現在表示しているページ
ホーム > 教育制度 > その他支援体制
ここから本文です

その他支援体制

技術習得支援

スキルスラボのシミュレーターを使用して、技術の習得を支援しています。

実施内容(平成26年度)

  • 輸液ポンプ・シリンジポンプ
  • 輸液管理(微量セットによる滴数合わせ・ルート確認・三方活栓)
  • 採血
  • 筋肉注射
  • 皮内注射
  • ピギーパック法・側管法
  • 吸引手技(口腔・鼻腔・気管口)
  • バルーン挿入・導尿
  • 摘便・浣腸
  • 経管栄養
実施内容 実施内容 実施内容

e-ラーニング

学研メディカルサポートのe-ラーニングを導入し、自己学習を支援しています。

平成26年度テーマ例

基礎習得コース

  • 多重課題・時間切迫時の対応を考える
  • 糖尿病の基礎知識と血糖測定・インスリン注射 ほか

中堅コース

  • 中枢神経系のフィジカルアセスメント
  • 急変時の初期対応と院内救急システムの稼動 ほか

管理職・チーム医療コース

  • 看護必要度と診療報酬
  • 中堅看護師のモチベーションアップ-上司からの「承認」の効果 ほか

上記3コースに加え、「医療安全コース」「院内感染対策コース」「看護研究コース」 「看護補助員研修コース」受講が可能です

復帰支援

当院の育児休業中の看護職員で、職場復帰に不安のある方を対象に復帰支援の研修を行っています。

プログラム構成(項目)

1.看護技術の実際(講義・演習)

  • 静脈血採血
  • 静脈注射の準備
  • 翼状針の穿刺と固定
  • 皮下注射(インスリン)
  • 血糖測定
  • 輸液ポンプ、シリンジポンプ

2.電子カルテの使用方法

※看護技術については、希望技術の選択となっております。