透析導入期腎不全

 透析が必要な腎不全に対しては、血液透析、腹膜透析両者への対応を患者様と相談して提案します。その上で、適切な時期に透析導入に向けての準備(シャント設置術、腹膜カテーテル留置術など)を行い、スムーズで安全な透析導入管理を目指します。また緊急に透析などの血液浄化療法が必要になった場合もそれに対応します。