研究・業績集

2016年 アニュアルレポート
(スタッフが関わった京都大学の研究を含む)

1.論文発表

【英文】

  1. Mikiko Iguchi-Hashimoto, Motomu Hashimoto, Takao Fujii, Masahide Hamaguchi, Moritoshi Furu, Masahiro Ishikawa, Hiromu Ito, Noriyuki Yamakawa, Chikashi Terao, Keiichi Yamamoto, Wataru Yamamoto, Koichiro Ohmura, and Tsuneyo Mimori. The association between serious infection and disease outcome in patients with rheumatoid arthritis. Clin Rheumatol 2016;35:213-218.
  2. Chikashi Terao, Katsunori Ikari, Shingo Nakayamada, Yusuke Takahashi, Ryo Yamada, Koichiro Ohmura, Motomu Hashimoto, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Takao Fujii, Shinji Yoshida, Kazuyoshi Saito, Atsuo Taniguchi, Shigeki Momohara, Hisashi Yamanaka, Tsuneyo Mimori, and Fumihiko Matsuda. A twin study of rheumatoid arthritis in the Japanese population. Mod Rheumatol 2016;26:685-689.
  3. Takahiro Iwata, Hiromu Ito, Moritoshi Furu, Motomu Hashimoto, Takao Fujii, Masahiro Ishikawa, Masayuki Azukizawa, Yosuke Hamamoto, Tsuneyo Mimori, Haruhiko Akiyama, and Shuichi Matsuda. Systemic effects of surgical intervention on disease activity, daily function, and medication in patients with rheumatoid arthritis. Scand J Rheumatol 2016;45:356-362.
  4. Takahiro Iwata, Hiromu Ito, Moritoshi Furu, Motomu Hashimoto, Takao Fujii, Masahiro Ishikawa, Noriyuki Yamakawa, Chikashi Terao, Masayuki Azukizawa, Yosuke Hamamoto, Tsuneyo Mimori, Haruhiko Akiyama, and Shuichi Matsuda. Periarticular osteoporosis of the forearm correlated with joint destruction and functional impairment in patients with rheumatoid arthritis. Osteoporos Int 2016;27:691-701.
  5. Masahiro Ishikawa, Hiromu Ito, Moritoshi Furu, Motomu Hashimoto, Takao Fujii, Akinori Okahata, Tsuneyo Mimori, and Shuichi Matsuda. Plasma sLOX-1 is a potent biomarker of clinical remission and disease activity in patients with seropositive RA. Mod Rheumatol 2016;26:696-701.
  6. Yoshimasa Fujita, Takao Fujii, Hironori Shimizu, Tomomi Sato, Takuji Nakamura, Haruka Iwao, Akio Nakajima, Miyuki Miki, Tomoyuki Sakai, Takafumi Kawanami, Masao Tanaka, Yasufumi Masaki, Toshihiro Fukushima, Toshiro Okazaki, Hisanori Umehara, and Tsuneyo Mimori. Isolation of vascular smooth muscle antigen-reactive CD4+αβTh1 clones that induce pulmonary vasculitis in MRL/Mp-Fas+/+ mice. Cell Immunol 2016;303:50-54.
  7. Naomi Kitayama, Atsushi Otsuka, Yo Kaku, Yuichiro Endo, Akihiro Fujisawa, Takao Fujii, Tatsuki Kataoka, Masahiro Hirata, Hiroyuki Murota, and Kenji Kabashima. Successful treatment with anti-TNF-alpha antibody for localised lipodystrophy. Eur J Dermatol 2016;26:316-317.
  8. Naonobu Sugiyama, Yutaka Kawahito, Takao Fujii, Tatsuya Atsumi, Tatsunori Murata, Yosuke Morishima, and Yuri Fukuma. Treatment patterns, direct cost of biologics, and direct medical costs for rheumatoid arthritis patients: a real-world analysis of nationwide Japanese claims data. Clin Ther 2016;38:1359-1375.
  9. Sumie Hiramatsu, Koichiro Ohmura, Hideaki Tsuji, Hiroshi Kawabata, Toshiyuki Kitano, Ayuko Sogabe, Motomu Hashimoto, Kosaku Murakami, Yoshitaka Imura, Naoichiro Yukawa, Hajime Yoshifuji, Takao Fujii, Akifumi Takaori-Kondo, and Tsuneyo Mimori. Successful treatment by rituximab in a patient with TAFRO syndrome with cardiomyopathy. Jpn J Clin Immunol 2016;39:64-71.
  10. Naoyasu Ueda, Hiroaki Ida, Masakazu Washio, Hisaaki Miyahara, Shoji Tokunaga, Fumiko Tanaka, Hiroki Takahashi, Koichi Kusuhara, Koichiro Ohmura, Manabu Nakayama, Osamu Ohara, Ryuta Nishikomori, Seiji Minota, Shuji Takei, Takao Fujii, Yoshiaki Ishigatsubo, Hiroshi Tsukamoto, Tomoko Tahira, and Takahiko Horiuchi. Clinical and genetic features of patients with TNFRSF1A variants in Japan: Findings of a nationwide survey. Arthritis Rheumatol 2016;68:2760-2771.
  11. Hideaki Tsuji, Koichiro Ohmura, Ran Nakashima, Motomu Hashimoto, Yoshitaka Imura, Naoichiro Yukawa, Hajime Yoshifuji, Takao Fujii, and Tsuneyo Mimori. Efficacy and safety of grapefruit juice intake accompanying tacrolimus treatment in connective tissue disease patients. Intern Med 2016;55:1547-1552.
  12. Kaori Watanabe-Imai, Masayoshi Harigai, Ken-ei Sada, Masahiro Yamamura, Takao Fujii, Hiroaki Dobashi, Koichi Amano, Satoshi Ito, Sakae Homma, Shunichi Kumagai, Shogo Banno, Yoshihiro Arimura, Hirofumi Makino, and For the Research Committee on Intractable Vasculitides, the Ministry of Health, Labor and Welfare of Japan. Clinical characteristics of and risk factors for serious infection in Japanese patients within six months of remission induction therapy for antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis registered in a nationwide, prospective, inception cohort study. Mod Rheumatol 2016. [Epub ahead of print]
  13. Masahiro Sekiguchi, Takao Fujii, Kiyoshi Matsui, Kosaku Murakami, Satoshi Morita, Koichiro Ohmura, Yutaka Kawahito, Norihiro Nishimoto, Tsuneyo Mimori, Hajime Sano, and the ABROAD Study Investigators. Differences in predictive factors for sustained clinical remission with abatacept between younger and elderly patients with biologic-na?ve rheumatoid arthritis: results from the ABROAD Study. J Rheumatol 2016;43:1974-1983.
  14. Masato Mori, Motomu Hashimoto, Takashi Matsuo, Takao Fujii, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Hiroyuki Yoshitomi, Jun Hirose, Yoshinaga Ito, Shuji Akizuki, Ran Nakashima, Yoshitaka Imura, Naoichiro Yukawa, Hajime Yoshifuji, Koichiro Ohmura, and Tsuneyo Mimori. Cell-contact-dependent activation of CD4+ T cells by adhesion molecules on synovial fibroblasts. Mod Rheumatol 2016. [Epub ahead of print]
  15. Yuki Ishikawa, Takao Fujii, Seiko Kondo Ishikawa, Naoichiro Yukawa, Motomu Hashimoto, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Koichiro Ohmura, and Tsuneyo Mimori. Immunogenicity and lupus-like autoantibody production can be linked to each other along with type I interferon production in patients with rheumatoid arthritis treated with infliximab: A retrospective study of a single center cohort. PLoS One 2016;11:e0162896.
  16. Kenta Maruyama, Takahiko Kawasaki, Masahide Hamaguchi, Motomu Hashimoto, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Takao Fujii, Naoki Takemura, Thangaraj Karuppuchamy, Takeshi Kondo, Takumi Kawasaki, Masahiro Fukasaka, Takuma Misawa, Tatsuya Saitoh, Yutaka Suzuki, Mika?l M. Martino, Yutaro Kumagai, and Shizuo Akira. Bone-protective functions of netrin 1 protein. J Biol Chem 2016;291:23854-23868.
  17. Fumio Hirano, Waka Yokoyama, Hayato Yamazaki, Koichi Amano, Atsushi Kawakami, Taichi Hayashi, Naoto Tamura, Shinsuke Yasuda, Hiroaki Dobashi, Takao Fujii, Satoshi Ito, Yuko Kaneko, Toshihiro Matsui, Yasuaki Okuda, Kazuyoshi Saito, Fumihito Suzuki, Ryusuke Yoshimi, Ryoko Sakai, Ryuji Koike, Hitoshi Kohsaka, Nobuyuki Miyasaka, Masayoshi Harigai, and the T2T Epidemiological Study Group. Achieving simplified disease activity index remission in patients with active rheumatoid arthritis is associated with subsequent good functional and structural outcomes in a real-world clinical setting under a treat-to-target strategy. Mod Rheumatol 2016. [Epub ahead of print]
  18. Tsuneyo Mimori, Masayoshi Harigai, Tatsuya Atsumi, Takao Fujii, Masataka Kuwana, Hiroaki Matsuno, Shigeki Momohara, Syuji Takei, Naoto Tamura, Yoshinari Takasaki, Satoshi Ikeuchi, Satoru Kushimoto, and Takao Koike. Safety and effectiveness of 24-week treatment with iguratimod, a new oral disease-modifying antirheumatic drug, for patients with rheumatoid arthritis: interim analysis of a post-marketing surveillance study of 2679 patients in Japan. Mod Rheumatol 2016. [Epub ahead of print]
  19. Ai Yaku, Motomu Hashimoto, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Noriyuki Yamakawa, Wataru Yamamoto, Takao Fujii, Fumihiko Matsuda, Tsuneyo Mimori, and Chikashi Terao. Relationship between handedness and joint involvement in rheumatoid arthritis. Sci Rep 2016;6:39180.
  20. Koji Kitagori, Hajime Yoshifuji, Takuma Oku, Chiyomi Sasaki, Hitomi Miyata, Keita P. Mori, Toshiki Nakajima, Koichiro Ohmura, Daisuke Kawabata, Naoichiro Yukawa, Yoshitaka Imura, Kosaku Murakami, Ran Nakashima, Takashi Usui, Takao Fujii, Kaoru Sakai, Motoko Yanagita, Yoshitaka Hirayama, and Tsuneyo Mimori. Cleaved form of osteopontin in urine as a clinical marker of lupus nephritis. PLoS One 2016;11:e0167141.
  21. Yoshitaka Imura, Naoichiro Yukawa, Tomohiro Handa, Ran Nakashima, Kosaku Murakami, Hajime Yoshifuji, Koichiro Ohmura, Haruyuki Ishii, Koh Nakata, and Tsuneyo Mimori. Two cases of autoimmune and secondary pulmonary alveolar proteinosis during immunosuppressive therapy in dermatomyositis with interstitial lung disease. Mod Rheumatol 2016. [Epub ahead of print]
  22. Noriyuki Yamakawa, Kengo Oe, Naoichiro Yukawa, Kosaku Murakami, Ran Nakashima, Yoshitaka Imura, Hajime Yoshifuji, Koichiro Ohmura, Yasuo Miura, Naohisa Tomosugi, Hiroshi Kawabata, Akifumi Takaori-Kondo, and Tsuneyo Mimori. A novel phenotype of a hereditary hemochromatosis type 4 with ferroportin-1 mutation, presenting with juvenile cataracts. Intern Med 2016;55:2697-2701.
  23. Noritada Yoshikawa, Noriaki Shimizu, Masaaki Uehara, Aya Oda, Ryo Matsumiya, Erika Matsubara, Hiroshi Kobayashi, Osamu Hosono, Akiko Kuribara-Souta, Hiroyuki Baba, Fumitaka Nagamura, Shigeru Kiryu, and Hirotoshi Tanaka. The effects of bolus supplementation of branched-chain amino acids on skeletal muscle mass, strength, and function in patients with rheumatic disorders during glucocorticoid treatment. Mod Rheumatol 2016. [Epub ahead of print]

2.学会発表

【国際学会】

<一般演題>

  1. Ai Yaku, Chikashi Terao, Motomu Hashimoto, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Noriyuki Yamakawa, Wataru Yamamoto, Takao Fujii, and Tsuneyo Mimori: The influence of handedness to the laterality of clinical and radiological articular involvement in rheumatoid arthritis. The Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2016), London, United Kingdom, 2016.
  2. Hideaki Tsuji, Chikashi Terao, Koichiro Yano, Katsunori Ikari, Motomu Hashimoto, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Takao Fujii, Wataru Yamamoto, Noriyuki Yamakawa, Koichiro Ohmura, Atsuo Taniguchi, Shigeki Momohara, Hisashi Yamanaka, Fumihiko Matsuda, and Tsuneyo Mimori: Integration of time-averaged DAS28 fits better joint destruction in rheumatoid arthritis than one-time DAS28 and identifies a significant joint-destructive association of HLA-DRB1*04:05 which is independent of ACPA and DAS28. The Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2016), London, United Kingdom, 2016.
  3. Yuji Hosono, Motomu Hashimoto, Minoru Fujimoto, Satoshi Serada, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Chikashi Terao, Wataru Yamamoto, Takao Fujii, Tsuneyo Mimori, and Tetsuji Naka: Leucine-rich alpha2-glycoprotein is a useful biomarker to evaluate the clinical disease activities of rheumatoid arthritis under treatments. The Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2016), London, United Kingdom, 2016.
  4. Nobuo Kuramoto, Chikashi Terao, Koichiro Ohmura, Katsunori Ikari, Moritoshi Furu, Noriyuki Yamakawa, Koichiro Yano, Motomu Hashimoto, Hiromu Ito, Takao Fujii, Kosaku Murakami, Ran Sasai, Yoshitaka Imura, Hajime Yoshihuji, Naoichiro Yukawa, Atsuo Taniguchi, Shigeki Momohara, Hisashi Yamanaka, Fumihiko Matsuda, and Tsuneyo Mimori: Centromere pattern exhibits a specific distribution of titers among anti-nuclear antibodies (ANAS) and characterizes a distinct subset in rheumatoid arthritis. The Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2016), London, United Kingdom, 2016.
  5. Shuichiro Nakabo, Yuko Tsuji, Maiko Inagaki, Hideaki Tsuji, Toshiki Nakajima, Motomu Hashimoto, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Takao Fujii, Chikashi Terao, Wataru Yamamoto, Yasutomo Fujii, and Tsuneyo Mimori: A certain portion of active established rheumatoid arthritis patients with significant joint destruction are misclassified as being in boolean remission: A cross-sectional study using ultrasound sonography. The Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2016), London, United Kingdom, 2016.

【国内学会】

<教育講演>

  1. 藤井隆夫.膠原病における自己抗体検査の有用性.第54回日本内科学会近畿支部生涯教育講演会 大阪,2016年7月.

<シンポジウム>

  1. 藤井隆夫、野澤和久、髙崎芳成、難治性血管炎に関する調査研究班 横断協力分科会.ANCA関連血管炎の診療ガイドラインに関する横断的アンケート調査.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.

<セミナー>

  1. 藤井隆夫.膠原病診療における自己抗体測定の臨床的意義と活用法.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  2. 藤井隆夫.Treating rheumatoid arthritis to the target- 関節リウマチの治療戦略をここまで変えたものは何か -.第34回日本骨代謝学会学術集会 大阪,2016年7月.
  3. 藤井隆夫.Clinical importance of IL-6 pathway inhibition in the treatment for patients with rheumatoid arthritis. 第45回日本免疫学会学術集会 沖縄,2016年12月

<ワークショップ>

  1. 村上孝作、關口昌弘、藤井隆夫、北野將康、松井聖、三木健司、横田章、橋本英雄、山本相浩、前田恵治、藤本隆、新名直樹、日高利彦、黒岩孝則、大村浩一郎、吉井一郎、川人豊、西本憲弘、三森経世、佐野統.生物学的製剤未治療関節リウマチ患者に対するアバタセプトの関節破壊抑制効果(ABROAD試験)-120例を対象とした初回投与時の予測因子について.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  2. 関口昌弘、藤井隆夫、村上孝作、北野将康、松井聖、橋本英雄、横田章、三木健司、山本相浩、藤本隆、日高利彦、新名直樹、前田恵治、黒岩孝則、吉井一郎、大村浩一郎、川人豊、西本憲弘、三森経世、佐野統.バイオナイーブ関節リウマチ患者に対するアバタセプトの年齢別有効性予測因子の検討(ABROAD試験).第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  3. 布留守敏、中坊周一郎、辻英輝、中島俊樹、橋本求、伊藤宣、藤井隆夫、田中真生、寺尾知可史、山本渉、藤井康友、三森経世、松田秀一.関節リウマチ患者の中足部後足部超音波による残存滑膜炎の存在.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  4. 中石真由美、中川俊作、橋本求、布留守敏、伊藤宣、藤井隆夫、田中真生、山本渉、三森経世.関節リウマチ患者の服用アドヒアランスと関連する因子 -KURAMAコホートを用いた検討-.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  5. 布留守敏、鳥井美江、橋本求、伊藤宣、藤井隆夫、田中真生、寺尾知可史、山本渉、宇多雅、任和子、荒井秀典、三森経世、松田秀一.関節リウマチ患者の加速度センサーによる歩行解析.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  6. 中島俊樹、吉藤元、井村嘉孝、中嶋蘭、村上孝作、湯川尚一郎、大村浩一郎、三森経世.膠原病における皮膚潰瘍に対する肺血管拡張薬の有効性の検討.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  7. 門場啓一郎、村上孝作、中嶋蘭、湯川尚一郎、井村嘉孝、吉藤元、大村浩一郎、三森経世.強皮症における抗U3-RNP抗体の臨床的意義の検討.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  8. 前島悦子、古川加奈子、南良暢、藤井隆夫、山内康平.悪性腫瘍合併関節リウマチに関する検討.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  9. 吉田亜希子、村上孝作、松尾崇史、橋本求、田中真生、藤井隆夫、布留守敏、伊藤宣、山本渉、中嶋蘭、井村嘉孝、湯川尚一郎、吉藤元、大村浩一郎、三森経世.間質性肺炎合併の有無による関節リウマチの2年間の臨床的経過の検討.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  10. 石郷岡望、近藤聖子、藤井隆夫、村上孝作、橋本求、田中真生、井村嘉孝、湯川尚一郎、吉藤元、大村浩一郎、三森経世.Neuropsychiatric SLE における血液脳関門の透過性と脳脊髄液中の炎症性メディエーターとの関係.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  11. 渥美達也、桑名正隆、武井修治、田村直人、針谷正祥、藤井隆夫、松野博明、桃原茂樹、山本一彦、遠藤穣、小久保毅、杉山直伸、廣瀬智弘、森嶋洋輔、吉井規敏、三森経世.日本人RA患者を対象としたトファシチニブ市販後調査における安全性・有効性の中間解析結果.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  12. 村上功、塩見葵、村上孝作、臼井崇、鳥井美江、寺尾知可史、山本渉、布留守敏、橋本求、中嶋蘭、井村嘉孝、湯川尚一郎、吉藤元、伊藤宣、田中真生、大村浩一郎、藤井隆夫、三森経世.関節リウマチ患者における食習慣とその臨床的意義.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.

<一般演題>

  1. 近藤聖子、藤井隆夫、石郷岡望、橋本求、井村嘉孝、湯川尚一郎、吉藤元、大村浩一郎、三森経世.精神神経ループスにおける脳脊髄液中の自己抗体とサイトカインとの相関.第113回日本内科学会総会・講演会 東京,2016年4月.
  2. 正本和誉、伊藤宣、布留守敏、谷田司明、橋本求、藤井隆夫、松田秀一.関節リウマチ患者における脊椎矢状面アライメントとQOLの関係.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  3. 向山宇希、細野祐司、村上孝作、中嶋蘭、井村嘉孝、湯川尚一郎、吉藤元、大村浩一郎、三森経世.FDG-PETが診断に有用であった大血管炎の一例.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  4. 中坊周一郎、辻英輝、中島俊樹、橋本求、布留守敏、伊藤宣、田中真生、藤井隆夫、寺尾知可史、山本渉、藤井康友、三森経世.進行期関節リウマチでは患者全般評価以外の指標がBoolean寛解基準を満たしても、関節エコーで多くの活動性滑膜炎が認められる -KURAMAコホートからの検討.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  5. 森本麻衣、藤井隆夫、松井聖、佐野統.抗PM-Scl抗体陽性の多発性筋炎の一例.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会 横浜,2016年4月.
  6. 中村美紗生、湯川尚一郎、戸川彰久、田端佳世子、松宮遼、田中克典、藤井隆夫.ステロイド治療が有効であったMPO-ANCA 陽性中耳炎の一例.第26回日本リウマチ学会近畿支部学術集会 大阪,2016年9月.
  7. 松尾崇史、橋本求、疋田正喜、坂井薫、横井秀基、伊藤能永、森将人、藤井隆夫、坂口志文、三森経世.TCR signal の異常とループス.第44回日本臨床免疫学会総会 東京,2016年9月.

3.公的な場での講演

【友の会・難病支援センター 講演会・交流会】

  1. 藤井隆夫:膠原病における最新の話題と日常生活の注意点 和歌山県難病・子ども保健相談支援センター 膠原病医療講演会・相談会 2016年1月16日 和歌山.
  2. 藤井隆夫:最新のリウマチ医療について 和歌山県立医科大学 生涯研修センター 第1回最新の医療カンファランス 2016年5月12日 和歌山.
  3. 湯川尚一郎:全身性エリテマトーデスについて 全国膠原病友の会大阪支部 医療講演会・相談会 2016年6月12日 大阪.
  4. 藤井隆夫:和歌山におけるリウマチ・膠原病診療の拠点を目指して 公益社団法人日本リウマチ友の会和歌山支部 医療講演会 2016年6月26日 和歌山.
  5. 湯川尚一郎(助言者として参加):和歌山県難病・子ども保健相談支援センター 和歌山に膠原病友の会をつくりましょう!(第4回設立準備会) 2016年9月10日 和歌山.
  6. 藤井隆夫:膠原病の理解と日常生活で気をつけること 橋本保健所 膠原病講演会・交流会 2016年9月30日 和歌山.
  7. 湯川尚一郎:膠原病の病態と治療 和歌山県難病・子ども保健相談支援センター 膠原病医療講演会・相談会 2016年10月22日 和歌山.
  8. 藤井隆夫:膠原病の理解と日常生活の注意点 湯浅保健所 平成28年度難病医療相談 2016年12月13日 和歌山.

【医師会、日本リウマチ財団など 講演会】

  1. 藤井隆夫:関節リウマチ診療における最近の話題 和歌山市医師会内科部会、アッヴィ合同会社、エーザイ株式会社 第499回和歌山市医師会内科部会例会 2016年1月21日 和歌山
  2. 藤井隆夫:関節リウマチ治療におけるトファシチニブの有用性について 堺臨床整形外科医会、ファイザー株式会社、武田薬品工業株式会社 第11回堺市リウマチ病診連携の会 2016年2月13日 大阪.
  3. 藤井隆夫:膠原病における自己抗体の病原性について 香川膠原病研究会、香川県医師会、田辺三菱製薬株式会社 第29回香川膠原病研究会 2016年3月19日 香川.
  4. 藤井隆夫:RA治療における最近の話題 新宮市医師会、和歌山県病院薬剤師会、新宮薬剤師会、中外製薬株式会社 南紀 RA Meeting 2016年5月14日 和歌山.
  5. 藤井隆夫:膠原病診療における最近の話題 和歌山県医師会内科医会、キッセイ薬品工業株式会社 和歌山県医師会内科医会学術講演会 2016年6月18日 和歌山.
  6. 藤井隆夫:関節リウマチと自己抗体について 旭川医科大学医師会、旭川市医師会、旭川リウマチ研究会、小野薬品工業株式会社、ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社 旭川リウマチ研究会 2016年6月24日 旭川.
  7. 藤井隆夫:膠原病における最近の話題~自己抗体を中心に~ 和歌山県皮膚科医会、和歌山市医師会皮膚科部会、田辺三菱製薬株式会社 第49回和歌山県皮膚科医会学術講演会 2016年6月25日 和歌山.
  8. 湯川尚一郎:関節リウマチ診療に生物学的製剤がもたらしたもの 和歌山医学会 第84回和歌山医学会総会 市民公開講演会 2016年7月3日 和歌山.
  9. 藤井隆夫:関節リウマチにおける最新の診断法と治療 和歌山県医師会内科医会、アステラス製薬株式会社、ユーシービージャパン株式会社 第262回和歌山県医師会内科医会学術講演会 2016年7月14日 和歌山.
  10. 藤井隆夫:関節リウマチにおけるT細胞抗体産生の臨床的意義について 横須賀市医師会、ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社、小野薬品工業株式会社 第6回横須賀リウマチフォーラム 2016年11月2日 横須賀.
  11. 藤井隆夫:関節リウマチの診断法と治療戦略の進歩 公益財団法人日本リウマチ財団、ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社、小野薬品工業株式会社 平成28年度近畿地区リウマチの治療とケア研修会 2016年11月23日 神戸.
  12. 藤井隆夫:関節リウマチにおける最新の診療ガイドラインについて 和歌山県医師会内科医会、中外製薬株式会社 和歌山県医師会内科医会学術講演会 2016年11月26日 和歌山.

4.依頼原稿

  1. 藤井隆夫.関節リウマチと自己抗体.自己抗体の病因的意義.炎症と免疫 2016;24:42-46.
  2. 藤井隆夫.自己抗体産生機序の新展開.抗SmおよびU1RNP抗体-抗DNA抗体とはどう違うか.医学のあゆみ 2016;256:1199-1203.
  3. 蔵本伸生、藤井隆夫.《症例から学ぶ》内科疾患の診断・治療ピットフォール.膠原病・リウマチ・アレルギー.2.全身性エリテマトーデス.内科 2016;117:883-886.
  4. 藤井隆夫、近藤聖子、石郷岡望.中枢神経ループスにおける自己抗体の直接的・間接的な病因的役割について.臨床免疫・アレルギー科 2016;65:358-362.
  5. 藤井隆夫.膠原病における自己抗体の臨床的・病因的意義について.和歌山医学 2016;67:50-55.
  6. 藤井隆夫.慢性炎症の病態:ANCA関連血管炎.別冊 BIO Clinica 慢性炎症と疾患 膠原病と慢性炎症 2016;12:64-69.
  7. 藤井隆夫.全身性エリテマトーデスの中枢神経障害と自己抗体.臨床リウマチ 2016;28:243-250.
  8. 湯川尚一郎、三森経世.オーダーメイド治療時代の新薬の位置づけと使い方.各種疾患の新しい治療薬.抗リウマチ薬-生物学的製剤.臨牀と研究 2016;93:337-342.
  9. 湯川尚一郎.膠原病に伴う間質性肺炎.強皮症と間質性肺炎.リウマチ科 2016;55:377-383.
  10. 湯川尚一郎.リウマチ性疾患に使用する免疫抑制薬の使い方.メトトレキサート.リウマチ科 2016;56:231-237.
  11. 湯川尚一郎.Journal Club.分子リウマチ治療 2016;9:213.

5.著書

  1. 藤井隆夫.血管炎.血管炎-総論.公益財団法人 日本リウマチ財団 教育研修委員会、一般社団法人 日本リウマチ学会 生涯教育委員会 編.リウマチ病学テキスト 改訂第2版. pp.234-241,2016.診断と治療社,東京.
  2. 藤井隆夫.症候・検査所見から診断に迫る.膠原病・リウマチの症候.1.全身症状(発熱を中心に).上阪 等、渥美 達也、亀田 秀人、中島 裕史、藤本 学、山口 正雄 編.膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート. pp.182-184,2016.診断と治療社,東京.
  3. 藤井隆夫.伊藤宣 監修.シリーズ・骨の話⑤ 膠原病. 2016.ミネルヴァ書房,京都.

6.ガイドライン

  1. 鈴木康夫、亀田秀人、神戸克明、佐川昭、冨田哲也、中島亜矢子、針谷正祥、藤井隆夫.日本リウマチ学会MTX診療ガイドライン策定小委員会 編.関節リウマチ治療におけるメトトレキサート(MTX)診療ガイドライン2016年改訂版. 2016. 羊土社, 東京.

7.競争的資金獲得状況

  1. 藤井隆夫:文部科学省 科学研究費(研究代表者) 中枢神経ループス患者髄液中のサイトカインを規定する因子に関する研究
    (基盤研究C、平成28年度~30年度)
  2. 藤井隆夫:厚生労働科学研究費補助金(分担研究者) 難治性血管炎に関する調査研究班
    (主任研究者:有村 義宏、平成26年度~31年度)

トップへ

kenkyu