現在表示しているページ
ホーム > 学部・大学院等 > 保健看護学部 > 教員紹介 > 教員情報(前馬 理恵)
ここから本文です

教員情報

氏名 前馬 理恵 写真
所属 保健看護学部
連絡先 mail:r-maeuma@wakayama-med.ac.jp
主な担当科目 (学部)
教養セミナー、健康と看護、家族と看護、在宅看護論、保健看護研究Ⅱ、保健看護管理演習、早期体験実習、在宅看護実習、統合実習Ⅱ
(大学院)
在宅ケア看護学特論、在宅ケア看護学演習
主な研究テーマ 1.長期療養児の支援に関する研究
2.地域高齢者の孤立および独居高齢者の在宅支援に関する研究
3.在宅看護教育における実習の意義と効果
研究分野 地域看護、在宅看護
略歴 1981年5月~2004年3月 和歌山県保健師として勤務
2004年4月~現在     和歌山県立医科大学保健看護学部教員
主な著書・論文 <著書>
1.前馬理恵:5章公衆衛生活動のプロセス4節健康教育の意義と活用.平野かよ子、山田和子、曽根智史、守田孝恵編,ナーシング・グラフィカ公衆衛生.MCメディカ出版,2014・2019
2.前馬理恵:8地域看護・住民参加に関する活用できる理論.糸川嘉則総編,看護・介護・福祉の百科事典.朝倉書店,2009
3.前馬理恵:第3章思春期保健・思春期特有の健康課題.佐々木峰子、井伊久美子他3名編,保健師業務要覧第2版.日本看護協会出版会,2008     他
<論文>
1.前馬理恵,矢出装子,山田和子,石井敦子,岡本光代,谷野多見子:訪問看護ステーションにおける独居高齢者の看取りの現状と課題,日本看護学会論文集,48,29-32,2018.
2.前馬理恵:長期療養児の支援のあり方に関する研究,日本育療学会誌育療,59,26-33,2016.
3.Maeuma R,Masuda N:Support for Children under Long-Term Medical Treatment  during Transition to School.Bulletin of Health Sciences Kobe 30,77-96,2014.
4.前馬理恵,山田和子,石井敦子,岡本光代,土橋まどか,谷野多見子,内山薫:実習施設からみた地域看護実習の実態と今後の課題,和歌山県立医科大学保健看護学部紀要,7,51-59,2011.
5.前馬理恵,山田和子,石井敦子,岡本光代,、土橋まどか,谷野多見子,内山薫:地域看護学教育における家庭訪問の意義と効果,和歌山県立医科大学保健看護学部紀要,4,53-59,2008.
6.前馬理恵,山田和子,平尾恭子,石井敦子:自主化に向けたグループ支援の方法,和歌山県立医科大学保健看護学部紀要,3,43-49,2007.     他
学位 博士(保健学)神戸大学
受賞 2019年和歌山県ナース章
所属学会 日本在宅看護学会、日本在宅ケア学会、日本地域看護学会、日本家族看護学会、日本公衆衛生看護学会、日本小児保健学会、日本公衆衛生学会、日本医学看護学教育学会、日本看護研究学会 など
社会貢献活動 難病など長期療養児の患者・家族会への参加、和歌山県子育て支援研修協力、和歌山県看護協会研修協力、地域保健活動研究会を定期的に開催