初期研修プログラム

プログラムの特長

  1. 自由度が高い
    • 3か月ごとに研修医会議でローテート科を決定、変更可能。
      (研修中の変化に柔軟に対応)
    • 選択科目を1年目に研修することが可能。
    • 内科・外科・産婦人科・小児科研修は希望に合わせて院外研修が可能。
    • 世界最先端病院への海外研修が可能。
  2. プライマリー・ケア能力の飛躍的UP
    • 救命救急センターで1次救急から3次救急まで、多数の症例を経験できる。
    • 年間を通してのER当直研修を行っている。
    • 市民病院のような任務も兼ねている大学病院である。
  3. 大学病院ならではの全科サポート、恵まれた環境
    • 研修医は病院長直属・卒後臨床研修センター所属。
    • 各科垣根のない充実の指導医体制。
    • 診断から治療までの完結した研修。
    • 毎朝カンファレンスを開催し、研修医同士学ぶべき事象を共有。
    • CPC・講師を招いての講義なども開催。
    • 臨床技能研修センターで、手技の修得や実践のためのプログラムを随時実施。
    • 外国人指導医を招聘し、国際性を取り入れている。
    • 研修医が一同に集える卒後臨床研修センターを完備。
    • 各自の机・LAN完備。
    • 平成22年4月に『高度医療人育成センター』が完成し、卒後臨床研修センターも新しくなり、より一層充実。

研修医ローテート

具体例

例.研修医A
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年次 内科 外科 内科 救急
2年次 選択 神経精神科 産科婦人科 小児科 地域医療 選択
例.研修医B
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年次 内科 内科 内科

協力型臨床研修病院
(外科)

救急
2年次 選択 地域医療 小児科 産科婦人科 神経精神科
例.研修医C
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年次 内科 救急 麻酔科 小児科
2年次 地域医療 将来進みたい科

研修医全員、自分の希望に沿った独自の組み合わせが可能

トップに戻る

当院の研修協力機関

協力型臨床研修病院

名称 病院資料 研修内容
内科 外科 産婦人科 小児科
和歌山県立医科大学附属病院紀北分院    
和歌山労災病院
済生会和歌山病院    
海南医療センター      
公立那賀病院  
橋本市民病院
有田市立病院      
国保日高総合病院
社会保険紀南病院
南和歌山医療センター
新宮市立医療センター
済生会有田病院      
泉大津市民病院  
日本赤十字社和歌山医療センター
市立岸和田市民病院      
りんくう総合医療センター  
和歌山生協病院      

臨床研修協力施設

名称 病院資料 名称 病院資料
和歌山市保健所   御坊保健所  
橋本保健所   海南保健所  
岩出保健所   湯浅保健所  
国保すさみ病院 高野山総合診療所  
那智勝浦町立温泉病院 白浜はまゆう病院
松前町立松前病院   町立厚岸病院(北海道)  
大島郡医師会病院(鹿児島県)   沖縄県立八重山病院附属西表西部診療所(沖縄県)  
国立病院機構和歌山病院      

トップに戻る

基本研修科目

内科・外科は下記リストのどこからでも選択可能です。

必修科目

  • 内科 6ヶ月
  • 救急 3ヶ月
  • 地域保健・医療 1ヶ月

選択必修科目

外科、麻酔科、神経精神科、小児科、産科・婦人科から3ヶ月以上(2科目以上選択)

自由選択科目

27診療科全てで可能

内科

外科

救急

その他

トップに戻る