募集ついて

当科ではリウマチ・膠原病に興味のある医師を募集しています。

学生・初期研修医
 和歌山県立医科大学の初期研修カリキュラムでは1~3ヶ月ずつ希望した科の研修を受けることができ、当科では月あたり3名までの初期研修医がローテートしています。

 研修医・中間指導医・上級指導医の3人体制で、主に入院患者への診療を通してリウマチ・膠原病に関する診断・治療の考え方、各種の手技、ステロイドや免疫抑制薬を用いた治療に伴う様々な副作用や、感染症を初めとした合併症などの諸問題への対応を学ぶことができます。

 当科で扱う疾患群は多臓器を広く障害すると同時に専門性が深く、当科で学ぶことは将来的にリウマチ・膠原病を専門にする予定の先生は勿論のこと、他分野に進む場合にも有用な知識となり得るものです。

また、希望があれば研修中に経験した症例について学会で発表する機会なども積極的に設けます。
後期研修医・その他の医師
 2年間の初期研修を終えた医師を対象に、内科の新専門医制度にのっとった上でリウマチ・膠原病の専門医を目指して診療・研究を行うことができます。当科では当院内部に限らず、外部からも常時人材を募集しています。

 上級指導医からの指導を受けつつ研修医の指導を行う中間指導医として、外来・病棟の診療を通してリウマチ・膠原病に対するより専門的な知識を学ぶことができます。また、機会があれば研究や学会での発表なども積極的に行って頂きます。

希望があれば国内外の他施設への留学なども可能です。



応募・見学の手続きは、下記までご連絡ください。

リウマチ・膠原病科学講座(平日9時~17時)
TEL:073-441-0875

トップへ

bosyu