしてください
採用条件 (1)職名および人数  助教 若干名
(2)採用(予定)年月日 可及的早期
  応募者との相談により着任時期は調節可能
 ※任期5年以内(再任可)
提出期限 令和4年12月28日(水)
適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります。
提出先 〒641-8509 和歌山県和歌山市紀三井寺811-1
和歌山県立医科大学医学部産科婦人科学講座 教授 井箟 一彦 宛
(事務担当 八木重孝)
 Tel: 073-447-2300(内線5262) 073-441-0631(直通)
 E-mail: sanpu1@wakayama-med.ac.jp

(注)郵便は書留とし、封筒には「総合周産期医療支援講座教員(助教)公募書類 在中」と朱書き願います。書類選考をふまえて、ご来学のうえ面接させていただく場合もございます。また、面接時の交通費等は応募者の負担となります。なお、応募書類は返却いたしません。