現在表示しているページ
ホーム > 教育制度 > 新人教育
ここから本文です

新人教育

  • 入職から1年間、新人看護職員臨床研修を行います。
  • 看護技術は集合研修と各部署でのOJTを行います。
  • 年間を通して、各部署で必要な知識や技術習得のための学習会を実施しています。

また、スキルスラボ内のシミュレーターを用いて採血や吸引、輸液管理などの演習を行い、技術習得を支援しています。

研修のねらい

  • 専門職としての基礎的知識・技術・態度を学ぶ
  • 部署の方針に基づいて安全な看護の実践をめざす

年間スケジュール

4月

  • 新規採用職員研修
  • 新規採用看護職員宿泊研修
  • AHA-BLSヘルスプロバイダーコース
  • 看護技術(安全管理、感染管理、フィジカルアセスメント(基本)、静脈血採血、輸液ポンプ操作ほか)
  • 看護記録
  • PNS体制
  • メンタルヘルスⅠ
研修の様子

5月

  • 看護技術(褥瘡予防、静脈注射、インスリン製剤取扱い、経管栄養法)
  • 夜勤研修開始
    独り立ちまでの見習い期間を含め、個人に合わせて夜勤を開始していく
  • メンタルヘルスⅡ
  • 看護倫理
  • 看護記録(フォーカスチャーティング①)
研修の様子

6月

  • フォローアップⅠ(メンバーシップ)
  • 看護技術研修(輸血、血液製剤の取り扱い)
  • 看護記録(フォーカスチャーティング②)
研修の様子
研修の様子

7月

  • フィジカルアセスメントⅠ-①
  • メンタルヘルスⅢ
  • メンバーシップⅠ研修

9月

  • ローテーション研修(4日×2クール)
    目標:他部署で実践している看護を経験し、基本的な看護実践能力の幅を広げる
  • フィジカルアセスメントⅠ-②

12月

  • フォローアップⅡ(社会人基礎力)

2月

  • フォローアップⅢ(1年間のふりかえり)

3月

  • 修了式
研修の様子

新人看護職員への支援体制

当院ではチューター制を導入しています。入職からの1年間、チューターを中心に、サポーター、技術指導者、看護師長、副看護師長と部署全体で新人看護職員を支援します。

  • チューターは、各新人看護職員の決まった相談相手となり、仕事の仕方や学習方法、悩み事など精神面や生活など広範囲にわたり相談や支援を行います。
  • 2・3年目の看護職員をサポーターとして複数人配置し、より身近に気軽に相談できる相手としてフォローを行います。
  • 看護技術についても支援や相談ができるよう、技術指導者も複数人配置しています。

その他のサポート体制

  • 自己学習を支援する目的として、スキルスラボにて時間外に技術習得支援を実施しています。
  • 教育担当者による面談を行い、仕事の不安等に対しケアを行っています。
  • メンタルヘルスケアチームを中心に、集合研修やこころの健康調査、および個人面談を実施し、新人看護職員のメンタルヘルスケアを行っています。