後期研修プログラム

新専門医制度について

新専門医制度が、平成30年4月より全国一斉にスタートすることになりました。
和歌山県立医科大学附属病院では、基本18領域の専門研修プログラムを提供します。豊富な臨床経験を持つ指導医の適切な指導の下で、多彩な症例と経験を積むことができます。
また、各基本領域に応じて、サブスペシャルティ領域についても引き続き研修ができ、大学院で学位取得も可能です。詳しくは、領域別の専門研修プログラムをご覧ください。

専攻医登録スケジュール

日本専門医機構から、専攻医登録スケジュールが下記のとおり示されました。

【専攻医一次登録】
平成29年10月10日 ~ 平成29年11月15日  一次登録期間
平成29年11月16日 ~ 平成29年11月30日  一次登録確認期間
平成29年12月 1日 ~ 平成29年12月14日  一次採用期間
平成29年12月15日                   一次採否結果通知

【専攻医二次登録】
平成29年12月16日 ~ 平成30年 1月15日  二次登録期間
平成30年 1月16日 ~ 平成30年 1月31日  二次登録確認期間
平成30年 2月 1日 ~ 平成30年 2月14日  二次採用期間
平成30年 2月15日                   二次採否結果通知

専門研修プログラム

基本領域

本学附属病院では、基本18領域(臨床検査除く)の専門医を取得することができます。
※一次審査を通過したプログラムを掲載しています。二次審査の過程により、内容が一部変更となる可能性があります。

社会医学系専門医制度

 一般社団法人 社会医学系専門医協会が運営する社会医学系専門医を取得することができます。

わかやま社会医学系研修プログラムnew! ←ダウンロード可能

プログラム概要
社会医学系専門医制度は個人へのアプローチにとどまらず、多様な集団、環境、社会システムへのアプローチを中心として、人々の健康の保持・増進、疾病の予防、リスク管理や社会制度運用に関してリーダーシップを発揮することにより社会に貢献する専門医を養成することを目的とし、もって、多世代・生涯にわたる健康面での安全、安心の確保と向上に寄与することを理念としています。
本プログラムの研修基幹施設および研修連携施設には、常勤として指導医が在籍しており、また、研修連携・協力施設での研修により、社会医学系専門研修のすべての領域にわたり、経験できる体制となっています。
専門研修では、基本プログラムによる学習を始め、「行政・地域」「産業・環境」「医療」の3つの分野について、3年間の研修を「行政機関」「職域機関」「医療機関」「教育・研究機関」の4つの実践現場で行い、8つのコア・コンピテンシー(基本的な臨床能力、分析評価能力、課題解決能力、コミュニケーション能力、パートナーシップの構築能力、教育・指導能力、研究推進と成果の還元能力、倫理的行動能力)を備えた社会医学系専門医となることを目指します。

トップに戻る