現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 保健看護学部 > 教員紹介 > 教員情報(野々口 陽子)
ここから本文です

教員情報

氏名 野々口 陽子 写真
所属 保健看護学部
連絡先 nono@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目 人間理解と看護、ヘルスアセスメント、看護方法論Ⅰ(生活援助)、看護方法論Ⅱ(看護過程)、看護方法論Ⅲ(医療技術)、保健看護管理演習、基礎看護実習Ⅰ、基礎看護実習Ⅱ、統合実習Ⅱ、教養セミナー
主な研究テーマ 交代制勤務に従事する看護師の睡眠‐覚醒リズムに関する研究
研究分野 基礎看護学、看護教育学、健康心理学
略歴 1998年4月~2009年4月 第2岡本総合病院 看護師として勤務
2015年4月~2018年3月 同志社女子大学看護学部看護学科 実習助手
2018年4月~ 和歌山県立医科大学保健看護学部 助教
主な著書・論文 <著書>
1.野々口陽子:感染症・疾病対策/医療施設の種類と役割,日本健康心理学会編,健康心理学事典,丸善出版,2019.
<論文>
1.光木幸子,當目雅代,天野功士,小笠美春,田村沙織,野々口陽子,葉山有香:看護学生が臨床場面を観察する時のアセスメント力を視覚情報から可視化する試み,同志社看護,3,11-20,2018.
2.杉原百合子,三橋美和,小笠美春,川村晃右,天野功士,野々口陽子,田村沙織,續田尚美:看護学部における地域住民参画型教育の取組みと今後の課題―模擬患者の要請と看護OSCEへの参画支援を通して―,同志社看護,2,37-44,2016.
3.野々口陽子,濵田咲子,山野洋一,岩原昭彦,山田冨美雄:喫煙は看護師のインシデント発生を高めるか?,健康心理学研究,28(special issue),143-149,2016.
4.田中邦彦,福田早苗,重田淳悟,長見まき子,岡田明,倉恒大輔,田島世貴,中富康仁,野々口陽子,倉恒弘彦:馬介在療法のうつ病患者の睡眠・活動量・疲労への影響-予備的検討,日本疲労学会誌,10(2),39-44.
5.山野洋一,寺田衣里,濵田咲子,野々口陽子,山田冨美雄:看護師ストレッサー尺度の開発,大阪人間科学大学紀要,14,205-213.,2015.
6.寺田衣里,高橋隆宜,野々口陽子,山田冨美雄:歩行によるストレス緩和効果に及ぼす音楽の効用,大阪人間科学大学紀要,13,99-106,2014.
学位 修士(人間科学)
受賞  
所属学会 日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本健康心理学会、日本生理心理学会、日本睡眠環境学会
社会貢献活動