医療従事者研究者の方

業績集

原著(英文)

  • Ishida T, Donishi T, Iwatani J, Yamada S, Takahashi S, Ukai S, Shinosaki K, Terada M, Kaneoke Y: Interhemispheric disconnectivity in the sensorimotor network in bipolar disorder revealed by functional connectivity and diffusion tensor imaging analysis. Heliyon 3:e00335, 2017.
  • Satogami K, Takahashi S, Yamada S, Ukai S, Shinosaki K: Omega-3 fatty acids related to cognitive impairment in patients with schizophrenia. Schizophrenia Research: Cognition 9: 8-12, 2017.
  • Ishida T, Donishi T, Iwatani J, Yamada S, Takahashi S, Ukai S, Shinosaki K, Terada M, Kaneoke Y: Elucidating the aberrant brain regions in bipolar disorder using T1-weighted/T2-weighted magnetic resonance ratio images. Psychiatry Res. Neuroimaging 263: 76-84, 2017.
  • Sakamoto Y, Takahashi S, Yamamoto M, Minamimura R, Arida N, Ukai S, Shinosaki K: Efficacy of a rework program for sick leave due to depressive disorders. J Depress Anxiety 6: 264, 2017.
  • Iwatani J, Ishida T, Donishi T, Ukai S, Shinosaki K, Terada M, Kaneoke Y: Use of T1-weighted/T2-weighted magnetic resonance ratio images to elucidate changes in the schizophrenic brain. Brain Behav 5:e00399, 2015.
  • Ueyama T, Donishi T, Ukai S, Yamamoto Y, Ishida T, Tamagawa S, Hotomi M, Shinosaki K, Yamanaka N, Kaneoke Y: Alterations of regional cerebral blood flow in tinnitus patients as assessed using single-photon emission computed tomography. PLoS One 10:e0137291, 2015.
  • Yamada S, Takahashi S, Ukai S, Tsuji T, Iwatani J, Tsuda K, Kita A, Sakamoto Y, Yamamoto M, Terada M, Shinosaki K: Microstructural abnormalities in anterior callosal fibers and their relationship with cognitive function in major depressive disorder and bipolar disorder: a tract-specific analysis study. J Affect Disord 174:542-548, 2015.
  • Shoyama M, Takahashi S, Hashimoto T, Tsuji T, Ukai S, Shinosaki K: Short latency afferent inhibition in schizophrenia patients. ASEAN Journal of Psychiatry 14:126-133, 2013.
  • Ueyama T, Donishi T, Ukai S, Ikeda Y, Hotomi M, Yamanaka N, Shinosaki K, Terada M, Kaneoke Y: Brain regions responsible for tinnitus distress and loudness: a resting-state fMRI study. PLos One 8: e67778, 2013.
  • Takahashi S, Ukai S, Kose A, Hashimoto T, Iwatani J, Okumura M, Tsuji T, Shinosaki K: Reduction of cortical GABAergic inhibition correlates with working memory impairment in recent onset schizophrenia. Schizophr Res 146:238-243, 2013.
  • Kaneoke Y, Donishi T, Iwatani J, Ukai S, Shinosaki K, Terada M: Variance and autocorrelation of the spontaneous slow brain activity. PLos One 7: e38131, 2012.

症例報告(英文)

  • Satogami K, Takahashi S, Kose A, Shinosaki K: Schizophrenia-like symptoms in a patient with Leigh syndrome. Asian Journal of Psychiatry 25: 249-250, 2017.
  • Shoyama M, Ukai S, Shinosaki K: Evaluation of regional cerebral blood flow in a patient with atypical senile dementia with asymmetrical calcification. Psychogeriatrics15:272-276, 2015.
  • Takahashi S, Ukai S, Tsuji T, Ueyama T, Kono M, Yamanaka N, Shinosaki K: Reduction of cortical excitability and increase of thalamic activity in a low-frequency rTMS treatment for chronic tinnitus. Neurocase 21:339-344, 2015.
  • Takahashi S, Ukai S, Tsuji T, Kose A, Shoyama M, Yamamoto M, Okumura M, Shinosaki K: Cerebral blood flow in the subgenual anterior cingulate cortex and modulation of the mood-regulatory networks in a successful rTMS treatment for major depressive disorder. Neurocase 19:262-267, 2013.

著書(和文)

  • 辻富基美:今日の診断のために ガイドライン外来診療2017 【神経疾患】23.てんかん、pp552-554、日経メディカル開発、東京、2017.
  • 辻富基美:今日の診断のために ガイドライン診療2016 【神経疾患】25.てんかん、pp482-484、日経メディカル開発、東京、2016.
  • 鵜飼聡(分担翻訳):「若年発症の認知症」武田雅俊監修 認知症の緩和ケア、pp61-77、新興医学出版社、東京、2015.
  • 篠崎和弘(分担翻訳):武田雅俊監修 認知症の緩和ケア、新興医学出版社、東京、2015.
  • 篠崎和弘:和歌山医大精神科の創立と当時の和歌山県精神科医療、精神医学の潮流‐大阪大学精神医学教室120年の歩み−、pp377-383、新興医学出版、東京、2014.
  • 辻富基美、篠崎和弘:特殊な意識障害 通過症候群、脳とこころのプライマリケアvol.5 意識と睡眠、千葉茂(編集)、pp257-263、株式会社シナジー、東京、2012.

原著・総説(和文)

  • 高橋隼、鬼頭伸輔、中村元昭、篠崎和弘:うつ病に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)治療の意識アンケート調査、精神神経学雑誌 119:472-484, 2017.
  • 鵜飼聡、高橋隼、篠崎和弘:神経精神領域における反復経頭蓋磁気刺激:統合失調症を中心に、最新精神医学、21:131-137, 2016.
  • 鵜飼聡:rTMS(反復経頭蓋磁気刺激)によるうつ病治療の現況と課題、精神神経学雑誌、118:98-105, 2016.
  • 辻富基美:抗てんかん薬と精神科臨床Levetiracetam、精神科治療学 30:1021-1026, 2015.
  • 篠崎和弘:rTMSの国内導入における諸問題 : 科学的エビデンス、専門性、社会的責任の3つの視点から(特集 rTMSの国内導入の展望と課題 )、精神神経学雑誌 117:126-131, 2015.
  • 高橋隼、鵜飼聡、喜多彬、山田信一、正山勝、辻富基美、篠崎和弘:rTMS/NIRS同時測定による上側頭回−前頭葉の脳部位間結合性の評価、日本薬物脳波学会雑誌、16:23-28, 2015.
  • 喜多彬、辻富基美、鵜飼聡、篠崎和弘:当科に入院したてんかん患者の検討、大阪てんかん研究会雑誌、26:19-22, 2015.
  • 鵜飼聡、篠崎和弘:耳鳴(特集 精神耳鼻咽喉科学)、精神科、26:352-357, 2015.
  • 篠崎和弘、鵜飼聡、高橋隼:rTMSの一般臨床治療への導入、精神科治療学、30:71-74, 2015.
  • 鵜飼聡:精神生理・神経画像と統合失調症−グルタミン酸とGABAの関連から−、精神科、25:577-581, 2014.
  • 鵜飼聡、篠崎和弘:音楽性幻聴(特集1 認知症の幻覚妄想)、Dementia Japan、28:252-258, 2014.
  • 辻富基美:精神科医のためのてんかん入門連続講義 てんかんのある人と運転免許、精神科治療学 28:236-238,2013.
  • 篠崎和弘:巻頭言 思考実験、精神医学の未来、日本生物学的精神医学誌 24:177, 2013.
  • 篠崎和弘:精神科医療の動向と和歌山医大の取り組み、和歌山県医師会医学雑誌 42:33-35,2013.
  • 正山勝:漢方による向精神薬の多剤併用の防止、日本精神科病院協会雑誌 32:264-268, 2013.
  • 鵜飼聡、篠崎和弘:うつ病に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)治療、最新精神医学、18:215-221, 2013.
  • 鵜飼聡:経頭蓋磁気刺激の臨床、研究への応用 統合失調症治療への応用、精神科 22:152-156, 2013.
  • 坂本友香、中川敦夫:薬剤師に必要な精神疾患の基礎知識 第2回 大うつ病性障害、日本病院薬剤師会雑誌 48:1331-1334, 2012.
  • 橋本忠浩、鵜飼聡、高橋隼、奥村匡敏、辻富基美、中敏夫、篠崎和弘:和歌山県立医科大学附属病院救命救急センターを受診した自殺企図者の特徴と過量服薬への介入の提案、総合病院精神医学 24:33-39, 2012.
  • 上山栄子、鵜飼聡、小川朝生、山本雅清、川口俊介、石井良平、篠崎和弘:反復経頭蓋磁気刺激によるラット海馬における神経細胞新生の増加、精神神経学雑誌 114:1018-1022, 2012.
  • 鵜飼聡:精神疾患の病態の検討へのTMSの応用、日本生物学的精神医学会誌 23:143-147, 2012.
  • 鵜飼聡:特集「幻覚・妄想の神経精神医学」6.音楽性幻聴:その発現機序、臨床精神医学 41:739-744, 2012.
  • 鵜飼聡:多様化した現代のうつ病とその診療、和歌山県医師会医学雑誌 41:26-28, 2012.
  • 鵜飼聡:高齢者に対する向精神薬療法の工夫−疼痛、精神科 20:149-155, 2012.

症例報告(和文)

  • 塚賢一、瀧口良重、井上良子、東み幸、橋本安貴子、森井眞治、大石博晃、里神和美、辻富基美、篠崎和弘、赤水尚史:脳波検査で異常波を認めたLeigh脳症の一例、会誌和臨技 42:2-5, 2015.
  • 辻富基美、篠崎和弘:てんかんにパニック障害が合併した 5 症例、精神科 25:369-374, 2014.
  • 正山勝:酸棗仁湯で便秘が改善した1例、漢方と診療 4:121-123, 2013.
  • 正山勝:高用量のaripiprazole、quetiapineが有効であった遅発性パラフレニーの1例、臨床精神薬理 16:1517-1520, 2013.
  • 正山勝:体動制限下での皮膚掻痒症に抑肝散が有効であった1例、漢方と診療 4:37, 2013.
  • 辻富基美、篠崎和弘:てんかん性精神病を長期に罹患した1症例、大阪てんかん研究会雑誌 24:1-6, 2013。
  • 大沢恭子、鵜飼聡、辻富基美、高橋隼、橋本忠浩、山本眞弘、篠崎和弘:重度の躁状態を呈した末期膵臓がんの1症例、精神科、22:457-462, 2013.
  • 正山勝、辻富基美、鵜飼聡、篠崎和弘:Lamotrigineの大量服用後に横紋筋融解症を認めた1例、臨床精神薬理 16:261-265, 2013.
  • 栗山俊之、上山栄子、温井由美、中村真理、石徹白しのぶ、月山淑、西川光一:くも膜下ポート留置により痛みとせん妄が改善し在宅療養可能となった肺がんの1例、Palliative Care Research 2:585-590, 2012.
  • 正山勝、辻富基美、鵜飼聡、篠崎和弘:Mirtazapine投与後に悪夢が生じた1例、精神科治療学 27:401-405, 2012.

国際学会

  • Takahashi S, Ukai S, Kose A, Tsuji T, Shinosaki K: Increased cortical excitability and its relationship with cognitive impairment in schizophrenia. WPA Regional Congress OSAKA Japan 2015, 2015, Osaka
  • Takahashi S, Ukai S, Satogami K, Yamada S, Shinosaki K: Relationship of psychiatric symptom and cognitive function with global functioning in recent onset and chronic schizophrenia. 9th International Conference on Early Psychosis, 2014, Tokyo
  • Yamada S, Ukai S, Takahashi S, Tsuji T, Iwatani J, Tsuda K, Terada M, Shinosaki K: Reduced white matter integrity in anterior corpus callosum and its relationship with cognition in major depressive disorder: a DTI study. 16th World Congress of Pshciatry, 2014, Madrid
  • Sakamoto Y, Takahashi S, Yamamoto M, Minamimura R, Arita N, Yamada S, Ukai S, Shinosaki K: The effect of return-to-work program in Japan. 16th World Congress of Pshciatry, 2014, Madrid
  • Kita A, Yamada S, Ukai S, Takahashi S, Tsuji T, Iwatani J, Terada M, Shinosaki K: Changes of white matter integrity in the corpus callosum by rTMS for treatment-resistant depression: a preliminary DTI tractography study. 22nd European Congress of Psychiatry, 2014, Munich
  • Yamada S, Ukai S, Takahashi S, Tsuji T, Iwatani J, Tsuda K, Kita A, Terada M, Shinosaki K: Reduced WM integrity in anterior corpus callosum and its relationship with clinical symptoms in bipolar disorder. 22th European Congress of Psychiatry, 2014, Munichi
  • Satogami K, Takahashi S, Yamada S, Ukai S, Nishi M, Shinosaki K: Abnormality of lipid metabolism correlates with cognitive impairment in Japanese patients with schizophrenia. 4th Mind-Body Interface International Symposium, 2014, Taichung
  • Takahashi S, Ukai S, Hashimoto T, Shinosaki K: Reduction of frontotemporal hemodynamic response correlates with cognitive impairment in schizophrenia. The 4th Mind-Body Interface International Symposium, 2014, Taichung
  • Takahashi S: GABA/glutamatergic function in the early course of schizophrenia: a paired-pulse TMS study. Taiwanese Society of Biological Psychiatry and Neuropsychopharmacology/Taiwanese College of Neuropsychiatry (TSBPN/TCNP) Annual Congress. 2013, Taipei
  • Yamada S, Ukai S, Takahashi S, Okumura M, Iwatani J, Terada M, Shinosaki K: Relationship between callosal fiber integrity and cognition in schizophrenia and bipolar disorder. 11th World Congress of Biological Psychiatry, 2013, Kyoto
  • Takahashi S, Ukai S, Hashimoto T, Kita A, Shoyama M, Tsuji T, Shinosaki K: Simultaneous rTMS/NIRS for assessment of regional brain connectivity between superior temporal gyrus and frontal lobes. 11th World Congress of Biological Psychiatry, 2013, Kyoto
  • Takahashi S, Ukai S, Kose A, Tsuji T, Shinosaki K: Deterioration of GABAergic function in the early course of schizophrenia. 11th World Congress of Biological Psychiatry, 2013, Kyoto

国内学会

  • 武用百子、岩原昭彦、服部園美、上松右二、志波充、高橋隼、鵜飼聡、篠崎和弘:高齢者の軽度認知機能障害(MCI)およびAmnestic MCI(aMCI)とメタボリックシンドローム指標との関連. 第20回日本精神保健・予防学会学術集会、 2016.11. 東京
  • 里神和美、高橋隼、山田信一、鵜飼聡、篠崎和弘:統合失調症患者における認知機能障害とω-3脂肪酸の関連. 第20回日本精神保健・予防学会学術集会、 2016.11. 東京
  • 山田信一、廣西昌也、小倉光博、北端裕司、高橋隼、篠崎和弘:和歌山県における認知症疾患医療センターの受診行動の変化:受診者の軽症化と認知症の早期診断・早期対応について. 第20回日本精神保健・予防学会学術集会、 2016.11. 東京
  • 坂本友香、高橋隼、山本眞弘、南村涼子、有田奈佑香、山田信一、鵜飼聡、篠崎和弘:和歌山県立医科大学附属病院におけるリワークプログラム前後12ヵ月間の就労期間の比較. 第20回日本精神保健・予防学会学術集会、 2016.11. 東京
  • 津田久美、辻富基美、石田卓也、高橋隼、山田信一、鵜飼聡、篠崎和弘:側頭葉てんかんにおけるTract-Based Spatial Statistics(TBSS)による拡散テンソル画像の検討. 第20回日本精神保健・予防学会学術集会、 2016.11. 東京
  • 辻富基美:てんかんのある方に合併する精神科関連の障害. 日本てんかん協会第43回全国大会和歌山大会、 2016.10. 和歌山
  • 鵜飼聡:統合失調症研究におけるtranslational paradigmとしての脳波とERP. シンポジウム「脳波と臨床応用」、 第46回日本臨床神経生理学会学術大会、 2016.10. 福島
  • 大星裕司、辻富基美、鵜飼聡、糸川秀彰、篠崎和弘:メマンチンの増量により周辺症状が改善したアルツハイマー型認知症. 第84回和歌山医学会総会、 2016.7. 和歌山
  • 山田信一、廣西昌也、小倉光博、長嶝賢一、市ノ瀬修、北端裕司、篠崎和弘:国保日高総合病院と和歌山県立医科大学附属病院における認知症疾患医療センターの現状と課題. 第84回和歌山医学会総会、 2016.7. 和歌山
  • 山田信一、高橋隼、鵜飼聡、篠崎和弘:修正型電気けいれん療法の活動状況〜当院における導入から5年6ヵ月の推移〜. 第84回和歌山医学会総会、 2016.7. 和歌山
  • 坂本友香、高橋隼、山本眞弘、南村涼子、有田奈佑香、山田信一、鵜飼聡、篠崎和弘:和歌山県立医科大学附属病院におけるリワークプログラムの効果と再発予防性の検討. 第84回和歌山医学会総会、 2016.7. 和歌山
  • 山本眞弘:うつ病はこころの風邪は本当か? 第84回和歌山医学会総会、 2016.7. 和歌山
  • 山本眞弘、坂本友香、篠崎和弘:大学病院がリワークを行う意義. 第112回日本精神神経学会学術総会、 2016.6. 東京
  • 高橋隼:耳鳴患者へのrTMSの経験. 第112回日本精神神経学会学術総会、 2016.6. 東京
  • 坂本友香、高橋隼、山本眞弘、南村涼子、有田奈佑香、山田信一、鵜飼聡、篠崎和弘:和歌山県立医科大学附属病院におけるリワークプログラムの効果と再発予防性の検討. 第19回日本精神保健・予防学会学術集会、 2015.12. 仙台
  • 高橋隼、 鵜飼聡、 正山勝、 小瀬朝海、 辻富基美、 篠崎和弘:経頭蓋磁気刺激を応用した神経精神疾患の病態研究. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会、 2015.11. 大阪
  • 津田久美、辻富基美、山田信一、喜多彬、高橋隼、鵜飼聡、寺田正樹、篠崎和弘:側頭葉てんかんにおける脳梁でのTract-Specific Analysisによる拡散テンソル画像の検討. 第49回日本てんかん学会学術集会、 2015.10. 長崎
  • 辻富基美、 津田久美、 山田信一、 喜多彬、 高橋隼、 鵜飼聡、 寺田正樹、 篠崎和弘:側頭葉てんかんにおけるTract-Specific Analysisによる拡散テンソル画像脳梁のFA値と罹病期間の検討. 第17回日本ヒト脳機能マッピング学会、 2015.7. 大阪
  • 上西真也、高橋隼、坂本裕司、正山勝、鵜飼聡、篠崎和弘:短潜時求心性抑制を用いて中枢性コリン系神経伝達機能を評価した意味性認知症の一例. 第18回日本薬物脳波学会学術集会、 2015.6 和歌山
  • 山田信一、高橋隼、石田卓也、鵜飼聡、寺田正樹、篠崎和弘:うつ病と双極性障害における白質微細構造異常と認知機能障害との関係: DTI研究. 第18回日本薬物脳波学会学術集会、 2015.6. 和歌山
  • 喜多彬、辻富基美、鵜飼聡、篠崎和弘:大学病院精神科におけるてんかん患者の検討. 第111回日本精神神経学会学術総会、 2015.6 大阪
  • 前場彩香、橋隼、辻富基美、小瀬朝海、山本眞弘、坂本友香、山田信一、上西真也、喜多彬、鵜飼聡、篠崎和弘:和歌山県立医科大学附属病院における修正型電気けいれん療法施行後の再発に関する検討. 第111回日本精神神経学会学術総会、 2015.6. 大阪
  • 上西真也、辻富基美、高橋隼、山本眞弘、小瀬朝海、中山宜昭、綾木孝、鵜飼聡、篠崎和弘:妄想と見当識障害にて入院した自己免疫性自律神経節障害の一例. 第111回日本精神神経学会学術総会、 2015.6. 大阪
  • 高橋隼、 鬼頭伸輔、 中村元昭、 篠崎和弘:うつ病に対するrTMS治療の意識アンケート調査. 第111回日本精神神経学会学術総会、 2015.6. 大阪
  • 鵜飼聡:rTMS(反復経頭蓋磁気刺激)によるうつ病治療の現況と課題. 第111回日本精神神経学会学術総会、 2015.6. 大阪
  • 山本眞弘:うつ病リワークプログラムをもつ医療機関に所属する職員の復職困難に関する考察. 第21回日本産業ストレス学会、 2014.11. 大阪
  • 辻富基美、 津田久美、 山田信一、 喜多彬、 石田卓也、 高橋隼、 鵜飼聡、 寺田正樹、 篠崎和弘:側頭葉てんかんにおけるてんかん性精神病の拡散テンソル画像の検討. 第48回日本てんかん学会、 2014.10. 東京
  • 高橋隼、 鵜飼聡、 小瀬朝海、 篠崎和弘:統合失調症におけるGABA/グルタミン酸機能の進行性変化と認知機能障害の関連. 第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会合同年会、 2014.9. 奈良
  • 鵜飼聡、 高橋隼:rTMSによるヒトの皮質内GABA、グルタミン酸機能の変化. 第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会合同年会、 2014.9. 奈良
  • 山本眞弘:リワークプログラムを始めたことが大学病院に与えた影響に関する考察. 第21回日本産業精神保健学会、 2014.7. 北九州
  • 高橋隼、 鵜飼聡、 喜多彬、 山田信一、 正山勝、 辻富基美、 篠崎和弘:rTMS/NIRS同時測定による上側頭回-前頭葉の脳部位間結合性の評価. 第17回日本薬物脳波学会、 2014.6. 静岡
  • 辻富基美:てんかん患者の精神症状とQOL. 第18回 日本神経精神医学会、 2013.12 大阪
  • 高橋隼、 鵜飼聡、 橋本忠浩、 辻富基美、 篠崎和弘:和歌山県における電気けいれん療法の適応状況と実施回数. 第26回日本総合病院精神医学会総会、 2013.11. 京都
  • 鵜飼聡:音楽性幻聴. 第32回日本認知症学会学術集会、 2013.11. 松本
  • 鵜飼聡:統合失調症に対する2連発TMSを用いたGABA仮説の検討とrTMSによる治療. 第43回日本臨床神経生理学会学術大会、 2013.11. 高知
  • 西林宏起、 小倉光博、 中尾直之、 辻富基美:術後に過運動症状を示した右補足運動野帯状回皮質形成異常の1例. 第47回日本てんかん学会、 2013.10. 北九州
  • 山田信一、 小瀬朝海、 古屋万里、 片山僚子、 小野善郎:和歌山県立医科大学附属病院における小児成育医療支援室(子どもと親の心とからだの相談室)から精神科への紹介患者の検討. 第54回日本児童青年精神医学会総会、 2013.10. 札幌
  • 山本眞弘:和歌山県における抗うつ薬処方動向の変化 〜2007年と2013の比較〜. 日本精神神経薬理学会、 2013.10. 沖縄
  • 上山敬司、 堂西倫弘、 鵜飼聡、 池田頼彦、 保富宗城、 山中昇、 篠崎和弘、 寺田正樹、 金桶吉起:耳鳴症の音量と苦痛度に関与する脳領域−安静時機能的MRIを用いた解析. 第15回ヒト脳機能マッピング学会、 2013.7. 京都
  • 里神和美、 小瀬朝海、 高橋隼、 坂本友香、 山本眞弘、 奥村匡敏、 辻富基美、 鵜飼聡、 篠崎和弘:統合失調様症状を呈したLeigh脳症の1例. 第109回日本精神神経学会、 2013.5. 福岡
  • 高橋隼、 鵜飼聡、 橋本忠浩、 小瀬朝海、 辻富基美、 奥村匡敏、 山本眞弘、 坂本友香、 上西優介、 奥平和也、 里神和美、 龍神歩美、 西川光一、 篠崎和弘:修正型電気けいれん療法の実施状況 当院における導入から2年6ヶ月の推移. 第109回日本精神神経学会学術総会、 2013.5. 福岡
  • Jun Iwatani, Yuri Nagahara, Takahiro A. Kato, Akiko Kawaguchi, Hironori Kuga, Masuo Tanaka, Hiroshi Fukushima, Muneyuki Suzuki, Takashi Nakamae, Tsuyoshi Akiyama, Tooru Imade, Kazuhiro Shinosaki: Clinical approach to ‘modern type depression’ in Japan and its socio-cultural background. 第109回日本精神神経学会学術総会、 2013.5. 福岡
  • 辻富基美:てんかん患者の自動車の運転について. 第109回日本精神神経学会、 2013.5. 福岡
  • 鵜飼聡:うつ病治療アルゴリズムにおけるrTMS治療の位置づけ. 第109回日本精神神経学会学術総会、 2013.5. 福岡
  • 高橋隼、 鵜飼聡、 小瀬朝海、 辻富基美、 篠崎和弘:発症早期統合失調症におけるGABA性皮質抑制の減弱の進行性変化の横断的検討. 第8回日本統合失調症学会、 2013.4. 浦河
  • 正山勝、 辻富基美、 鵜飼聡、 篠崎和弘:Short latency afferent inhibition (SAI) の簡易測定装置の検討. 第43回日本臨床神経生理学会、 2013.1. 高知
  • 坂本友香、中川敦夫、 篠崎和弘、 大野裕:認知療法におけるセルフモニタリングの重要性. 第12回認知療法学会、 2012.11. 東京
  • 中村真理、 栗山俊之、 上山栄子、 温井由美、 石徹白しのぶ、 月山淑、 天野賀弘:当院での複方オキシコドン注射液の処方調査. 第6回日本緩和医療薬学会年会、 2012.10. 神戸
  • 辻富基美:長期に側頭葉てんかんとてんかん性精神病を罹患した症例 治療上の課題(ポストコングレスサテライトセミナー1精神科でてんかんを診るという事 −長期にわたる症例をどうみるか−). 第46回日本てんかん学会、 2012.10. 東京
  • 篠崎和弘:うつ病の磁気刺激療法の現状について. 第1回日本精神科医学会学術大会、 2012.10. 大阪
  • 吉村悠子、 上山栄子、 早田敦志、 米田宜美、 田中崇博、 池田剛司、 川崎元:子どもを看取る母親の心理変化?代理的意志決定への支援?. 第25回日本サイコオンコロジー学会総会、 2012.9. 福岡
  • 大沢恭子、 辻富基美、 上山栄子、 高橋隼、 橋本忠浩、 岩谷潤、 山本眞弘、 奥村匡敏、 小瀬朝海、 鵜飼聡、 宮澤基樹、 川井学、山上裕機、 篠崎和弘:躁状態のため閉鎖病棟での入院や行動制限を要した膵臓癌の2症例. 第25回日本サイコオンコロジー学会総会、 2012.9. 福岡
  • 高橋隼:統合失調症のGABA-グルタミン酸機能と認知機能障害の関連 : 経頭蓋磁気刺激とプレパルス抑制による検討. 第34回日本生物学的精神医学会、 2012. 9. 神戸
  • 鵜飼聡:rTMSの作用機序−主に神経生理学・生化学的側面から−. 第34回日本生物学的精神医学会、 2012.9. 神戸
  • 正山勝:エキス製剤の投与後に砂状の便を認めた神経性食思不振症、クローン病の一例. 第63回日本東洋医学会、 2012.7. 京都
  • 山田信一、鵜飼聡、高橋隼、奥村匡敏、岩谷潤、大沢恭子、寺田正樹、篠崎和弘:統合失調症と双極性障害における白質神経線維の結合異常と認知機能・精神症状の関連:Diffusion Tensor Imageによる検討. 第14回日本脳機能マッピング学会、 2012.7. 札幌
  • 高橋隼、 鵜飼聡、 橋本忠浩、 喜多彬、 正山勝、 辻富基美、 篠崎和弘:上側頭回-前頭葉の機能的結合性の評価に対するTMS-NIRS 同時測定の応用. 第14回日本脳機能マッピング学会 、2012.7. 札幌
  • 鵜飼聡:精神疾患の磁気刺激治療への脳機能画像の応用. 第14回日本脳機能マッピング学会、 2012.7. 札幌
  • 栗山俊之、 藤井啓介、 上山栄子、 温井由美、 中村真理、 石徹白しのぶ、 濱路祐子、 月山淑:がん患者に対してプレガバリン投与することによって、ふらつき・傾眠がおこる予測因子の解析. 第17回日本緩和医療学会学術大会、 2012.6. 神戸
  • 高橋隼、 鵜飼聡、 奥村匡敏、 橋本忠浩、 岩谷潤、 辻富基美、 篠崎和弘:統合失調症におけるプレパルス抑制の減弱は認知機能障害と関連する. 第7回日本統合失調症学会、 2012.3. 愛知
 

PAGE TOP