現在表示しているページ
ホーム > 大学案内 > 広報 > 肝臓の再生に関する論文が掲載されました
ここから本文です

 

肝臓の再生に関する論文が掲載されました

掲載日 令和4年4月26日
筆頭著者 薬学部生物化学研究室 准教授 菱田 友昭

山中4因子 (Oct-3/4, Sox2, Klf4, Myc: 4F) を体細胞に発現させることにより、分化多能性を有する状態に「若返り」させ得ることが知られております。この現象はリプログラミング (初期化) と呼ばれています。近年、生体内で4Fを短期的に発現させることにより、老化を減弱させたり、骨格筋における再生を亢進させたりする報告がなされています。しかしながら4Fを生体内で発現させることにより、細胞レベルでどのような現象が起こるのかについては不明でした。本論文ではマウスの肝臓に4Fを発現させることにより、速やかに前駆細胞様細胞への「若返り」を誘導し、肝再生を亢進することを明らかにしました。また、その「若返り」に働く下流遺伝子 (Topoisomerase 2a: Top2a) を同定し、その下流遺伝子の重要性を示しました。これらの成果は老化や再生における革新的な治療薬創生に繋がることが期待されます。

本論文はソーク研究所のPress releaseでも取り上げられました。
https://www.salk.edu/news-release/cellular-regeneration-therapy-restores-damaged-liver-tissue-faster-than-ever/

Hishida T., Yamamoto M., Hishida-Nozaki Y., Shao C., Huang L., Wang C., Shojima K., Xue Y., Hang T., Shokhirev M., Memczak S., Sahu K. S., Hatanaka F., Rabadan Ros R., Maxwell B. M., Chavez L., Shao Y., Liao H.-K., Martinez-Redondo P., Guillen-Guillen I., Hernandez-Benitez R., Rodriguez Esteban C., Qu J., Holmes M., Yi F., Hickey D. R. Guillen Garcia P., Nuñez Delicado E., Castells A., Campistol M. J., Yu Y., Hargreaves C. D., Asai A., Reddy P., Liu G.-H., Izpisua Belmonte JC.1
In vivo partial cellular reprogramming enhances liver plasticity and regeneration
Cell Reports 39, 110730 (2022)

論文の詳細はこちらをご覧ください。