歯科医師研修プログラム

歯科口腔外科とは

診療科の特色

和歌山県立医科大学・医学部の中に存在する歯科口腔外科は歯学部の口腔外科とは異なり、口腔外科疾患に限定することなく、全身疾患を有した患者様の歯や口腔疾患の治療、機能回復を抜歯にはじまり歯科保存修復から義歯作成、顎義歯作成までの広い範囲の診療を行っており、また他科入院患者様についても周術期を主に口腔管理(口腔ケア)も国公立大学病院としては最初に開始し継続的に実施しております。

当科は地域医療機関の受け皿となるべく、第1次歯科医療機関として24時間体制で多岐にわたる疾患を有する患者様を受入れていますので、歯牙損傷から顎顔面外傷までの多岐にわたる疾患の救急救命処置にも関与させて頂いております。

また、和歌山県立医科大学独自システムとして卒後2年次を対象に麻酔科や救急部等をローテートするシステムがあります。

対象疾患

頭頚部・口腔腫瘍、顎顔面外傷、顎関節疾患、炎症、奇形、顎変形症、感染症、顎骨および軟組織に発生した嚢胞、睡眠時無呼吸症候群など

カンファレンス・抄読会

月曜日 8:00 ~ 8:30
17:00 ~ 18:00  
病棟回診
手術症例カンファレンス
月~金曜日 8:30 ~ モーニングカンファレンス
水曜日 7:30 ~ 8:00 医局・勉強会、抄読会
金曜日 17:00 ~ 病棟回診
毎月第三週 18:00 ~ 放射線科・歯科口腔外科 合同症例検討会

ローテート

一年次 歯科口腔外科外来、 一般歯科(6) 歯科口腔外科病棟(6)

※(カッコ内)は月数を表しています。例:(1)は1ヶ月を表します。

平成20年度研修プログラムによるローテーションの一例です。 実際には多くの組み合わせがあります。

臨床研修制度に関するサイト

トップに戻る