一般の方向け

外来の説明

外来診療

うつ病を中心とする気分障害、パニック障害を含む神経症性障害、統合失調症が主で、その他認知症を含む老年期精神障害、器質性・症状性精神障害、てんかん、小児精神疾患の診察を行っている。最近、セカンドオピニオンを求めての受診も多い。

特色:心理検査のほかに、精神疾患においても身体的アプローチに心がけており、必要に応じてMRI, CTや脳波などの臨床検査を積極的に実施。

専門外来

発作外来(てんかん外来):
成人の難治性てんかんを対象とする。

認知症および老年期精神障害:
専門外来として認知症疾患医療センター 設け、老年精神医学の専門医が
診察を行なう。

うつ病の復職支援プログラム:
休職中のうつ病の患者さんで病状が概ね回復された方を対象に、認知行動療法を基礎とした集団での心理教育やリハビリテーションを行います。



専門外来をご希望の方も、まず 一般外来 を受診して下さい。

外来
 

PAGE TOP