和医大血液浄化センターロゴ 和医大 和歌山県立医科大学腎臓内科

和歌山医大 | お問い合わせ

医局の紹介
サブメニュー

スタッフリスト

医局の紹介

重松 隆
重松 隆  
卒業年・大学名 : 1981年 久留米大学医学部
1986年 東京慈恵会医科大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程終了(副甲状腺ホル モンのビタミンD代謝制御機構の研究)
大学での外来曜日: 水曜日 1診
アピールポイント:
  • 腎疾患のみの診療ではなく、人として全人的に診療する事を心がけている。高木兼寛氏の『病気を診ずして、病人を診よ』を座右の銘とする。
  • 腎臓内科医として、たんぱく尿や血尿から、末期腎不全・透析療法・透析合併症から腎移植まで、全ての段階を幅広く診療を行う事を個人のみならず組織の目標としている。
  • 腎臓内科のみならず総合診療を目指す一環から、腎臓と関係の深い高血圧・心不全診療と膠原病・関節リウマチおよび感染症診療の診療も行い幅を広げている。
専門医・認定資格: 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会認定専門医・指導医
日本透析医学会認定専門医・指導医
日本医師会認定産業医
興味がある研究領域
(研究テーマ):
  • 卒業後一貫して腎臓と骨の関係に興味がある。
  • その中でも、骨と関係が深いミネラルのリン・カルシウム・マグネシウム代謝やビタミンDを中心に研究している。
  • 最近では、血管石灰化を中心とする血管障害と老化に関係する因子であるFGF23やKlothoなども興味をもっている。
  • 臨床的には、急性腎不全(ARF)から急性腎障害(AKI)に展開した病態に関心を寄せている。
趣味など: 山登り、サボテン栽培、博物館、ミステリー読書