本文へスキップ

新生児搬送Transport

新生児専用救急車

紹介状として「和歌山県立医大NICU入院依頼用紙」(PDFファイル)にご記入のうえお渡しいただければ幸いです。搬送に間に合わなければ後でFAX(073-441-0847:NICU直通)でも結構です。

いつでも電話をください

和歌山県立医科大学周産期部は、2005年12月1日より総合周産期母子医療センターに指定されました。それに伴い、県の新生児専用救急車が当院に配置されましたが、現状では、専属の運転手を確保することが困難になりました。
平日日勤帯で、和歌山民間救急サービスのスタッフがいる場合は、新生児専用救急車で出動できますが、それ以外の場合は、和歌山市の消防救急車で出向き、市外の場合は、帰りは地域の消防救急車にお願いする形となっています。ご了承ください。

和歌山県立医科大学周産期部・NICU部門:073-447-2300(代表)
(病棟担当:熊谷 健、上田美奈、杉本卓也)

新生児専用救急車にて可及的速やかに依頼先に向かいます。(救急車運転手の確保や病棟の状況によっては少しだけお時間を戴くこともありますことをご了承ください。)

ドクターヘリ

※関係病院の先生方へ:ドクターヘリ搬送の手順は、こちらです。

地元消防隊の御協力があって初めてヘリコプター搬送が成立します。今後ともどうぞよろしく御願いします。

【搭乗者】
・運航スタッフ(操縦士、整備士)
・医療スタッフ
 救急部の医師と看護師
 母体搬送の場合は産科医師
 新生児搬送の場合は新生児科医師

【運航条件】
・午前9時から午後5時(夏期は午後6時)まで
・土曜日・日曜日・祝日も運航
・悪天候で視界不良の場合は運航不能

ドクターヘリによる周産期搬送システムを全国で初めて確立し、2003年6月より実際の搬送を開始しています。
田辺市まで(50km)15分 串本町、新宮市まで(100km)30分で到着します。三重県熊野市など県境を越えて周産期医療をバックアップします。

和歌山県立医科大学

総合周産期母子医療センター

NICU和歌山県立医科大学 総合周産期母子医療センター

〒641-8509
和歌山市紀三井寺811-1
TEL 073-447-2300(代表)