現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 保健看護学部 > 教員紹介 > 教員情報(丸岡 朋子)
ここから本文です

教員情報

氏名 丸岡 朋子 写真
所属 保健看護学部
連絡先 freburu@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目 教養セミナー、リハビリテーション看護論、慢性期看護論Ⅱ、高齢者の健康
早期体験実習、保健看護実習C、統合実習Ⅱ
主な研究テーマ ・女性の独居高齢者がもつ抑うつと主観的幸福感の関連性
・女性の独居高齢者の孤独・孤立防止に効果的な支援方法の検討
・後期高齢者の主観的健康度と孤独感、社会関連性との関連
・健診受診者の中年群と老年群の主観的健康と社会関連性の関係
研究分野 看護学(老年看護学)
略歴 2008年4月~ 2011年3月 和歌山県立医科大学附属病院 看護師として勤務
2011年4月~ 和歌山県立医科大学保健看護学部 助教として勤務
主な著書・論文 原著論文
1. 石谷朋子,西野 祐子, 上地 麻伊, 西出 佳世, 野瀬 あゆみ, 森岡 郁晴, 服部 園美(2011)看護学生が抱く「高齢者イメージ」.和歌山県立医科大学紀要(1880-1366),第7巻,35-39.
2. 石谷朋子,服部園美,水主千鶴子(2014):動脈硬化健診を受診した後期高齢者の主観的健康度と孤独感、社会関連性の実態ならびに主観的健康度に関連する要因.老年看護学,19 (1),72-80.
3. Hattori S, Miyai N, Maruoka T, Uematsu Y, Shiba M, Buyo M, Hayakawa H, Iwahara A, Utsumi M, Arita M, Miyashita K. (2018): Cross-Sectional Study on the Preventive Effects of Living Activities on Cognitive Function Decline in Community-Dwelling Elderly Individuals. J.Wakayama Med. Soc,69(1)36-45.
4. 服部園美,丸岡朋子,佐藤誠治,藤本由美子,宮井信行(2019):地域在住高齢者における生活行動と認知機能との関連-前期高齢者と後期高齢者の比較-.和歌山県立医科大学保健看護学部紀要,第12巻,9-19.
学位 学士(保健看護学)和歌山県立医科大学
修士(保健看護学)和歌山県立医科大学
受賞  
所属学会 和歌山県立医科大学保健看護学会、日本老年看護学会
社会貢献活動